魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!

晋の陳寿




張良㈫ 成長編05

 

当たり前ですが、三国志の時代にだって昼と夜があります。

昼間は太陽で明るくても、夜になったら暗くなって作業に困ったりした筈です。

今のようにスイッチ一つで電気がつく事などない時代、人々は、どうやって

灯りを調達していたのでしょうか?

今回は知っているようで知らない、三国志の時代の灯り事情を解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




周の時代から、灯りは松明と決まっていた

松明 f

 

私達は日本の時代劇のイメージで、昔の灯りと言えば蝋燭(ろうそく)をイメージします。

そうでないなら、小皿の上で燃える油燈(ゆとう)を考えてしまうでしょう。

しかし漢の時代には、蝋燭は蜜蝋(みつろう)として入ってきてはいましたが、

輸入品であり、とても高価で日常で使えるような代物ではありませんでした。

 

油燈は荘子に、「山木は自ら寇(き)られ、膏(こう)火は自ら煎らる」とあるように、

すでに春秋戦国の頃にはありましたが、植物油は発明されていないので

牛や山羊の油を小皿に盛った獣脂(じゅうし)でとても高価でした。

 

※「山木は自ら寇られ、膏火は自ら煎らる」の意味は、

世の中の役に立つモノはその為に人に利用され天寿を全うできないが、

役立たずは、無益である為に禍を受けず、かえって長寿するという事。

 

代わりに利用されたのが、薪を紐で棒に巻き付けた松明(たいまつ)です。

この松明、実に古代の周の時代から宋の時代まで2000年近く、

中国における主な灯りの担い手でした。

もちろん三国志の時代だって、灯りといえば松明だったのです。

 

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣




当時の学校には灯り係が存在していた

曹操 手紙

 

松明は、蝋燭や油よりは輝きは強いのですが欠点もあります。

燃えカスの灰が下にどんどん落ちて、部屋を汚してしまいますし、

蝋燭などに比べると、持ちが悪く何度か取り替える必要がある事です。

 

それにボウボウと燃えますから、放置して燃やしておく事は危険で、

必ず人に持たせて火を警戒する必要がありました。

そこで、夜中も作業をする学校や役人の家では、松明を持つ係がいて

学校が終わるまで、或いは主人の作業が終わるまでは、

室内で、延々と松明を持ち続けないといけなかったのです。

 

学校の場合には、弟子同士で松明の係を交代して回していますが、

役人の家の場合には、一晩中、松明を持ち続ける係の人は、

大層、しんどかったであろう事が想像できます。

 

加減が激ムズ! ヒゲを焼いてしまう、ライター相手の灯り係

陳寿

 

また、当時は夜に執筆をする人も松明を近くにおいて文字を書いています。

執筆は自分の影が出来ても暗くて文字が書けませんから、次第に灯り係の人を近くに

寄せるようになり、案の定、熱中している間に松明に顔が近づきヒゲを火で焼き

「うわっちゃああああ!あちっ!あちっ!」というような、

コントのような事件も多数発生したという事です。

 

もしかしたら、三国志を書いた陳寿(ちんじゅ)も書いてはいませんが、

執筆に熱中して何度かヒゲを焼いたかも知れませんね、

 

関連記事:陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

 

厳しく守られた灯り係の人の礼義作法

荀彧

 

灯り係には、厳しい決まりがありました。

まず、灯り係は部屋の片隅に行かなければなりません。

松明の煙や灰で人の迷惑にならない為です。

 

孔子(こうし)の弟子である曾子(そうし)が病気で寝込んだ時にも、

一人の童子が部屋の隅で松明を灯している様子が記録されています。

 

また「礼記」によると、松明を持つ人は松明を譲り合ったり、

遠慮をしたり、歌を歌うような事も厳禁とされています。

このような行為で気が緩んで、誤って松明を落してしまうと

火傷や火災の危険があった為です。

 

灯り係の人は、必ず松明は左手に持ち、真下には灰落としの皿を置いて、

灰はすべて、この皿に落ちるようにし、

仮に衣服に灰がついたら必ず右手で払い落します。

 

予備の薪を近くにおいて、燃えている時間を見て、

新しい薪を松明に差し込んで火が絶えないように工夫しました。

 

関連記事:【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

三国志節約術!宴会は始まるまで真っ暗だった・・

月 f

 

宴会は、仕事が終わってから、始まる事も多く夜になる事もあります。

しかし、当時の人々は松明の消費を節約する為に

出席者が全員揃うまでは松明は点けないようにしていたようです。

 

宴会が始まるまでは、室内は真っ暗という事ですが、

長時間続く宴会では、松明の消費もバカにならないので、

そのようにして経費を節減している家庭も多かったようです。

 

始まるのを待っている間、出席者は本も読めないし、

真っ暗で何も出来ないので、さぞや退屈だったでしょうね。

 

関連記事:こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、この松明には、もうひとつ不便な点がありました。

それは、密談が出来ないという事です。

夜中に不穏な計画を練ろうとしても、かならず部屋の隅で

松明を持って立っている部下がいて邪魔です。

 

今と違って、当時の夜は静かですから、ヒソヒソ声は

嫌でも松明係に聞こえてしまう事になりました。

このような事から、陰謀をめぐらす時には油燈を使うか、

外に出て、月明かりの下で話をするか、

いっその事、昼に相手を呼んで密談するしかなかったのです。

 

昼に行われる陰謀って、なんだか間抜けな感じですね。

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 梁冀(りょうき) 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群…
  2. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介
  3. 皇帝に就任した曹丕 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご…
  4. 関羽に手紙を送る陸遜 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
  5. 李儒 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  6. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  8. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 環夫人
  3. キングダム45
  4. 呂不韋
  5. 車に乗る諸葛亮
  6. 病気がちな孔明
  7. キングダム
  8. 孫権に煽られて憤死する陸遜

おすすめ記事

  1. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  2. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  3. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 劉表に反旗を翻する張羨
  4. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの? 降伏する劉禅
  5. 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの? 大久保利通 幕末
  6. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」

三國志雑学

  1. 王昭儀
  2. 怒る曹操
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. 関羽の青銅像
  3. 蜀の魏延
  4. 曹操と劉備
  5. 薩摩藩の島津義弘

おすすめ記事

【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの? 後継者争い 劉協と劉弁 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 司馬懿と公孫淵 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 曹操と荀彧の三顧の礼 荀彧のここが「イケメン」すぎる3選!本当に荀彧はイケメンだった? 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 殷の大様002 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP