キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?

この記事の所要時間: 257




赤壁の戦い

 

劉備(りゅうび)孫権(そんけん)が正式に同盟を結んだのは、

かの有名な「赤壁の戦い」のときになります。

単独で曹操(そうそう)に対することが難しいと感じた孫権劉備と手を結んだのです。

外交交渉の場に立ったのが劉備側では諸葛亮孔明

孫権側では魯粛(ろしゅく)となります。

孫権劉備連合軍は見事に赤壁の戦いで曹操軍を破り、曹操を敗走させます。

同盟は成功しただけでなく、大きな成果ももたらしたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




同盟の継続

劉備と孫権同盟

 

敗走したとはいえ、曹操の勢力は孫権や劉備を圧倒するものでした。

そのため孫権は劉備との同盟を継続することになります。

孫権旗下で最も力を有していた周瑜は曹操が去った荊州を手に入れようと死闘を繰り広げます。

周瑜は荊州の江陵をめぐって曹仁と戦います。

その間、劉備は荊州の南部の都市を次々に攻略し、領地を手にするのです。




周瑜の描いた天下二分の計

周瑜

 

周瑜は曹操の勢力に互角に対峙するためには領地の拡大が必要だと感じていました。

その矛先は隣国の荊州と長江の上流に位置する益州に向けられていました。

孫権の勢力に荊州と益州を加えることで曹操と単独で戦える力を得ることができると考えたのです。

しかし江陵を奪った周瑜は次は益州を取ろうと長江をさかのぼりましたが、その最中に病死します。

益州を制したのは周瑜ではなく、その後の隙を突いた劉備でした。

 

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

 

荊州を手に入れたい孫権

孫権 劉備 対立

 

益州という領地を手に入れた劉備に対して、孫権は荊州を返還するように迫ります。

赤壁の戦いの勝利はそのほとんどが孫権軍の成果であり、

荊州を支配する権利は孫権が有していると考えていました。

劉備が益州を手にしたら荊州南部を速やかに孫権に返還する旨の約定もかわしていたと云われています。

荊州南部はあくまでも劉備に一時的に貸し与えているというのが孫権側の認識だったのです。

 

関羽の武威

顔良と関羽

 

ですが荊州南部の司令官である関羽は孫権に対し、南郡や武陵を返還しようとはしませんでした。

力で手にしたものは力をもって奪えと云わんばかりに敵愾心むき出しで孫権に対します。

武名轟く関羽を恐れて孫権もなかなか手が出せず、あの手この手で懐柔しようと試みます。

しかし関羽は頑なに返還を拒み続けます。

益州にいる劉備も今度は涼州を手にしたら荊州を返還すると云い出す始末です。

 

関羽の樊城攻め

関羽 男だち

 

関羽はそんな孫権を歯牙にもかけず、荊州北部の曹操勢力である樊城や襄陽を攻めます。

その勢いは凄まじく、援軍として樊城に向った于禁は捕らえられ、龐徳は討たれました。

曹操の領土からも裏切者が相次ぎ、曹操は許都の遷都も検討したと云われています。

ここで曹操が打った一手が実に効果的なもので、

それが背後にいる孫権に関羽を襲わせるというものでした。

 

荊州を奪還するチャンス

陸遜 関羽

 

劉備はこのとき益州はおろかその北部の漢中も手に入れていました。

そのうえ荊州北部まで抑えられてしまったら孫権は勢力のうえで劉備に劣ることになります。

劉備対して不信感と焦りを感じていた孫権は曹操からの提案にのり関羽の背後を突くことを決断しました。

実行に移したのは呂蒙です。関羽は大半の兵を連れて出陣していたことと、

残した将との関係がうまくいっていなかったこともあり、

その間隙を突かれて荊州の本拠地を呂蒙に奪われます。

関羽は樊城を引き返し、麦城の城外で孫権軍に捉われ、首をはねられます。

こうして孫権の悲願であった荊州南部一帯の支配は成就されたのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

関羽が荊州の守備を固め、呂蒙を侮ることがなければ孫権もつけ入る隙がなかったかもしれません。

関羽が樊城や襄陽を落としていたら歴史はどう変わったでしょうか。

漢中にいる劉備軍の主力は北の長安や涼州に攻め込み領土を広げていたでしょう。

孫権も合肥の曹操軍を叩き、徐州を手に入れることができたことでしょう。

曹操の領土はまさに中華の三分の一ほどになったに違いありません。

しかし孫権は目先の荊州に捉われました。

これにより曹操に逆転する目は劉備にも孫権にもなくなったのです。

そして劉備は関羽の敵討ちと荊州奪還のため主力を孫権に向けることになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

 

 

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  2. 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  3. 趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?
  4. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  5. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…
  6. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  7. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  8. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  2. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  3. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  4. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧
  5. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  6. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった? 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた! 信じる信じないはあなた次第!?歴代王朝の興亡の秘密は五行にあり! 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに? 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?

おすすめ記事

  1. 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?
  2. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  3. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  4. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 明智光秀 wikipedia
  5. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  6. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  7. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  8. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP