呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?




日本神話 f

 

日本神話、ギリシャ神話、ケルト神話、歴史の古い国には、

神話はつきものですが、中国神話というと皆さんピンとこないと思います。

中国は単一民族ではなく、複数の民族の寄り集まりと混合であり、

それこそかつては無数の神話があったのですが、怪力乱神を語らずという

儒教の合理主義で、神話は非科学的と断じられ政権からはハブされました。

そこで、今回は殷(商)の人々が信じた十日神話を紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?




殷人曰く 古代、太陽は十個あり、順番に世界を照らしていた

神話 f

 

中国の五帝の一人に数えられる帝俊(しゅん)(黄帝)には、

羲和(ぎわ)という妻がいて彼女は懐妊して太陽である子供を10人産みます。

帝俊は、10名の子供に、甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、

戊、(ぼ)己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、発(はつ)

という名前をつけました。

 

10人の太陽は母の羲和の指導の元、六匹の龍が引っ張る車に乗って、

順番に天空を移動して世界を照らすようになります。

実際に天空に輝くのは一つだけで、それ以外の9個は、扶桑という

巨木に引っ掛けられ、自分の順番を待っていました。




毎日同じ事をするのに飽きた10人の太陽は一斉に登場・・

堯帝 wiki

 

しかし、同じ事を何万年も繰り返す間に10人は飽きてしまいます。

そこで、10人一斉に天空に輝こうと言いだし、堯(ぎょう)帝の時代に

天には10個の太陽が出現するようになりました。

 

10個の太陽が地上を四六時中照らすので大地は乾き、

作物は全滅、地下からは魔物も出現して人間を喰い殺すという

悲惨な状態が起きてしまいます。

 

黄帝は、弓の名手、羿を天界から派遣する

羿

 

堯帝は困ってしまい、天界にいる黄帝に何とかして下さいとお願いします。

黄帝は、自分の息子達がしでかした事でもあるので、

責任を感じ、天界から弓の名手である羿(げい)を派遣します。

 

羿は最初、事態を穏便に治めようと、10の太陽に対して、

矢を向けて脅しますが、10の太陽は生意気な性格だったのか、

少しも動揺せず相変わらず天に輝き続けます。

 

10の太陽の中で9個は射殺され、世界は平和になる

 

羿は、やむをえないとばかりに、10の太陽に向けて矢を放ちます。

太陽達は悲鳴をあげながら地上に落ちてきました。

みると、落ちた太陽は三本足の烏の姿をしていたそうです。

 

堯帝は、全ての太陽を落されては世界が暗黒になると心配し

羿の矢倉から矢を一本抜いていたので、太陽は一個だけ

天に残る事になりました。

 

さらに羿は、堯帝の命令で、地下からわき出した魔物を

矢で次々と射殺していきます。

それにより、地獄と化した世界は平和を取り戻したのです。

 

10個の太陽は、殷の十王族を意味していた

殷の大様002

 

さて、荒唐無稽な話ですが、この神話と殷の歴史には、

密接な繋がりがあります。

殷の時代の暦は、10日で一区切りになっていました。

これは、神話における10個の太陽に因んだものです。

 

そして、殷の王族は、元々、多数あったものが、

次第に、神話に基づいて十の王族に統合されていきます。

それぞれの王族は、自らを甲、乙、丙、丁、戊、己、

庚、辛、壬、発と名乗って神話との整合性を持っています。

 

さらに10個の太陽が日替わりで空に輝くのに対応して、

殷では国王の地位は当初は非世襲で、甲、乙、丙、丁の

王族が交互に国王を選出する連合政体でした。

それ以外の、戊、己、庚、辛、壬、発の六王族は、

妃や、四王族に後継者がいない時の仲継ぎの王を出す事になっていた

そう考えられています。

 

神話は、殷の滅亡を記録していた

三国志 ろうそく 写真

 

また、一度に10個の太陽が天に輝いて大地が乾き、

地下から猛獣が出現して人間を襲うという話は、殷の国王交代が、

何らかの理由で上手くいかなくなり、戦乱が起きたという

暗示だとも考えられています。

 

或いは、国王の地位を巡る争いの結果、国力が衰え、

そこに周が攻撃を仕掛けて、殷が滅亡し周の王が1人立ったという

歴史の流れを、太陽が9個落され太陽は1つになった、、

 

つまり殷の連合政体は終わり、王は1人だけの周の時代になった

そのように神話であらわしたのかも知れません。

 

殷人のルーツはツングース系だった

 

また、この太陽を射落として世界が平和になるという

射日(しゃじつ)神話は、沿海州から朝鮮半島にかけての

ツングース系諸民族に共通して見られる神話だそうです。

 

それに殷人の祖である契(けい)の母は黄帝の次妃で簡狄(かんてき)と言い、

玄鳥(ツバメ)の卵を食べて産気づき契を産んだとされていますが、

こちらもツングース系の諸民族に共通してある神話です。

 

こうした伝説は周には無いようで、殷周革命は支配民族の交代でも

あったのかも知れません。

 

古代出雲の民はツングース系民族だった?

 

ツングース系の民族分布は、朝鮮半島の上辺りで止まっているのですが

その一部は古代日本に流れて出雲に住みついたとも言われます。

出雲は神話の里であり、ニニギノミコトの天孫降臨以前に

天から降りてきた、スサノオノミコトの六世の孫、

オオクニヌシノミコトが王朝を開いた土地でもあります。

 

出雲地方は製鉄でも有名で、それは殷が青銅器の鋳造に

優れた技術を持っていた事にも重なります。

 

神武天皇 wiki

 

それに神武(じんむ)天皇の東征には、三本足の八咫烏(やたがらす)が

道案内として登場しますが、これはかつて羿が射落とした太陽が

三本足の烏だったという事に共通しているような感じがします。

 

また日本の別称が扶桑(ふそう)と呼ばれるのも有名で、

これも10個の太陽がぶら下がっていた大樹、扶桑と共通しています。

真相は分かりませんが、興味深い話ですね。

 

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

関連記事:春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

中国においては、国教化した儒教の怪力乱神を語らずの影響で国家による

編纂が漢の時代以後は行われず、衰退してしまった中国の神話。

しかし、神話は全体では荒唐無稽に見えても部分、部分では

現実を写している事は、殷の統治機構と神話が密接に関係している事でも

分かります。

 

遥かな昔に失われ、未だ謎が多い殷の社会制度ですが、

或いは神話の解析から真実が分るかも知れませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

関連記事:三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 



kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操の弱点(蟻) 曹操には弱点はないの?
  2. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/…
  4. 晋の陳寿 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  5. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  6. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  7. 袁紹VS公孫瓚 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因
  8. 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  2. 劉邦と項羽
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 呂布VS劉備三兄弟
  5. 貂蝉と呂布

おすすめ記事

  1. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  2. 李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!? 李典
  3. 【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり オオクニヌシ(日本神話)
  4. 徳川家康の祖父は小覇王、松平清康とはどんな人? 徳川家康
  5. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  6. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!

三國志雑学

  1. 人望のある劉備
  2. 魯粛
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 袁紹の妃 劉氏

おすすめ記事

まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん) 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの? 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 楊奉 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 はじめての三国志編集長 kawauso 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 曹操から逃げ回る劉備 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある 「英傑ランキング」上位100名の中に選ばれた8人で争われる「公式頂上リーグ選抜決定戦 ~小暑の陣~」開催 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP