呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!




朝まで三国志

 

三国志は1800年の昔の中国の物語です。

当然、国も違いますし、時代も違い、習慣も違います。

 

今の日本では普通でも、三国時代では、無茶苦茶失礼という事も普通にあるのです。

 

kawauso

 

いつ、タイムスリップして、憧れの三国志武将にあっても大丈夫なように
(そんなのkawausoだけだ!)知っているようで知らない三国志世界のマナーを一緒に勉強しましょう。



クエスチョン1 間違うと首が飛びかねない常識

三国志クイズ

 

さて、黒田(猫)さんのやり方をパクり、いきなりクイズといきます。

 

劉備 だらしない

あなたの目の前を劉備(りゅうび)さんが、ヒマそうに、のこのこ歩いてきました、

さて、あなたは、どう呼んだらいいですか?

 

 

a:失礼の無いように劉備さんと呼ぶ!

 

b:親しみを込めて玄徳(げんとく)さんと呼ぶ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、bの玄徳さんです。




aの呼び方は、最悪、首が飛びかねない失礼なやりかた

朝まで三国志 劉備

 

実は、一見丁寧に見える、aの呼び方は、三国志の世界では最悪のタブーです。

私達は、つい日本の名前の感覚で、劉備玄徳=木村拓哉という感じでとらえますが

これが大間違いで、劉備の「備」は名と呼ばれますが、同時に諱(いみな)と

呼ばれ、余程親しい人間以外は呼んではいけない決まりなのです。

 

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

 

諱って一体、なんなの?

表情 劉備03

 

諱とは、その人が産まれた時につけられる本当の名で、生涯変わらないものです。

この諱には、他人に知られると行動をコントロールされてしまうという、

呪術的な意味合いがあり、周辺を歩いている悪霊や、禍者、他人には決して、

知られてはいけないものでした。

 

その為に、当時の人々は、本当の名前以外に、子供の頃は幼名というのを持っていて、

小さい頃には、この幼名で読んで、諱を呼ぶのを回避していました。

 

ですので、これを敢えて呼ぶのは喧嘩を売っているという事になります。

 

玄徳さんも劉備なんて言われた日には、

「ワレェ、何、人の諱、呼んどんのじゃあ、ゴルァ!!」と激怒する事必死です。

 

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

関連記事:中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

関連記事:皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

 

諱は、中国ばかりではなく、日本にもあった

孫権日本

 

幼名と言えば、日本でも鎌倉や戦国時代の人物名にありますよね?

源義経には、牛若丸、伊達政宗には、梵天丸、徳川家康は竹千代という、

幼名がありましたが、彼等にも諱はあったようです。

 

その諱とは、家康とか、政宗という名前の部分なのです。

彼等も生前は、特別に親しい人でない限りは、名前を呼ばれる事はありませんでした。

逆に、彼等のライバルは、諱を呼び捨てにして、憎悪や嫌悪を表しました。

 

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

 

三国志の武将が上司だった場合には?

曹操

 

では、もし、三国志の武将が友達ではなく、自分の上司だったり

上役だったりした場合には、どうなるのでしょう?

 

この場合には、当人の姓+肩書きという事になります。

 

例えば、玄徳さんの場合、以前の徐州牧だった頃を考えると、

劉徐州牧様!というのが、失礼のない呼び方という事になります。

 

曹操の場合には、曹丞相!という事になりますね。

 

三国志武将に手紙を書く宛名は?

三国志大学 劉備

 

では、三国志武将に手紙を書く場合には、一体どうなるのでしょうか?

この場合には、玄徳さんの場合、徐州牧劉備様、或いは殿というのが正しいようです。

 

あれ?諱はいいの?と思うかも知れませんが、諱は発音するのがまずいだけで

文字に書く場合には失礼ではないのです。

ちょっと、ややこしいですが、手紙のマナーですので覚えましょう。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

何だか難しそうですが、ポイントは諱を呼ばない事、

そして、呼ばないといけない時は、字で呼び敬称を付ける事、

上役や、目上だった時には、姓+役職名+敬称、と覚えておけば

問題はないかと思います。

得に、上下関係になく親しいなら、名前だけで大丈夫です。

 

ちなみにはじさんでは、分かりやすさと、大人の事情により、

あえて、三国志の武将達は諱も込みで呼んでいます。

あくまで分かりやすさの為なので、ご容赦を・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—





よく読まれている記事

kawauso

 

よく読まれている記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの?
  2. 蜀の魏延 魏延の「反骨の相」は権力争いに利用された?魏延を誅殺した真犯人と…
  3. 曹丕 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?
  4. 今川義元 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  5. 悪い顔をしている諸葛亮孔明 諸葛亮の特徴である羽扇は、日本でも中国でも軍師の必須アイテムだっ…
  6. 韓信 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  7. 羌瘣 【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事…
  8. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蔡琰
  2. 大久保利通 幕末
  3. 劉備と孫権
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 李典
  6. 曹丕と曹操
  7. 司馬遷(しばせん)
  8. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル

おすすめ記事

  1. 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう! 篤姫
  2. 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? 太史慈
  3. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  4. 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説 黄忠の様子を見に行く趙雲
  5. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介! 武田信玄と徳川家康
  6. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 朱桓(しゅかん)

三國志雑学

  1. 郭嘉を推薦する荀彧
  2. 張飛と本多忠勝
  3. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. カール・マルクス
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 孔明
  4. 敵対勢力を殺害する賈南風
  5. 夏侯覇の妻は誰?
  6. 前方後円墳(古墳)

おすすめ記事

四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】 呉の孫権 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 宦官を一掃することを決意する何進 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚 公孫サンは英雄劉備が真似した人物 公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP