よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

この記事の所要時間: 255




呂不韋

 

秦の始皇帝を父親が趙の国で人質になっていた所を助け出し、

秦王につけるために奔走した大商人・呂不韋(りょふい)

キングダムが出てから彼の名前は一気に知名度が増し、

今やキングダムの読者で知らない人はいないであろう有名人となりました。

そんな彼は秦の丞相となってから大人数の食客たちを使って、

20万言を収めた一冊の本を完成させます。

この本の名前を「呂氏春秋(りょししゅんじゅう)」といいます。

今回はこの本を作った時に発した呂不韋の名言をご紹介します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

はじめての三国志全記事一覧はこちら




丞相呂不韋は負けず嫌い

呂不韋

 

呂不韋は荘襄王(そうじょうおう)の時代に丞相として、秦の国政を握ります。

しかし荘襄王は王の位についてからたった3年で亡くなってしまいます。

その後政が王位に付きます。

呂不韋は新王・政が幼いことをいいことに色々とやりたい放題やっていきます。

秦では彼に逆らう人間はほとんどいなくなりましたが、

国外では戦国四君と言われた春申君・平原君・信陵君の三人が秦に対して、

敵意をむき出しにしており、彼ら三人は多くの有能な食客を抱えておりました。

秦の宰相である呂不韋は彼ら三人に負けないため、

金と権力に物を言わせて多くの食客を抱えその数は3000人を超え、

三公子に匹敵する食客を有することになります。




本を出版

 

呂不韋はこの大量の食客達に「先生方は多くの国々を回って見聞を持っていると存じます。

そこで先生方の見聞を一冊の書物に収めてくだされないでしょうか。」とお願いします。

食客達は呂不韋の提案を受け入れて、3000人の力を合わせて一冊の本を完成させます。

呂不韋はこの本を読み

「この本に古今の実績や現在の諸国を回って集めた知識を詰め合わせある大作である」

と満足げに頷き「よし!!本の名前は「呂氏春秋」にしよう」と言うことでこの本が

誕生することになります。

 

呂氏春秋の内容は

 

さて3000人の人間が一生懸命力を合わせて作った呂氏春秋の内容はどのようなものなのでしょう。

呂氏春秋は儒家(じゅか)・墨家(ぼくか)・法家などの思想を合わせた内容のいい所が、

書き記されております。

また天文学等の学術的なことも書き記されております。

しかしひとつのことに特化している本ではないため、

春秋戦国時代の雰囲気を味わうことのできる本となっています。

 

関連記事:戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

市場に出して布令を出す

恐怖 雷 f

 

呂不韋は「呂氏春秋」が完成するとこの本を秦の首都である咸陽(かんよう)の市場へ

持っていきます。

そこで彼は諸国を巡っている遊説(ゆうぜつ)家や民衆、秦の大臣らに向かって

「今回、私の食客達が知恵を出し合って完成させた本を出版することにした。

この本は私も一度読んで完璧な内容となっているが、

もしこの本に一字訂正を加えることができる人物や一字削ることが出てきた人物が出てきたら、

千金を与えよう。」と言って公言します。

民衆や遊説家達はこの呂氏春秋を見て、一時を加えようと必死になりますが、

誰ひとりとしてこの本に一字を加えることができませんでした。

この呂不韋の言葉が一字千金として現在にも残る故事となるのです。

 

戦国春秋ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

呂不韋の名言は他にも存在しており、

秦の荘襄王を王位に付けるため奔走した際のことわざとして「奇貨居くべし」のことわざがあります。

春秋戦国時代には多くの人物が出現しますが、商人から宰相へ上り名言を今日まで残したのは、

彼だけではないのでしょうか。

商人から丞相へ上り詰め、秦の国政を握ることに成功した彼ですが、

最後は権力を剥奪されて、秦王・政に殺害されてしまいます。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は…
  2. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…
  3. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  4. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  5. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの…
  6. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす…
  7. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見ど…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  2. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  3. 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦
  4. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  5. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  6. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは? 呉の孫権

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕

おすすめ記事

三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦! 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに? 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位 涙なしには語れない桃園の結義

おすすめ記事

  1. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  2. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  5. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  6. ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操
  7. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  8. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP