編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

この記事の所要時間: 644




徐福

 

徐福(じょふく)は、本名を徐市(じょふつ)という秦の時代の方士です。

方士とは、占いや、健康法、不老不死の術を研究しているという、

いわば化学者と魔術師が混ざったような、どっちかと言うと、いかがわしい人達でした。

 

始皇帝は晩年、死の恐怖に怯えて不老不死を願い、徐市のような方士を大勢呼び寄せて、

仙人が住んでいる島を探させたり、不老不死の為の薬を造らせたりしています。

そんな徐市には、日本に渡り、神武(じんむ)天皇になったという話があるのです。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




徐福は実在の人物である

徐福 wiki

[写真は徐福像(新宮市徐福公園内)]

 

徐福は、方士という怪しい職業といい大船団を率い海の彼方に消えたという

最後から始皇帝の不老不死への執念を当時の人が面白おかしく伝説化したものだと

考えられる事が多かったようです。

 

しかし、徐福が登場する文献は司馬遷(しばせん)が編んだ、歴史書史記であり、

いい加減な巷説(こうせつ)ではありません。

司馬遷は、秦の時代の後の前漢の人間で、年代的にも徐福の時代とは、

50年程度しか離れていません。

 

 

それに司馬遷は実証主義で、ただ風聞を記すのではなく

その土地まで行き、伝承と伝聞や証拠を収集するという方法を採用しています。

その司馬遷が、徐福の記述の部分だけをファンタジーにしてしまうとは

考えにくく、真実性があるから載せたと考えるのが自然でしょう。

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念




正史三国志の陳寿(ちんじゅ)の呉志も史記をまた引きしている

孫権日本

 

また、徐福の話は、正史三国志を書いた陳寿が、呉志や孫権(そんけん)伝でも、

また引きしていますし、その後の歴史書も、そのような形で記述しています。

陳寿も基本的に、筆を曲げず信憑性を重視した歴史家なので、やはり、

徐福の実在には疑いがないと考えていたのではないでしょうか?

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

徐福は何の為に始皇帝に近づいたのか?

キングダム 始皇帝

 

司馬遷の史記によると、徐福は、本当の名を徐市といい斉国の琅邪(ろうや)の出身です。

 

史記の始皇帝本紀によると徐福は始皇帝に対して、

 

「遥か東の海に、蓬莱(ほうらい)、方丈(ほうじょう)、そして瀛洲(えいしゅう)と

いう3つの神の山があり、そこには仙人が住んでいます、私は、そこに行き、

陛下の為に不老不死の薬を頂いてまいりましょう」

 

というような事を言い、莫大な資金とスタッフを貰って海を渡ったようです。

徐福の仙人探しは9年に及びましたが、結局、仙人は見つからず、徐福は帰還します。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

ブチ切れる始皇帝を徐福は再び丸め込む

不老不死 始皇帝

 

もちろん、大金を与えて、成果なく帰還した徐福を始皇帝が許す筈がありませんが、

徐福は、死を逃れる為に、弁舌を駆使します。

 

「実は、蓬莱、方丈、瀛洲を探したのですが、そこに巨大な鮫がおり、

船を邪魔して辿りつく事が出来ませんでした、ですので射手を与えていただければ

今度こそは必ず不老不死の薬を手に入れてみせます」

 

また、史記、准南(えなん)・衡山(こうざん)列伝の記録によれば、、

 

「仙人は、陛下の貢物が少ないのが不満で不老不死の薬を分けないのです。

ですから、3000名の童男、童女、それに技術者を100名、それに五穀の種を

用意して頂ければ、必ず次は不老不死の薬を手に入れてみせます」

 

というような見え透いた言いわけをして、徐福は死を免れるばかりか、

前回以上の資金と3000名の童男、童女、技術者100名、五穀の種と

大船団を与えられたのです。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  2. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  3. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  4. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  6. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  7. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  8. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人
  2. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  3. 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!
  4. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?
  5. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  6. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの? 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

おすすめ記事

  1. 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男
  2. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  3. 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  4. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より
  5. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  6. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  7. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?
  8. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP