呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材

董允




董允

 

董允(とういん)が宮中に入っている間、蜀の滅亡の原因を作り出した黄晧(こうこう)

好き勝手なことができずにおりました。

そのおかげで蜀は政治的に安定しておりました。

そんな蜀の重きをなした董允の父親でもある

董和(とうわ/とうか)とは一体どんな人なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




戦乱を避けて益州へ避難

月 f

 

董允の父親である董和(とうか)は戦乱である後漢末期の中原を避けて、

家族を連れて益州へ避難します。

益州へ到着して数日を過ごすと益州の支配者である劉璋(りゅうしょう)から招かれて、

県長の職を与えられます。

彼は劉璋からもらった役職を拝命し、早速仕事へ出かけます。




民衆は豪華な暮らしを行う

伊尹 料理人

 

漢王朝が乱れて間もないころ戦乱が少なかった蜀は民衆もかなりの余裕があり、

財産もかなりの物を持っておりました。

そのため彼らは豪華な服を身にまとい、豪勢な食事を行っておりました。

董和が赴いた先の県もこのような民衆が数多くいたため、

彼はまず民衆に豪華な生活を捨てさせて

規律ある生活を行わせるために質素倹約に努めていき、

豪華な生活を民衆が送っていくことを禁止する県令を敷きます。

この結果民衆は彼が率先して質素倹約に努めていた事で、

彼らも豪華な生活を捨てて質素倹約に努めていくことにします。

 

豪族から不満が出る

雷 f

 

劉璋に従っていた豪族は董和が行った政策を嫌っておりました。

そのため劉璋へ「新しく県令になった董和の政策をやめさせるように言ってくれないか。」と

進言を行います。

劉璋は豪族達の意見を聞いて董和jへ政策をやめるように命令を下そうとしますが、

彼が赴いている県の住民や彼に仕える小役人が連名して董和の解任に反対したため、

この命令は通達されることはありませんでした。

こうして董和は益州の各県の県令を歴任し、

実績を上げていくと劉璋は彼の功績を認めて益州の太守へ昇進させることにします。

 

大勢の部族がいた益州南部

photo credit: Dreaming of a Better World via photopin (license)

 

益州の南部は大量の部族が混在しており、

彼らといざこざを起こさずに統治するのは非常に難しいとされておりました。

しかし董和は益州や益州近辺に居る異民族へ持ち前の清廉さと誠意をもって接することで、

異民族も彼と次第に仲良くなっていき、協力関係の構築に成功します。

こうしてこの難しい益州の統治を見事にやってのけることに成功します。

 

孔明から認められる

 

孔明 出師

 

劉備は益州を自らの領地に加えると董和を優遇し、

孔明と共に政権に参画させることにします。

この時孔明と政策について議論を重ねていきます。

その結果気心知れる仲となり、仕事上においても円滑なコミュニケーションを築きます。

董和は政権にとって有益なものを積極的に進めていき、無駄な物を廃していくことで

円滑な政権運営を目指していきます。

こうして蜀の政権に居なくてはならない人物へと成長するのですが、

彼は病にかかって亡くなってしまいますが、

彼が亡くなった時家には一切蓄財などがなかったそうです。

 

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

 

孔明は高く評価を下す

孔明 出師

 

孔明は劉備の死後丞相となると側近達へ

「仕事において自分と反対の意見を言うものを徴用しなくてはならない。

なぜならば自らの過ちを指摘してくれるからだ。

そしてその指摘を改善することで完璧な仕事ができるようになるのであるが、

董和はしっかりと私の間違っている箇所を指摘してくれるため、大いに助かっていた」

と董和を非常に高く評価しておりました。

 

関連記事:孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

関連記事:孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

 

三国志ライター黒田廉独り言

黒田廉

 

董和は誠実でいうべきことははっきりと言うことで孔明から認められることになります。

また実施しようとする物事は率先して自らが行うことで、

周りに誠意を見せて納得させることで円滑に政策が進んでいきます。

このような人物は政策を命じるほうも反発が少なくて

実行できるため非常に貴重な人材ではないのでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 2つの持論を展開する費禕 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  2. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  3. 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  4. 劉璋にアドバイスをする張松 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  5. 徐晃 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの…
  6. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  7. 孟節(南蛮討伐) 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族…
  8. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦と劉備
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. 周倉
  5. 劉備 ゆるキャラ
  6. 船酔いする曹操
  7. 陸遜
  8. おんな城主 直虎
  9. 沙摩柯

おすすめ記事

  1. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 華雄と呂布
  2. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 三国志 武器
  3. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 郭嘉
  4. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった? 2つの持論を展開する費禕
  5. 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは? 車に乗る諸葛亮
  6. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 合肥の戦いの満寵
  3. 旅馬 三国志
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関興と張苞
  2. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  3. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  4. 連幹の計 呂布 貂蝉

おすすめ記事

呂布に仕える袁渙 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か? 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負 【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち 曹操と劉備 ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 羅貫中 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 始皇帝(キングダム) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP