法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!

料理人




料理人

 

三国志演義では、よく描かれる宴会の風景、しかし、そこで使用される

食器・調理用具の類までは、細かく説明される事はまずありません。

しかし、他所で説明されないなら、こちらで説明してみせようというのが

はじさん魂!というわけで周の時代から唐の時代まで使用された、

様々な食器についてイラスト付きで解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




一番、有名な調理器具、鼎(かなえ)

鼎

 

鼎は、「鼎の軽重を問う」など、珍重され過ぎて最後には

国家を指し示すまでになった調理用具です。

元々、鼎は、脚の下から火を焚いて、肉や魚などを煮込む鍋でした。

中国では大牢と呼ばれる、最高のご馳走三種、牛、豚、羊の肉も

鼎で煮込むので、やがて、権力と富の象徴として神聖視されるようになりました。

 

また、鼎は青銅という錫と銅の合金で鉄よりも高価でした。

重い物では1トン近くあるなど簡単に動かせない代物で、

その為に鍋の淵に耳がついています。

かつてはここに棒を差し込んで、大勢で担いで動かした名残です。




果物などを盛ったのか?籩(へん)

籩

 

鼎とは対照的に、竹を編んで造られたのが籩です。

竹製品という事から考えて、生臭い物は腐ってしまうので入れられません。

恐らく乾いた食品や、果物などを盛るのに利用されたと考えられます。

土台が膨らんでいるので、個体では重い食品が盛られたと考えられ、

やはり果物が多かったように思います。

 

豆と書いて、たかつきと読む!

豆

 

豆は、一本足で蓋がついた木製の食器です。

蓋があるという事は、羹(あつもの:スープ)を入れたという事で、

案の定、付属品として匕(ひ:スプーン)がセットされています。

昔は、年齢によって豆を出す数が決まっていたようで、

年長者には、より多くの豆が出され尊敬を表しました。

 

今でいう、お櫃(ひつ)だった箪(はこ)

箪

 

こちらも竹製品ですが、籩よりはずっとコンパクトです。

この中には粟や黍、米のような主食が入っていました。

孔子の言葉にも、一箪の飯、一瓢の水という言葉があり、

箪の中には飯が入っていた事が窺えます。

 

今の感覚だと、竹の表面に飯がひっつきそうですが、

当時は穀物を炊かずに蒸していて水分が多くないので、

べったりとはくっつかなかったと思います。

 

※文字の制約で、箪としか出ませんが、実際は竹の下に□□が入ります。

 

瓦で出来た食器、鉶(けい)

鉶

 

今までの食器に比べて、角はあるわ、脚はあるわの

奇抜なデザインが、この鉶という食器の特徴です。

瓦製という事ですから、耐火性があるので熱く煮えた肉などを

入れていたのではないかと思います。

鼎と同じく、奇抜な文様が刻んである事から高貴な食器であり、

料理人は、鼎で煮た熱々の肉を切り分けそれぞれの客の鉶に

分けていたのかも知れません。

 

もっとも粗末な食器 瓢(ひさご)

瓢

 

瓢は、ひょうたんの中身を取り去って造った簡単な食器です。

もっとも貧しい人間の食卓にもあがるので、

一番ランクの低い食器として扱われていました。

瓢は半分に割らないで瓢箪として天然の水筒にしたり、

酒を入れたりもしています。

カンフー映画の酔拳を見れば、瓢が出てくるのが分かります。

 

昔懐かしい、お膳にあたる案(あん)

案

 

案は、日本でも少し前までは存在した膳の事です。

どうして、こんなものがあるのかと言うと、

当時は椅子もテーブルもなく、食事は案に乗せられて、

運ばれてきたからです。

イラストでは、大きさは分かりませんが、高さは座った人の

腰程度しかなく、座って食事をするのに便利な造りです。

 

案は宋の時代に入り、生活が椅子とテーブルの生活になると

廃れて消えていきました。

 

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

周の時代から連綿と続いた、鼎や豆、鉶、籩という食器は、

中国が椅子とテーブルの時代になる遅くとも北宋の頃から、

生活に合わなくなり廃れていくようになります。

 

三国志 英雄たちの宴

 

しかし、三国志の時代なら、ズバリで存在していた筈で、

劉備(りゅうび)曹操(そうそう)孫権(そんけん)は、

このような食器や調理器具に囲まれて食事をしていたのです。

 

これらとは別に、お酒を注いだ甕、玉觶(ぎょくし)や龍を象った

尖った酒杯、觥(こう)などがありますが、食器ではないので、

これらは日を改めて紹介しましょう。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  2. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  3. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  4. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清…
  5. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  6. スーパーDr華佗 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?
  7. キレる劉備になだめる黄権 劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説
  8. 劉備の黒歴史 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 皇帝曹奐
  2. 織田信長
  3. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  4. 陳寿(晋)

おすすめ記事

  1. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 司馬懿と曹操
  2. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 郭嘉の本
  3. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  4. キングダム587話最新ネタバレ「祈るのみ」レビュー キングダム52巻
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】
  6. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍 キングダム26巻

三國志雑学

  1. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  2. 徐庶
  3. 孔明 東南の風
  4. 蜀の皇帝に即位した劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 孔明君のジャングル探検
  3. 民の心を掴む卑弥呼
  4. 司馬懿と曹操

おすすめ記事

【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 太史慈 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ 騎射の術に長けた騎馬兵士 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの? お酒が強い篤姫 篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介 曹操を殴る孫権 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP