神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

2016年9月11日


真田丸における犬伏の回その1:開始30秒で終わり?

 

真田丸

(写真引用元:NHKオンライン 真田丸)

 

ここから真田丸の犬伏の回をご紹介していきたいと思います。

先週テレビにかじりついて真田丸「犬伏」の回を見ていたのですが、

初めから度肝を抜かれました。

なぜなら真田昌幸(さなだまさゆき)が真田家のみなを集めて「俺らは上杉に味方する」と

言っていました。

これを聞いたとき「は!?」ってびっくりして、犬伏での別れってもうないんじゃないか。と思いました。

なぜならば前ページでも紹介しましたが、史実では徳川・豊臣どちらに味方するか決断したのは、

三成が挙兵して書状が届いてからです。

にも関わらず昌幸がきっぱりと第三勢力である上杉に味方すると決断しているのを見て、

犬伏ないじゃんと思い、びっくりしましたが話は進んでいきます。

 

真田丸における犬伏の回その2:昌幸ブチギレる

真田丸

(写真引用元:NHKオンライン 真田丸)

 

話は進んでいき、石田三成が大谷吉継(おおたによしつぐ)の説得に失敗するも、

吉継が三成に「家康に楯突くからには勝つぐらいの気概がなくてどうする」と三成を叱咤。

こうして吉継を仲間に加えた後、大阪城を抑えて三成挙兵。

この事を犬伏で知った昌幸は激怒します。

なぜ昌幸は激怒したのでしょうか。

それは三成の挙兵が早すぎたためです。

昌幸の計画では徳川勢と上杉勢が戦いを開始し始めた頃、

真田が家康を裏切って本陣に向かって攻めかけて、家康の首を取ると作戦を計画しておりました。

その後に三成が挙兵すれば間違えなく、

江戸へ攻め込むことができ徳川に大勝利できる算段を立てていました。

しかし三成が上杉と徳川が戦う前に挙兵したことによって昌幸の計画は崩れてしまいます。

その為昌幸は激おこ状態となって一人祠にこもってしまうのでした。

 

真田丸における犬伏の回その3:昌幸の決断

真田丸

(写真引用元:NHKオンライン 真田丸)

 

昌幸は考えをまとめて信幸・幸村を祠に呼びます。

三人は車座に座ると昌幸は考えを述べます。

彼が考えたのは豊臣・徳川両陣営に味方しないで

上田城へ攻撃を仕掛けてきたものを敵とみなすというものでした。

まさにその姿は独立不羈を貫き通すものでした。

そして何年か戦乱が続いて諸大名が疲れたところを狙って、

信州・甲斐の両国を奪い取るという策を二人に披露します。

余談ですが、この作戦を実行したのは関ヶ原の戦いで西軍に味方した島津義弘でした。

彼は西軍に味方するものの積極的に東軍の攻撃に参加することなく、

自陣へ攻撃を仕掛けてきた軍勢を打ち払うことに専念しておりました。

また後年明治維新が起きた時、佐幕派と倒幕派に日本中の大名が別れたにも関わらず、

長岡を日本から独立させることに専念し、どちらの陣営にも味方しなかった河井継之助。

このふたりを思い出しながら昌幸の言葉を聞いておりました。

だが昌幸の言葉を聞き終わった幸村はブチギレ。

彼は「父上。この戦い案外早く終わると思っております。

戦は大きく変化し、諸大名はどちらかの陣営に属して死力を尽くして戦い、

どちらかが勝てば天下の覇権が決定することになるでしょう。

このような状況では父上のような甘い考え方は通らないと思います。」と激おこ。

この言葉を聞いた昌幸は大いに驚いて、言葉を失ってしまいます。

そしてここでお兄ちゃん信幸の発言がひかります。

 

真田丸における犬伏の回その4:信幸の発言が真田の運命を決まる

真田丸

(写真引用元:NHKオンライン 真田丸)

 

信幸は今まで二人の発言を聞いておりましたが、突然大声で「俺は決めた!!」と叫びます。

幸村と昌幸は唖然。

そして信幸は二人がこちらに注目したことを確認すると「私は徳川に味方します。

そして父上と幸村は豊臣につくのだ。そうすればどちらが勝っても真田の家名は残る事になる」と二人に言い放ちます。

この発言を聞いた幸村は「これでは兄上と敵味方に分かれてしまう。」とうろたえます。

すると信幸は「いいか。これは敵味方に分かれるための策ではない。

豊臣が勝ったときは何としてでも我を助けよ。

もし徳川が勝ったら俺が絶対にどんな手を使ってもお主たちを助ける。

この策は我らがが再び飲めるような日々を作るための策だ」と言ってのけます。

この策を聞いた時鳥肌が立ちました。幸村と昌幸の陰に隠れてしまっていた信幸が、

成長したんだなぁ~としみじみ思いました。

こうして真田の方針は決まることになります。

 

真田丸における犬伏の回その5:ついに韓信登場

韓信 将軍

 

こうして真田の方針が決まると三人は親子水入らずで酒を飲み始めます、

ここで信幸は「史記」に出てくる韓信を語り始めます。

彼は幸村に「背水の陣を知っているか」と語ります。

もちろん幸村は知っており背水の陣の意味を信幸に語ります。

しかし信幸は「川を背にして陣を敷くだけではないのだ。」と答えます。

そして昌幸がふたりの会話に割り込み「川を背にするということは、

背後から敵の攻撃を受ける心配がなくなり、正面の的に集中できるという利点がある」と述べます。

この答えを聞いた時、「確かに」と言って頷いておりました。さすが昌幸です。

背水の陣は味方の退路を立って士気を奮い立たせる効果もありますが、

敵が背後に回れないことから前面の敵に集中できるという利点もあります。

それゆえに趙の陳余(ちんよ)が率いる趙軍をあれだけ完膚なきまでに叩く事が出来たのであろうと

昌幸はさらっと述べます。

そして信幸は「この話を知った時に父上と韓信が重なった。」と述べます。

確かに当時の天下三大兵法家として名を連ねていた昌幸ですから韓信と比べられても遜色ない智謀の持ち主であると思います。

その後も信幸は韓信と父昌幸が似ていると褒めたたえますが、

ここで昌幸は韓信の事を「だが韓信は馬鹿だな」とさらっと言い放ちます。

信幸は「なぜですか」と聞き返します。

すると昌幸は「それはな。背水の陣の真の目的まで書物に記されているではないか。

これでは他の者が背水の陣を敷いても見抜かれてしまうではないか」といいのけます。

「確かに・・・・」この理由には納得がいきました。

さすがは天下三代兵法家・真田昌幸だ。と思いました。

この昌幸の発言を聞いたふたりは大笑いして場が和んでいきます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

真田丸と韓信かなり深い関係がありました。

韓信の「背水の陣」を物語に入れてくるあたり、監督である三谷幸喜さんはすごいなと思うと同時に、

やはりここ五年以内に放映されていた大河ドラマとはひと味も二味も違うなと思いました。

犬伏の別れにしても史実に乗っ取るだけではなく、しっかりとオリジナリティーを加えることで、

真田丸流の犬伏の別れが違和感なく成立していることにも驚きでした。

これは関ヶ原の戦いが楽しみになってきました。

韓信を詳しく知りたい方はこれらの記事も合わせてお読みください。

 

 

 

 

 

 

「今回の真田丸のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての変, 執筆者:黒田廉
-, , , ,