日常生活

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?

この記事の所要時間: 29




劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は幽州の涿郡(現在の河北省涿州市)の出身です。

中央の都からは遠く離れています。田舎暮らしでしたが、心に秘めたものは大きいものがありました。

というのも、劉備は自分自身が前漢第六代の皇帝、

景帝の子、中山靖王の子孫であると信じていたからです。

ちなみに中山靖王には子供が120人以上いたといわれています。

その子孫に至っては万を超える数だったはずです。

まさに星の数ほどもいたことになります。それほど貴重視されてはいません。

現に劉備の祖父は県令を務めたこともありましたが、父は無官です。

尊い血筋でありながら特別扱いはまったくされていないのです。

まさに平民同様です。

それでも劉備は大望を持ち続けて生きていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




劉備の勢力は流民

若かりし劉備 チャライ★

 

仲間にはかなりの人望があったといわれる劉備ですが、若い頃は勉強が嫌いで、

犬や馬、音楽や綺麗な服を着ることが好きだったようです。

不良というか、遊び人ですね。

集まってくる仲間も同じような輩が多くなっていきます。

それらがいわゆる「遊侠の徒」や「商人」などです。

彼らは流民の民同様でした。

そんな彼らの習慣が、義兄弟の契りを結び、親族以上の結束を固めることです。

人を殺してお尋ね者になっていた関羽もこうして劉備と知り合い、義兄弟となっていきます。

劉備の旗上げに一役買ったのもこうした商人たちでした。




劉備にはなぜ地縁、血縁がないのか

劉備悩む

 

劉備の経歴をみると、まさに劉備こそが流民のなかの流民であることに気が付きます。

賊に敗れては仲が良かった公孫瓚(こうそんさん)のもとに逃げ、呂布(りょふ)に敗れては

曹操(そうそう)のもとに逃げ、曹操に敗れては袁紹(えんしょう)に身を寄せます。

そして劉表(りゅうひょう)のもとへ逃亡し、さらに孫権(そんけん)を頼ります。

荊州でようやく足場を作ると、劉璋を攻めて本拠地を得ました。

北から東、そして南へと大忙しです。

ここまで負け続けながら勢力を拡大していく例は歴史を紐解いてもなかなか見当たりません。

これに匹敵するのは大逃避行を敢行した毛沢東ぐらいだといわれています。

劉備は逃避を続けながら、故郷とはまったく関係のない地で国を建てました。

これは曹操や孫権と大きく異なるところです。

そのため劉備には地縁がないのです。

親族も息子以外にはいません。

流民の勢力である劉備の配下は出身がバラバラです。

同郷の部下は張飛と簡雍だけだったといわれています。

 

流民をまとめたものこそ「志」

陸遜 劉備

 

では劉備はどのようにして流民たちをまとめあげたのでしょうか。

それは漢を復興するという大義です。

この志に感銘を受けたものたちが劉備に従ったのです。つまり同志の集まりです。

それが劉備軍の最大の特徴であり、魅力であり、人気でもありました。

しかし血族で固められない組織は脆弱で、

やがて志が薄らいでいくとそれに比例して勢力も衰えていきます。

魏や呉に比べて蜀の滅亡が早かったのも致し方なかったことなのかもしれません。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

劉備に息子以外の親族、血族がいなかったために蜀では身内争いが起こりませんでした。

これもまた魏や呉と大きく異なる点です。

劉備の後を継ぐことになる劉禅の外戚となった張飛の一族が唯一の親族と呼べるかもしれません。

蜀の国は志を結集してできた国です。

だからこそ尊く、だからこそあの諸葛亮孔明をもってしても維持するのが大変なことだったのでしょう。

組織の成り立ちや雰囲気は、日本でいうところの新撰組に似ています。

(新撰組は建国はしていませんが)

志で繋がる者たちこそが、

劉備にとっては血の繋がり以上に深い絆で結ばれていると信じていたのではないでしょうか。

そんな劉備の絶大な信頼が部下たちの並外れた活躍を生み出すことになったのだと思います。

蜀が後世の人たちに人気があるのもうなずけますね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  2. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  3. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  4. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  5. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…
  6. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  7. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  8. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  2. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  5. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  6. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの? みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

おすすめ記事

  1. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  3. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】
  4. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  5. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)
  6. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  7. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?
  8. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP