袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

この記事の所要時間: 644




徐福

 

徐福(じょふく)は、本名を徐市(じょふつ)という秦の時代の方士です。

方士とは、占いや、健康法、不老不死の術を研究しているという、

いわば化学者と魔術師が混ざったような、どっちかと言うと、いかがわしい人達でした。

 

始皇帝は晩年、死の恐怖に怯えて不老不死を願い、徐市のような方士を大勢呼び寄せて、

仙人が住んでいる島を探させたり、不老不死の為の薬を造らせたりしています。

そんな徐市には、日本に渡り、神武(じんむ)天皇になったという話があるのです。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




徐福は実在の人物である

徐福 wiki

[写真は徐福像(新宮市徐福公園内)]

 

徐福は、方士という怪しい職業といい大船団を率い海の彼方に消えたという

最後から始皇帝の不老不死への執念を当時の人が面白おかしく伝説化したものだと

考えられる事が多かったようです。

 

しかし、徐福が登場する文献は司馬遷(しばせん)が編んだ、歴史書史記であり、

いい加減な巷説(こうせつ)ではありません。

司馬遷は、秦の時代の後の前漢の人間で、年代的にも徐福の時代とは、

50年程度しか離れていません。

 

 

それに司馬遷は実証主義で、ただ風聞を記すのではなく

その土地まで行き、伝承と伝聞や証拠を収集するという方法を採用しています。

その司馬遷が、徐福の記述の部分だけをファンタジーにしてしまうとは

考えにくく、真実性があるから載せたと考えるのが自然でしょう。

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念




正史三国志の陳寿(ちんじゅ)の呉志も史記をまた引きしている

孫権日本

 

また、徐福の話は、正史三国志を書いた陳寿が、呉志や孫権(そんけん)伝でも、

また引きしていますし、その後の歴史書も、そのような形で記述しています。

陳寿も基本的に、筆を曲げず信憑性を重視した歴史家なので、やはり、

徐福の実在には疑いがないと考えていたのではないでしょうか?

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

徐福は何の為に始皇帝に近づいたのか?

キングダム 始皇帝

 

司馬遷の史記によると、徐福は、本当の名を徐市といい斉国の琅邪(ろうや)の出身です。

 

史記の始皇帝本紀によると徐福は始皇帝に対して、

 

「遥か東の海に、蓬莱(ほうらい)、方丈(ほうじょう)、そして瀛洲(えいしゅう)と

いう3つの神の山があり、そこには仙人が住んでいます、私は、そこに行き、

陛下の為に不老不死の薬を頂いてまいりましょう」

 

というような事を言い、莫大な資金とスタッフを貰って海を渡ったようです。

徐福の仙人探しは9年に及びましたが、結局、仙人は見つからず、徐福は帰還します。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

ブチ切れる始皇帝を徐福は再び丸め込む

不老不死 始皇帝

 

もちろん、大金を与えて、成果なく帰還した徐福を始皇帝が許す筈がありませんが、

徐福は、死を逃れる為に、弁舌を駆使します。

 

「実は、蓬莱、方丈、瀛洲を探したのですが、そこに巨大な鮫がおり、

船を邪魔して辿りつく事が出来ませんでした、ですので射手を与えていただければ

今度こそは必ず不老不死の薬を手に入れてみせます」

 

また、史記、准南(えなん)・衡山(こうざん)列伝の記録によれば、、

 

「仙人は、陛下の貢物が少ないのが不満で不老不死の薬を分けないのです。

ですから、3000名の童男、童女、それに技術者を100名、それに五穀の種を

用意して頂ければ、必ず次は不老不死の薬を手に入れてみせます」

 

というような見え透いた言いわけをして、徐福は死を免れるばかりか、

前回以上の資金と3000名の童男、童女、技術者100名、五穀の種と

大船団を与えられたのです。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?
  3. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  4. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  5. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  6. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  7. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  8. 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  2. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  3. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?
  4. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  5. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  6. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何? 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  3. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  4. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  5. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  6. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  7. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!
  8. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP