よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?




大橋先生&小橋先生

三国志』は“正史”と呼ばれる歴史書です。

“正史”、という言葉を見て、皆さんはどう思われるでしょうか?

正しい歴史? ……実はちょっと違うんです。

 

三国志』を読むときに、心に留めておきたい、“正史”についての話です。




国家事業として編さんされる“正史”とは。

現実主義曹操

 

 

前述の通り、“正史”とは“正しい歴史書”の意味ではありません。

“正史”とは、東アジア周辺諸国において、主に国家が事業として編さんを行った王朝の歴史を記した文献を意味します。

 

正史は歴史上価値のある資料であることには違いありませんが、そこに書かれている事柄は決して事実であるとは限りません。

これは正史が多くの場合、王朝の事業のひとつとして制作されてきたことが原因です。

 

どんな王朝であっても、その歴史において隠しておきたいような事実は多々あるものです。

歴史書に書かれる事柄は、なるべくキレイ事だけにしておきたい、と思うのは当然のことと言えます。

 

まして、その歴史書を王朝自らが国家事業として編さんを進めるとあれば、当然、その内容は王朝によって思い通りになることは明らかです。

王朝にとってできるだけ都合の良い内容を前面に押し出し、都合の悪い事実は採用しない。

そうなるのはある意味、至極当然のことと言えるでしょう。




国家事業として正史が作られるようになったのはいつからなの?

三国志 疑問点

 

国家事業として正史が作られるようになったのは唐の時代からです。

 

歴史書を国家事業として編さんすることが確立されたのは、唐の時代であったとされます。

なぜ、この時代に歴史書を国家が編さんするようになったのか。

それについては唐以前の歴史にヒントがあります。

 

 

唐の時代から、随をはさんで時代をさかのぼると、南北朝時代と呼ばれる時代に当たります。

この南北朝時代は統一王朝が存在しない時代ですが、その勢力分布は大きく華南と河北に分けられることから、南北朝時代と呼ばれています。

 

 

華南にあった宋という王朝は東晋から禅譲を受けて成立しています。

この東晋は司馬懿の孫にあたる司馬炎が、曹氏の魏から禅譲を受けて成立した晋(東晋と区別するために西晋とも呼ばれます)の流れを組んでおり、王朝としての正統性を持っていると言えます。

 

 

しかし唐を興した李淵は宋ではなく、南北朝時代に華北にあった北魏や北周の貴族の血を引く人物でした。

そのため唐王朝は、華南を王朝の正統と見る風潮に対して自らの正統性を示すために、国家事業として歴史書を編さんしたのだと考えられています。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

 

清の時代に定められた『二十四史』

三国正史 劉禅

 

 

18世紀半ば、清王朝の第六代皇帝である乾隆帝によって、歴代の王朝で編さんされた二十四の歴史書が正史として定められました。

これを『二十四史』と呼びます。

 

『二十四史』の最も古いものは、前漢の時代に司馬遷によって書かれた『太史公書』(たいしこうしょ)です。

 

後世、『史記』と呼ばれるようになった有名な歴史書で、日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回も採用されています。

 

晋の時代に陳寿が編さんした『三国志』は、二十四史中、四番目に古い正史です。

 

 

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

 

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

羅漢中

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

 

司馬懿 仲達

 

よく読まれてる記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!?
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  3. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  4. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  5. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人…
  6. 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった
  7. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  8. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?
  2. 金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった!
  3. 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中
  4. 【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは?
  5. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  6. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 豊臣秀吉 戦国時代

三國志雑学

  1. 蒟蒻問答 孔明と張飛
  2. 蜀の厳顔
  3. 政(始皇帝)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 野望が膨らむ鍾会
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. オオクニヌシ(日本神話)

おすすめ記事

読者の声(10月14日~10月21日) 豊臣秀吉 戦国時代 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは? 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯 真田丸 武田信玄 武田信玄の経済政策は領民にも支持されていた! 最弱武将 張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 呉の小覇王・孫策 孫策の息子・孫紹が不憫だった!? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  2. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  3. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  4. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?
  5. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  6. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  7. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  8. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP