キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙

親バカな諸葛孔明




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

孔明

 

三国志演義の中では、万能の天才軍師、正史三国志では小国蜀を率いて、

苦悩する政治家としての側面が強い、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

しかし、そんな孔明には、家庭人としての一面もありました。

特に、彼の息子、諸葛瞻(しょかつ・せん)への思いは人一倍のものがあったようです。

今回は、物語では、触れられない、父、諸葛亮孔明の姿を追います。




孔明の嫁、黄夫人を娶ったのは、不細工好きだからではない

黄月英

 

孔明の妻は、色黒い醜女と評判だった黄承彦(こうしょうげん)の娘、黄月英です。

世間では、「孔明の嫁取りは見習うな」と囃されたそうですが、

決して孔明が不細工好み、岩鬼そこのけの悪球打ちだったわけではありません。

 

実は、黄承彦は荊州では名士で、黄承彦の妻は荊州の名族、蔡帽(さいぼう)の姉でした。

それは、黄家が、蔡家を通じて荊州牧の劉表(りゅうひょう)

繋がっていたという事です。

孔明は、元々は琅邪郡(ろうやぐん)陽都(ようと)の人で、

荊州には戦乱を避けて逃れてきた、よそものに過ぎません。

 

人材登用が、ほぼコネであった当時、地元の名士と血縁関係を結ぶというのは、

将来の出世の為に絶対必要な事でした。

つまり、黄承彦は、孔明の将来を見込んだ青田買いで、娘を嫁にやり、

受けた孔明には、荊州の名士として出世したいという打算があったのです。




仲が睦まじい、孔明夫妻だが、子供に恵まれない・・

孔明 出師

 

しかし、政略結婚とは言え、孔明と黄夫人の仲は睦まじいものだったようです。

ほどなく、子供が授かるかと思われましたが、どういうわけか、

二人は結婚しても長らく、子供に恵まれませんでした。

 

そこには、孔明が劉備の軍師として忙しい毎日を送っていた、

という理由もあるのかも知れません。

或いは、当時としては当たり前の妾(めかけ)を孔明が持っていないので、

黄夫人が懐妊しない限り、子供は生まれないという状態だった

という事かもしれないです。

 

弟に子がない事を心配した兄の諸葛瑾(しょかつ・きん)が養子を与える

諸葛瑾2

 

その事を心配した、兄の諸葛瑾は、孔明の家が絶えるのを惜しんで、

次男の諸葛喬(しょかつ・きょう)を養子として送ります。

諸葛喬は、西暦204年の生まれですから、

10歳程度で養子に出されたという事かも知れません。

 

諸葛喬は若い頃は、霍弋(かくよく)と共に各地を旅行して見聞を広めた

とされていますから、恐らく10代で蜀に至ったのでしょう。

 

彼は、兄の諸葛恪に才能は及ばないものの、人格では父譲りだった、

という記録がありますから、清廉で謙虚という、孔明好みの人物と言えます。

子供のいない孔明は、この甥っ子に強い期待を掛けました。

 

西暦227年、諦めていた子供を授かる孔明

孔明

 

ところが、丞相の仕事に邁進していた孔明に吉報がもたらされます。

諦めていた男子が誕生したのです、孔明は48歳になっていました。

それが、一子の諸葛瞻(しょかつ・せん)ですが、

生母が黄夫人かどうかは分かりません。

年齢的に、黄夫人が出産したというには難しい年齢だからです。

 

もしかしたら、家が絶える事を心配した同僚か親族が、

妾を持つ事を勧めて、それに孔明が応じたという事かも知れません。

 

折しも、その年は、孔明が北伐を決行する年でもありました。

守るべき、新しい生命の誕生を見て、孔明の中には、

「我が子が成長するまでに、魏との戦いに何らかの目鼻をつけねばならない」

という気持ちが産まれたかも知れません。

 

息子の成長を兄への手紙で報告する親バカ孔明

孔明

 

西暦234年、孔明は五度目の北伐に出ます。

これが五丈原の戦いで、孔明の人生が終わりを迎える時です。

 

この年、一人息子の諸葛瞻は、まだ8歳でしたが、

幼いながらも聡明で孔明を喜ばせていました。

パパ孔明は、兄である諸葛瑾に手紙を書いています。

 

「息子は、もう八歳になりました、才気煥発なのですが、、

私は、早熟である事を恐れています。

あまりに早熟だと、大器にならないとも言いますし・・」

 

子供が利発である事を喜ばない親はいません、しかし、

余りに早熟だと二十過ぎればただの人という事にならないかと

孔明は、心配していたのです。

 

そう考えると、気が早いというか、微笑ましい、

父としての孔明の親バカぶりが伝わってきます。

 

この手紙に諸葛瑾は、なんと返事を書いたのでしょうか?

その事が伝わっていないのは、残念です。

 

シミルボン

 

【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  3. スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  4. 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  5. 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  6. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  7. ボロボロになった馬超 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  8. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 岳飛(南宋の軍人)
  3. 織田信長

おすすめ記事

  1. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論 許チョ(許褚)
  2. 【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押した弟子
  3. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  4. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  5. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 甘寧 ゆるキャラ 三国志
  6. 戦国策【斉策】滅亡寸前の国を知恵で蘇らせるの巻 「斉」の旗を持った兵士

三國志雑学

  1. 法正と劉備
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  2. 邪馬台国と魏軍の兵士
  3. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

おすすめ記事

【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』? 幕末 大砲発射 大鳥圭介とはどんな人?函館戦争に参加する経緯まで紹介 官渡の戦い 曹操 勝利 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。新コンテンツ「千里行」と、完全オリジナルシナリオを追加! 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

おすすめ記事

  1. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  2. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  3. 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら 三国志時代のひざまくら
  4. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  5. 呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由
  6. 第7話:三国夢幻演義 龍の少年「廬江の少年たち」配信中
  7. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!
  8. これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権 呂蒙を慰める孫権

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP