ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は幽州の涿郡(現在の河北省涿州市)の出身です。

中央の都からは遠く離れています。田舎暮らしでしたが、心に秘めたものは大きいものがありました。

というのも、劉備は自分自身が前漢第六代の皇帝、

景帝の子、中山靖王の子孫であると信じていたからです。

ちなみに中山靖王には子供が120人以上いたといわれています。

その子孫に至っては万を超える数だったはずです。

まさに星の数ほどもいたことになります。それほど貴重視されてはいません。

現に劉備の祖父は県令を務めたこともありましたが、父は無官です。

尊い血筋でありながら特別扱いはまったくされていないのです。

まさに平民同様です。

それでも劉備は大望を持ち続けて生きていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら


劉備の勢力は流民

若かりし劉備 チャライ★

 

仲間にはかなりの人望があったといわれる劉備ですが、若い頃は勉強が嫌いで、

犬や馬、音楽や綺麗な服を着ることが好きだったようです。

不良というか、遊び人ですね。

集まってくる仲間も同じような輩が多くなっていきます。

それらがいわゆる「遊侠の徒」や「商人」などです。

彼らは流民の民同様でした。

そんな彼らの習慣が、義兄弟の契りを結び、親族以上の結束を固めることです。

人を殺してお尋ね者になっていた関羽もこうして劉備と知り合い、義兄弟となっていきます。

劉備の旗上げに一役買ったのもこうした商人たちでした。


劉備にはなぜ地縁、血縁がないのか

劉備悩む

 

劉備の経歴をみると、まさに劉備こそが流民のなかの流民であることに気が付きます。

賊に敗れては仲が良かった公孫瓚(こうそんさん)のもとに逃げ、呂布(りょふ)に敗れては

曹操(そうそう)のもとに逃げ、曹操に敗れては袁紹(えんしょう)に身を寄せます。

そして劉表(りゅうひょう)のもとへ逃亡し、さらに孫権(そんけん)を頼ります。

荊州でようやく足場を作ると、劉璋を攻めて本拠地を得ました。

北から東、そして南へと大忙しです。

ここまで負け続けながら勢力を拡大していく例は歴史を紐解いてもなかなか見当たりません。

これに匹敵するのは大逃避行を敢行した毛沢東ぐらいだといわれています。

劉備は逃避を続けながら、故郷とはまったく関係のない地で国を建てました。

これは曹操孫権と大きく異なるところです。

そのため劉備には地縁がないのです。

親族も息子以外にはいません。

流民の勢力である劉備の配下は出身がバラバラです。

同郷の部下は張飛簡雍だけだったといわれています。


流民をまとめたものこそ「志」

陸遜 劉備

 

では劉備はどのようにして流民たちをまとめあげたのでしょうか。

それは漢を復興するという大義です。

この志に感銘を受けたものたちが劉備に従ったのです。つまり同志の集まりです。

それが劉備軍の最大の特徴であり、魅力であり、人気でもありました。

しかし血族で固められない組織は脆弱で、

やがて志が薄らいでいくとそれに比例して勢力も衰えていきます。

魏や呉に比べて蜀の滅亡が早かったのも致し方なかったことなのかもしれません。


三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂さん02b 背景あり

 

劉備に息子以外の親族、血族がいなかったために蜀では身内争いが起こりませんでした。

これもまた魏や呉と大きく異なる点です。

劉備の後を継ぐことになる劉禅の外戚となった張飛の一族が唯一の親族と呼べるかもしれません。

蜀の国は志を結集してできた国です。

だからこそ尊く、だからこそあの諸葛亮孔明をもってしても維持するのが大変なことだったのでしょう。

組織の成り立ちや雰囲気は、日本でいうところの新撰組に似ています。

(新撰組は建国はしていませんが)

志で繋がる者たちこそが、

劉備にとっては血の繋がり以上に深い絆で結ばれていると信じていたのではないでしょうか。

そんな劉備の絶大な信頼が部下たちの並外れた活躍を生み出すことになったのだと思います。

蜀が後世の人たちに人気があるのもうなずけますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

【お金で見てみる三国志の舞台裏】
三国志とお金の話

 

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  2. 曹操は女性の敵なの?もじのみ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  3. 沖縄そばを食べる関羽 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  4. 魏から蜀に下る姜維 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  5. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン 趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆…
  6. 曹操と機密保持 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  7. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集
  8. 夏侯惇 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 姜 暁烈

    今風にいうとせっかく親戚のおじさんが
    学校の学費を出してくれたのに、賭博、ギャンブル、風俗三昧の愚連隊を組織してそのままヤクザになった。感じだから
    親戚は避けてたんじゃないんですかね?

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 何晏
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 鬼道を使う卑弥呼
  4. 痛い目にあう孫権
  5. 曹操と夏侯惇
  6. 合戦シーン
  7. 篤姫

おすすめ記事

  1. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  2. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 陸遜
  3. 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 劉備と孫権
  4. 史実の張飛はどんな人だったの?インテリ層を大切にしていた張飛 実は頭がイイ賢い張飛
  5. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない 荀彧
  6. 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 楚の旗と兵士

三國志雑学

  1. 魏の曹操孟徳
  2. 法正
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 上杉謙信

おすすめ記事

薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説 司馬懿と曹操 もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった? 趙雲 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞 尹賞とはどんな人?姜維と一緒に蜀を支えた出世頭!? 玉璽を見つけた孫堅 孫堅が洛陽で拾った玉璽の話は呉による捏造だった!? キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される! 部下をいじめる曹丕 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! 荀彧(はじめての三国志) 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP