架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?

この記事の所要時間: 258




赤壁の戦い

 

劉備(りゅうび)孫権(そんけん)が正式に同盟を結んだのは、

かの有名な「赤壁の戦い」のときになります。

単独で曹操(そうそう)に対することが難しいと感じた孫権が劉備と手を結んだのです。

外交交渉の場に立ったのが劉備側では諸葛亮孔明

孫権側では魯粛(ろしゅく)となります。

孫権・劉備連合軍は見事に赤壁の戦いで曹操軍を破り、曹操を敗走させます。

同盟は成功しただけでなく、大きな成果ももたらしたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




同盟の継続

劉備と孫権同盟

 

敗走したとはいえ、曹操の勢力は孫権や劉備を圧倒するものでした。

そのため孫権は劉備との同盟を継続することになります。

孫権旗下で最も力を有していた周瑜は曹操が去った荊州を手に入れようと死闘を繰り広げます。

周瑜は荊州の江陵をめぐって曹仁と戦います。

その間、劉備は荊州の南部の都市を次々に攻略し、領地を手にするのです。




周瑜の描いた天下二分の計

周瑜

 

周瑜は曹操の勢力に互角に対峙するためには領地の拡大が必要だと感じていました。

その矛先は隣国の荊州と長江の上流に位置する益州に向けられていました。

孫権の勢力に荊州と益州を加えることで曹操と単独で戦える力を得ることができると考えたのです。

しかし江陵を奪った周瑜は次は益州を取ろうと長江をさかのぼりましたが、その最中に病死します。

益州を制したのは周瑜ではなく、その後の隙を突いた劉備でした。

 

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

 

荊州を手に入れたい孫権

孫権 劉備 対立

 

益州という領地を手に入れた劉備に対して、孫権は荊州を返還するように迫ります。

赤壁の戦いの勝利はそのほとんどが孫権軍の成果であり、

荊州を支配する権利は孫権が有していると考えていました。

劉備が益州を手にしたら荊州南部を速やかに孫権に返還する旨の約定もかわしていたと云われています。

荊州南部はあくまでも劉備に一時的に貸し与えているというのが孫権側の認識だったのです。

 

関羽の武威

顔良と関羽

 

ですが荊州南部の司令官である関羽は孫権に対し、南郡や武陵を返還しようとはしませんでした。

力で手にしたものは力をもって奪えと云わんばかりに敵愾心むき出しで孫権に対します。

武名轟く関羽を恐れて孫権もなかなか手が出せず、あの手この手で懐柔しようと試みます。

しかし関羽は頑なに返還を拒み続けます。

益州にいる劉備も今度は涼州を手にしたら荊州を返還すると云い出す始末です。

 

関羽の樊城攻め

関羽 男だち

 

関羽はそんな孫権を歯牙にもかけず、荊州北部の曹操勢力である樊城や襄陽を攻めます。

その勢いは凄まじく、援軍として樊城に向った于禁は捕らえられ、龐徳は討たれました。

曹操の領土からも裏切者が相次ぎ、曹操は許都の遷都も検討したと云われています。

ここで曹操が打った一手が実に効果的なもので、

それが背後にいる孫権に関羽を襲わせるというものでした。

 

荊州を奪還するチャンス

陸遜 関羽

 

劉備はこのとき益州はおろかその北部の漢中も手に入れていました。

そのうえ荊州北部まで抑えられてしまったら孫権は勢力のうえで劉備に劣ることになります。

劉備対して不信感と焦りを感じていた孫権は曹操からの提案にのり関羽の背後を突くことを決断しました。

実行に移したのは呂蒙です。関羽は大半の兵を連れて出陣していたことと、

残した将との関係がうまくいっていなかったこともあり、

その間隙を突かれて荊州の本拠地を呂蒙に奪われます。

関羽は樊城を引き返し、麦城の城外で孫権軍に捉われ、首をはねられます。

こうして孫権の悲願であった荊州南部一帯の支配は成就されたのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

関羽が荊州の守備を固め、呂蒙を侮ることがなければ孫権もつけ入る隙がなかったかもしれません。

関羽が樊城や襄陽を落としていたら歴史はどう変わったでしょうか。

漢中にいる劉備軍の主力は北の長安や涼州に攻め込み領土を広げていたでしょう。

孫権も合肥の曹操軍を叩き、徐州を手に入れることができたことでしょう。

曹操の領土はまさに中華の三分の一ほどになったに違いありません。

しかし孫権は目先の荊州に捉われました。

これにより曹操に逆転する目は劉備にも孫権にもなくなったのです。

そして劉備は関羽の敵討ちと荊州奪還のため主力を孫権に向けることになるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

 

 

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  4. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  5. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  7. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  8. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?
  2. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  3. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  4. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  5. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 周瑜公瑾の輝かしい功績 『三国志』人気を数字から考えてみる

おすすめ記事

  1. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  2. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  3. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  4. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  5. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  6. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  7. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  8. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP