架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

この記事の所要時間: 255




呂不韋

 

秦の始皇帝を父親が趙の国で人質になっていた所を助け出し、

秦王につけるために奔走した大商人・呂不韋(りょふい)

キングダムが出てから彼の名前は一気に知名度が増し、

今やキングダムの読者で知らない人はいないであろう有名人となりました。

そんな彼は秦の丞相となってから大人数の食客たちを使って、

20万言を収めた一冊の本を完成させます。

この本の名前を「呂氏春秋(りょししゅんじゅう)」といいます。

今回はこの本を作った時に発した呂不韋の名言をご紹介します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




丞相呂不韋は負けず嫌い

呂不韋

 

呂不韋は荘襄王(そうじょうおう)の時代に丞相として、秦の国政を握ります。

しかし荘襄王は王の位についてからたった3年で亡くなってしまいます。

その後政が王位に付きます。

呂不韋は新王・政が幼いことをいいことに色々とやりたい放題やっていきます。

秦では彼に逆らう人間はほとんどいなくなりましたが、

国外では戦国四君と言われた春申君・平原君・信陵君の三人が秦に対して、

敵意をむき出しにしており、彼ら三人は多くの有能な食客を抱えておりました。

秦の宰相である呂不韋は彼ら三人に負けないため、

金と権力に物を言わせて多くの食客を抱えその数は3000人を超え、

三公子に匹敵する食客を有することになります。




本を出版

 

呂不韋はこの大量の食客達に「先生方は多くの国々を回って見聞を持っていると存じます。

そこで先生方の見聞を一冊の書物に収めてくだされないでしょうか。」とお願いします。

食客達は呂不韋の提案を受け入れて、3000人の力を合わせて一冊の本を完成させます。

呂不韋はこの本を読み

「この本に古今の実績や現在の諸国を回って集めた知識を詰め合わせある大作である」

と満足げに頷き「よし!!本の名前は「呂氏春秋」にしよう」と言うことでこの本が

誕生することになります。

 

呂氏春秋の内容は

 

さて3000人の人間が一生懸命力を合わせて作った呂氏春秋の内容はどのようなものなのでしょう。

呂氏春秋は儒家(じゅか)・墨家(ぼくか)・法家などの思想を合わせた内容のいい所が、

書き記されております。

また天文学等の学術的なことも書き記されております。

しかしひとつのことに特化している本ではないため、

春秋戦国時代の雰囲気を味わうことのできる本となっています。

 

関連記事:戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

市場に出して布令を出す

恐怖 雷 f

 

呂不韋は「呂氏春秋」が完成するとこの本を秦の首都である咸陽(かんよう)の市場へ

持っていきます。

そこで彼は諸国を巡っている遊説(ゆうぜつ)家や民衆、秦の大臣らに向かって

「今回、私の食客達が知恵を出し合って完成させた本を出版することにした。

この本は私も一度読んで完璧な内容となっているが、

もしこの本に一字訂正を加えることができる人物や一字削ることが出てきた人物が出てきたら、

千金を与えよう。」と言って公言します。

民衆や遊説家達はこの呂氏春秋を見て、一時を加えようと必死になりますが、

誰ひとりとしてこの本に一字を加えることができませんでした。

この呂不韋の言葉が一字千金として現在にも残る故事となるのです。

 

戦国春秋ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

呂不韋の名言は他にも存在しており、

秦の荘襄王を王位に付けるため奔走した際のことわざとして「奇貨居くべし」のことわざがあります。

春秋戦国時代には多くの人物が出現しますが、商人から宰相へ上り名言を今日まで残したのは、

彼だけではないのでしょうか。

商人から丞相へ上り詰め、秦の国政を握ることに成功した彼ですが、

最後は権力を剥奪されて、秦王・政に殺害されてしまいます。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  2. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  3. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…
  4. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  6. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  7. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  8. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  2. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  3. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  4. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  5. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?
  6. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点

おすすめ記事

  1. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  2. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  3. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  4. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  5. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  6. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】
  7. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  8. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP