広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

この記事の所要時間: 256




大橋先生&小橋先生

三国志』は“正史”と呼ばれる歴史書です。

“正史”、という言葉を見て、皆さんはどう思われるでしょうか?

正しい歴史? ……実はちょっと違うんです。

 

『三国志』を読むときに、心に留めておきたい、“正史”についての話です。




国家事業として編さんされる“正史”とは。

現実主義曹操

 

 

前述の通り、“正史”とは“正しい歴史書”の意味ではありません。

“正史”とは、東アジア周辺諸国において、主に国家が事業として編さんを行った王朝の歴史を記した文献を意味します。

 

正史は歴史上価値のある資料であることには違いありませんが、そこに書かれている事柄は決して事実であるとは限りません。

これは正史が多くの場合、王朝の事業のひとつとして制作されてきたことが原因です。

 

どんな王朝であっても、その歴史において隠しておきたいような事実は多々あるものです。

歴史書に書かれる事柄は、なるべくキレイ事だけにしておきたい、と思うのは当然のことと言えます。

 

まして、その歴史書を王朝自らが国家事業として編さんを進めるとあれば、当然、その内容は王朝によって思い通りになることは明らかです。

王朝にとってできるだけ都合の良い内容を前面に押し出し、都合の悪い事実は採用しない。

そうなるのはある意味、至極当然のことと言えるでしょう。




国家事業として正史が作られるようになったのはいつからなの?

三国志 疑問点

 

国家事業として正史が作られるようになったのは唐の時代からです。

 

歴史書を国家事業として編さんすることが確立されたのは、唐の時代であったとされます。

なぜ、この時代に歴史書を国家が編さんするようになったのか。

それについては唐以前の歴史にヒントがあります。

 

 

唐の時代から、随をはさんで時代をさかのぼると、南北朝時代と呼ばれる時代に当たります。

この南北朝時代は統一王朝が存在しない時代ですが、その勢力分布は大きく華南と河北に分けられることから、南北朝時代と呼ばれています。

 

 

華南にあった宋という王朝は東晋から禅譲を受けて成立しています。

この東晋は司馬懿の孫にあたる司馬炎が、曹氏の魏から禅譲を受けて成立した晋(東晋と区別するために西晋とも呼ばれます)の流れを組んでおり、王朝としての正統性を持っていると言えます。

 

 

しかし唐を興した李淵は宋ではなく、南北朝時代に華北にあった北魏や北周の貴族の血を引く人物でした。

そのため唐王朝は、華南を王朝の正統と見る風潮に対して自らの正統性を示すために、国家事業として歴史書を編さんしたのだと考えられています。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

 

清の時代に定められた『二十四史』

三国正史 劉禅

 

 

18世紀半ば、清王朝の第六代皇帝である乾隆帝によって、歴代の王朝で編さんされた二十四の歴史書が正史として定められました。

これを『二十四史』と呼びます。

 

『二十四史』の最も古いものは、前漢の時代に司馬遷によって書かれた『太史公書』(たいしこうしょ)です。

 

後世、『史記』と呼ばれるようになった有名な歴史書で、日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回も採用されています。

 

晋の時代に陳寿が編さんした『三国志』は、二十四史中、四番目に古い正史です。

 

 

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

 

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

羅漢中

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

 

司馬懿 仲達

 

よく読まれてる記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  2. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  3. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  4. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  5. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  6. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  7. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…
  8. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  2. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  3. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  4. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  5. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  6. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】
  2. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  3. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  4. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい
  5. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  6. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  7. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  8. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP