はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?




三国志 英雄たちの宴

 

三国志は古代中国で行われた三国の争いを記した書物です。

三国とは魏・呉・蜀の三つの国のことですが、

この争いを記した正史三国志と物語として書かれた三国志演義の違いとは

どのようなところなのでしょうか。

テストに出るかも知れないので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?




正史三国志の作者

蜀の産まれ 陳寿

 

正史三国志と三国志演義の違いを知る前に作者を知っておきましょう。

ここはテストに出る可能性が高いのでしっかりと復習しておきましょう。

さて正史三国志の作者は陳寿(ちんじゅ)という人物です。

彼は蜀の家臣でしたが蜀が滅亡してしまいます。

そのため彼は魏の跡を継いだ晋に仕えることになり、

この国で歴史書を編纂するように命じられます。

彼は歴史書を編纂する仕事を与えられるとまず自分の国であった蜀の地方史と

丞相としてその名を各国に馳せた諸葛孔明の実績をまとめた物を作成。

 

司馬炎 はじめての三国志

 

これらを読んだ晋の皇帝である司馬炎(しばえん)は大いに彼の能力を認め、

魏・蜀・呉の三国の攻防を綴った歴史書を作るように命じます。




数年の歳月をかけて完成した正史三国志

陳寿029

 

陳寿司馬炎から三国の攻防の歴史書を編纂するように命じられると早速情報集めを行います。

三国が滅んでからまだ数十年しか立っていないため、

三国の多くの遺臣達から話を聞きながら情報を集めるとともに、

各国に残っていた史書からも情報を集めます。

こうして数年の年月をかけて魏書・呉書・蜀書の三点からなる史書が完成。

これらの三書を合わせて後世三国志と呼ばれることになるのですが、

完成当時は文章の整合性が取れており読んだ人全員が彼をほめたたえます。

また陳寿と同時期に魏書の編集を行っていた人は、陳寿の三国志を読んで大いに驚嘆。

そのため自分が書いた魏書を破り捨ててしまいます。

非常に完成度の高い歴史書である「三国志」を作り上げた陳寿でした。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

 

余談に現在出回っているのは三国志に注訳をつけた裴松之の三国志

張飛 本 学問 三国志

 

余談ですが覚えていて損はないので、知っておきましょう。

正史三国志は非常に歴史的価値のある史書ですが、年表や記述が非常に短く記されているため、

どのような理由で○○が起きたのかが全くわかりませんでした。

そのため裴松之はこれら簡素に書かれている3巻の書物に注訳を付けることで、

後世にわかりやすく三国志を伝えようと考えます。

こうして彼は様々な三国時代の歴史書を拝見して、

出来事に注訳をつけていくことで三国志の時代に起きた出来事をより鮮明に知ることができます。

現在皆様が知っている三国志の主な出来事は裴松之が書いた三国志・注から抽出しているものが

主なものです。

 

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

 

三国志演義の作者とは

羅漢中

 

次は三国志演義を作った作者についてご紹介しましょう。

その名を羅貫中(らかんちゅう)と言います。

彼は元の中期から末期にいた人物であるとされておりますが、

一体どのような人物であったのかがほとんど記されていない謎の人物で、

名前のみしか分かっておりません。

ですが唯一彼の人柄だけが判明しており、

羅貫中と同じ時代を生きた賈仲明(かちゅうめい)という人が書いた

「録鬼簿続編(ろくきぼぞくへん)」と言われる書物で紹介しております。

賈仲明は「彼は太原出身の人で、彼が書いた物語は常に謎が隠されており、

今までにない物語で非常に新鮮な気持ちで読むことができる。

また人付き合いが苦手であったが、なぜか私とはウマが合い仲良くしていた。

しかし元が乱れたことがきっかけで彼がその後どうなったかわからなくなってしまった。」と記しております。

賈仲明の記録で出身地は太原とありますが、

ほかにも杭州(こうしゅう)の出身説や山東出身説などがありますが

どこがかれの本当の出身地であるのか確信が得られないため、

ほとんど謎の人物でありますが、

三国志演義を書いたのは事実として残っているので作者は羅貫中で間違えないであろうと思われます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  2. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  3. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  4. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  5. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  6. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  7. キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  8. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 法正と劉備
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖

おすすめ記事

  1. 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子
  2. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  3. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  4. 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ? (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 月刊はじめての三国志2018年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 年越しそばを食べる馬謖
  6. 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

三國志雑学

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 趙雲 三尖刀
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 曹植は軟弱ではなかった曹植

おすすめ記事

【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介 曹操と羊 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ! 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP