ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

親バカな諸葛孔明




親バカな諸葛孔明

 

諸葛瞻(しょかつせん)、字は思遠は諸葛亮の実子です。

227年生まれですので、諸葛亮が46歳の時の子となります。

 

三国志演義』では黄夫人の子とされていますが、実際に母親が誰であったのかは伝わっていません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?

関連記事:【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法

 

 

幼くして父と死別

孔明過労死

 

諸葛亮は諸葛瞻が生まれた翌年の228年から5度の北伐を行った上に54歳で亡くなりますので、2人が関われた年月はあまり長くありませんでした。

諸葛亮の死亡後、幼くして父の「武郷侯」の爵位を継ぎます。

その頃の蜀軍の中枢は働き盛りの蒋琬費禕董允姜維らが担っていました。

 

 

若い頃より重用されるけど

孔明 出師

 

幼い頃より父からも「利発だけど早熟で将来大成しないんじゃないかと心配(何か諸葛一族の2代目にはこんなのばっかり…それとも親バカか)」と言われ、

また長じてからは頭が良いだけでなく書道や絵画といった文化にも通じるようになりました。

 

成人後は皇帝劉禅の娘を妻とし、若くして騎都尉、羽林中郎将に任じられ、尚書台(皇帝への上奏を取り次ぐ部署)の副官である尚書僕射など順調に出世し重用されましたが、

実際の功績よりも父親の絶大な名声、いずれ父のようになって欲しいという周囲の期待の方が大きかったようです。

 

諸葛瞻は出世するが功績は残していない

 

出世はするものの、諸葛瞻の伝には特に功績らしき事は残っていません。

そして姜維の北伐には反対の立場を取り、後の黄皓による宮廷での専横を止める事もできませんでした。

 

それどころか北伐司令官を姜維から閻宇という黄皓派の武将に交代させようともしていました。

演義の蜀滅亡時に描かれている「反戦派だった多くの文官達」の1人です。

しかし、その最期は敵国からも大いに讃えられるものでした。

 

綿竹で息子と共に討死

 

263年、魏による大規模な討伐が行われ蜀は滅亡します。

 

この戦いの時に諸葛瞻は、成都のすぐ北東にある綿竹に陣を構えました。

既に後退した後の布陣であり、攻めてくる魏の武将鄧艾の勢いは止められません。

綿竹が破られれば成都まであっという間です。

 

そんな状況の陣中に鄧艾より降伏勧告が届きます。

降伏するならば諸葛亮の故郷、琅邪の王にと上奏しようという内容でした。

これに怒った諸葛瞻は使者を切り、鄧艾と全面対決の姿勢をとります。

 

はじめは善戦するもののじきに鄧艾軍に大敗し、まだ18歳の息子諸葛尚や張飛の孫らと共に戦死しました。

37歳でした。

 

絶望的な状況でも降伏を良しとせず、国と命運を共にした姿勢が司馬炎から「信義を貫き通した」と賞賛されたり、

干宝(晋の官僚っで文人)や裴松之に「忠孝を尽くした」と評価されています。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

 

子孫は晋に仕える

 

諸葛瞻の息子にはもう一人、諸葛京、字は行宗が居ます。蜀滅亡時はまだ年少で(生没年は不明)戦場には出ていませんでした。

 

蜀が滅亡した翌年、諸葛瞻の義兄諸葛喬の孫の諸葛顕と共に河東郡(当時山西省辺りにあった郡)へ移された後、268年には陳寿らと共に晋に仕え、

県令として実績を積んだ後に江州(現在の江西省九江市の辺り)刺史となっています。

優秀な人物だったようです。

 

現在諸葛亮の後裔と名乗る一族は、この諸葛京から続くとされています。

 

三国志ライターの栂みつはの独り言

はじめての三国志ライターみつは様

 

真偽のほどはさておき、もしも諸葛瞻が鄧艾に降って本当に取り立てられていたら、晋でのこうした繁栄はあったでしょうか?

 

まあ鄧艾は蜀滅亡後に鍾会のクーデターにより死んでしまいますので、これに巻き込まれた可能性は大いにありますが…。

蜀時代の軋轢から、陳寿の諸葛瞻評は中々厳しいものがあります。

 

そして諸葛瞻自身の事跡もあまり褒められたものではありませんでしたが、

もはや斜陽となった蜀で父親の威光の重圧を受けながら、国に殉じ父祖や子孫に恥を残さなかった最期には、やはり同世代の人々の胸を打つものであったのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 




関連記事

  1. 90話:張任によって龐統討たれる
  2. 王平は四龍将 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  3. 龐統 ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  4. 2つの持論を展開する費禕 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…
  5. 董荼那(南蛮族) 董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族
  6. 劉備主役 なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  7. 王倫 雍闓とはどんな人?劉備の死で運命が狂った小群雄
  8. 法正と協議して蜀の法律を作る伊籍 伊籍とはどんな人?劉備に忠誠を尽くし法正と蜀の法律を作った法律家…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王賁
  2. 合戦シーン
  3. 曹操
  4. 上杉謙信
  5. 戴宗

おすすめ記事

  1. 魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  2. 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた? 成廉、魏越、呂布
  3. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  4. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの? 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  5. 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  6. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 魏曹操と魏軍と呉軍

三國志雑学

  1. 劉備を警戒する陳羣
  2. 真田丸
  3. 徐庶
  4. 孫策 頬


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 李典
  3. キングダム53巻
  4. 公孫康
  5. 孫権 弔い出陣
  6. 献帝
  7. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

孟節(南蛮討伐) 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族 篤姫と幾島の本当の関係は? 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は? 棗祇(そうし)食料・兵糧担当 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 牛金 牛金とはどんな人?司馬懿に恐れられて間違って殺害されてしまった残念な人 沖縄そばを食べる関羽 時空を超える関羽、琉球の民話に登場

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP