三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材




董允

 

董允(とういん)が宮中に入っている間、蜀の滅亡の原因を作り出した黄晧(こうこう)

好き勝手なことができずにおりました。

そのおかげで蜀は政治的に安定しておりました。

そんな蜀の重きをなした董允の父親でもある

董和(とうわ/とうか)とは一体どんな人なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




戦乱を避けて益州へ避難

月 f

 

董允の父親である董和(とうか)は戦乱である後漢末期の中原を避けて、

家族を連れて益州へ避難します。

益州へ到着して数日を過ごすと益州の支配者である劉璋(りゅうしょう)から招かれて、

県長の職を与えられます。

彼は劉璋からもらった役職を拝命し、早速仕事へ出かけます。




民衆は豪華な暮らしを行う

伊尹 料理人

 

後漢王朝が乱れて間もないころ戦乱が少なかった蜀は民衆もかなりの余裕があり、

財産もかなりの物を持っておりました。

そのため彼らは豪華な服を身にまとい、豪勢な食事を行っておりました。

董和が赴いた先の県もこのような民衆が数多くいたため、

彼はまず民衆に豪華な生活を捨てさせて

規律ある生活を行わせるために質素倹約に努めていき、

豪華な生活を民衆が送っていくことを禁止する県令を敷きます。

この結果民衆は彼が率先して質素倹約に努めていた事で、

彼らも豪華な生活を捨てて質素倹約に努めていくことにします。

 

豪族から不満が出る

雷 f

 

劉璋に従っていた豪族は董和が行った政策を嫌っておりました。

そのため劉璋へ「新しく県令になった董和の政策をやめさせるように言ってくれないか。」と

進言を行います。

劉璋は豪族達の意見を聞いて董和jへ政策をやめるように命令を下そうとしますが、

彼が赴いている県の住民や彼に仕える小役人が連名して董和の解任に反対したため、

この命令は通達されることはありませんでした。

こうして董和は益州の各県の県令を歴任し、

実績を上げていくと劉璋は彼の功績を認めて益州の太守へ昇進させることにします。

 

大勢の部族がいた益州南部

 

益州の南部は大量の部族が混在しており、

彼らといざこざを起こさずに統治するのは非常に難しいとされておりました。

しかし董和は益州や益州近辺に居る異民族へ持ち前の清廉さと誠意をもって接することで、

異民族も彼と次第に仲良くなっていき、協力関係の構築に成功します。

こうしてこの難しい益州の統治を見事にやってのけることに成功します。

 

孔明から認められる

 

孔明 出師

 

劉備は益州を自らの領地に加えると董和を優遇し、

孔明と共に政権に参画させることにします。

この時孔明と政策について議論を重ねていきます。

その結果気心知れる仲となり、仕事上においても円滑なコミュニケーションを築きます。

董和は政権にとって有益なものを積極的に進めていき、無駄な物を廃していくことで

円滑な政権運営を目指していきます。

こうして蜀の政権に居なくてはならない人物へと成長するのですが、

彼は病にかかって亡くなってしまいますが、

彼が亡くなった時家には一切蓄財などがなかったそうです。

 

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

 

孔明は高く評価を下す

孔明 出師

 

孔明は劉備の死後丞相となると側近達へ

「仕事において自分と反対の意見を言うものを徴用しなくてはならない。

なぜならば自らの過ちを指摘してくれるからだ。

そしてその指摘を改善することで完璧な仕事ができるようになるのであるが、

董和はしっかりと私の間違っている箇所を指摘してくれるため、大いに助かっていた」

と董和を非常に高く評価しておりました。

 

関連記事:孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

関連記事:孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

 

三国志ライター黒田廉独り言

黒田廉

 

董和は誠実でいうべきことははっきりと言うことで孔明から認められることになります。

また実施しようとする物事は率先して自らが行うことで、

周りに誠意を見せて納得させることで円滑に政策が進んでいきます。

このような人物は政策を命じるほうも反発が少なくて

実行できるため非常に貴重な人材ではないのでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  2. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  3. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  4. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎…
  5. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  6. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  7. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  8. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 武器・農業器具を制作する張裔

おすすめ記事

  1. 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!? 魏延の謀反を察する孫権
  2. 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?
  3. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ
  4. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能
  5. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント
  6. 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった? 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」