三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての呉

悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る

甘寧に殺されかける料理人
この記事の所要時間: 648




甘寧と凌統04

 

エクスペンダブルズとは、消耗品を意味しています。

まさか、呉の重鎮である甘寧(かんねい)が消耗品であるわけはない!

甘寧ファンがそう思いたい気持ちが分りますが、

実は甘寧は巷で持ちあげられる程、孫権(そんけん)に信任されている

わけではありません。

今回のはじめての三国志では、甘寧が事実はエクスペンダブルズであり、

それ故に、ストレスから料理人を斬ってしまったという説を紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




甘寧が死んだ時の孫権の冷淡さ・・

呂蒙 孫権

 

孫権という人は、孔明とは対照的にお気に入りが死んだ時の

感情がストレートに出る人物です。

呂蒙(りょもう)が病床に伏せば、薬を届け、ストレスを与えないように、

壁に穴を空けてそっと見守り、濡須の戦いで瀕死の重傷を負った

凌統(りょうとう)には涙を流しながら自ら薬を塗ります。

張昭(ちょうしょう)が死んだ時には、君主でありながら平服で弔問に訪れていますし、

自分の守役だった周泰(しゅうたい)が、徐盛(じょせい)ら古参に侮られると、

酒の席で周泰の衣服を脱がせて、その傷だらけの体の傷の

一つ一つを説明している程です。

 

そして、お気に入りが死去すると必ず、その子孫に

軍勢を継がせて、お前も父と同じように信任しているよと

メッセージを与えるのが常でした。




甘寧の息子は甘寧の軍勢を継げなかった・・

遅れて来た孫権 英雄

 

ところが、孫権は甘寧が死んだ時には、痛惜した

とあるだけで息子の甘瓌(かんかい)には軍を継がせず、

潘璋(はんしょう)の部曲に組み込ませているだけです。

さらに輝かしい功積を残した甘寧の息子は、間も無く罪を犯し

特に赦免される事もなく、病死しています。

 

どうして、孫権は甘寧に冷たいのか?それは、

甘寧の前半生を見てみると、まあ、無理からぬ事ではあるのです。

 

蜀を乗っ取ろうとして失敗、流浪の人生を送る甘寧

甘寧 ゆるキャラ 三国志

 

甘寧は巴郡の人で、つまり蜀のエリアで生まれています。

生没年は不詳ですが、履歴から見ると、曹操(そうそう)達と同期で、

若い頃から乱暴者同じく不良少年を集めては着飾ったファッションで

男伊達を気取り、一端の任侠として有名でした。

20年程も暴れ回ると、甘寧は急に悟りを得たように学問をしますが、

40歳に差し掛かる頃に、益州牧の劉焉(りゅうえん)が死去、その混乱に乗じて、

長安の李傕(りかく)・郭汜(かくし)と組んで蜀を乗っ取ろうとして

劉璋(りゅうしょう)に敗れ失敗したと王粲(おうさん)の英雄記の記述にはあります。

 

後に甘寧は、孫権の配下になると、唐突に益州を取りましょうと

未練がましい事を言っているので、一度クーデターを起こして

しくじったという英雄記の記述は信憑性が高いとおもいます。

 

その後、荊州の劉表(りゅうひょう)を頼るも、粗暴な人柄を見透かされ用いられず、

長江を下って孫策(そんさく)に仕えようと考えても、その途中を黄祖(こうそ)が

支配していて通過できず、やむなく黄祖の配下になりました。

 

どうでしょう?孫権としては、粗暴な任侠の親分が、

クーデターに失敗して黄祖の陣営に落ちたのが甘寧です。

確かに戦争では天下無敵かも知れませんが、心から信じるわけにはいかない

なにしろアイツは一度、国の混乱に付け込んで、それを乗っ取ろうとして

失敗した前科があるしな!と思ったのではないでしょうか?

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

孫権の冷淡な甘寧の扱い1 救援要請があるまで夷陵城に放置プレイ

周瑜

 

甘寧の放置プレイが見られるのは、赤壁の戦いの後です。

曹操が鄴に逃げ去った後、曹仁(そうじん)は南郡で踏みとどまり、

そこに周瑜(しゅうゆ)が攻撃を掛けます。

その時、甘寧は自分の兵士を夷陵城に振り向けてこちらを陥落させてしまうのです。

周瑜伝では、この計画は周瑜も了承しているようですが、前後を見ていると

周瑜はとても甘寧程度の兵力では夷陵は抜けないと思っていたようです。

 

夷陵陥落に気がついた曹仁は、六千名という軍勢で夷陵城を包囲します。

一方の甘寧の兵は募兵しても千名足らず、それでも甘寧は余裕の表情で

籠城しますが、さすがに守りきれないと考え周瑜に救援要請を出します。

 

甘寧から救援要請を受けた周瑜は、そこでまさかの夷陵城陥落の

報告を知り、大いに慌て、なんと、まだ校尉ですら無い凌統(りょうとう)

背後に残して、周瑜と程普(ていふ)の主力で甘寧救出に向かっています。

その理由は、夷陵城が戦略上の要衝だったからで、

「甘寧デカした儲けモノ!救ってやるから城を死守しろよ」という事でした。

 

もし、甘寧が夷陵城を落せず包囲したままだったら、

周瑜がわざわざ救援に赴いたかどうか怪しいモノです。

 

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

孫権の冷淡な甘寧の扱い2 六十歳過ぎても鉄砲玉扱い

甘寧と凌統

 

甘寧と言えば、魏の朱光(しゅこう)が守る皖(かん)城をまたたく間に陥落させて、

呉の喉元の棘を引き抜いて、合肥の戦いの切っ掛けを造っています。

その一番乗りを見ると、甘寧の勇猛さは、さぞかし孫権に信頼されていた

かのように見えます。

 

しかし、よく考えてみると、皖城の戦いの時の甘寧は六十歳の老人武将です。

その甘寧が、もっとも死ぬ確率が高い、城壁よじのぼり部隊を率い、

あまつさえ、自身が練り絹(ロープ替わり)を掴んで

壁をよじ登るというのは鉄砲玉扱いにも程があります。

 

ここまで手柄を立てていれば、いい加減、前線からは少し離れるのが普通です

ところが、甘寧は、ほぼ死ぬまで前線に立ち続けています。

さらに、皖城で命がけの手柄を立てながら、甘寧の功積は呂蒙に次ぐのです。

後方にいて督戦していた呂蒙より甘寧の功積は落ちるというのです。

 

トドメを刺すようですが、呂蒙は戦争に出なければ、貧しい暮らしから

抜けだせないような貧家の出身で、おまけに甘寧より二十は年下です。

 

身分では、甘寧と差が無く、おまけに年下の呂蒙の配下として

甘寧は甘んじていたのです。

これは甘寧のプライドから考えると、相当な屈辱ではないのでしょうか?

 

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

関連記事:凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

 

孫権の甘寧への冷淡な扱い3 濡須での無茶ぶり度合い

張遼 カカロットーーーー!

 

濡須の戦いでの甘寧は、前都督として魏軍に怖気づく、部下の都督を

叱責して、酒を飲ませ、大いに士気を高めて、夜襲を掛け

魏軍を震え上がらせた功積で知られています。

 

ここで孫権は、魏には張遼(ちょうりょう)がいるが、わしには甘寧がいると言い(呉書)

いかにも、甘寧は孫権の信任を得たように見えます。

ですが、これにしても、呉は序盤で暴風雨により重臣董襲を失っているのです。

 

孫権

 

つまり、孫権は自軍の士気回復の為に、まず魏軍の度肝を抜いて、

同時に呉軍の士気を高める必要がありました。

しかし、重臣を使い失敗して死なれたら、士気どころか軍は崩壊です。

ならば、甘寧を焚きつけ、成功すれば儲けモノ、失敗したら

厄介払いと孫権は考えたのです。

 

他所者の甘寧が死んでも呉軍のダメージは少なく、

勝てば魏にダメージ、自軍の士気はあがります。

それを見越しての孫権の無茶ぶりであり甘寧はそれに

見事に応えたのです。

 

孫権

 

(うひょ~使えるな、この鉄砲玉!)

 

孫権が甘寧を張遼に比したのは、うちの鉄砲玉凄いぞ、

どんな無茶ぶりでもよけないぞという、甘寧の命知らずぶりに対する

賞賛だったのです。

 

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

関連記事:【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!

 

ストレス爆発!甘寧が料理人を斬った理由・・

甘寧に殺されかける料理人

 

甘寧は乱暴で殺人を好む危ない人ですが、勇気抜群で財を軽んじ

気前がよいので、部下には慕われました。

が、ある一定の地位にある人は、その傍若無人を嫌い、

心を許そうとはしなかったのです。

合肥でも仇敵の凌統と共に、魏の張遼にも劣らぬ働きをした甘寧ですが

その評価は相変わらず便利な鉄砲玉に過ぎず、

将軍号は雑号で地位は西陵太守でした。

ここまでやってれば普通は列侯に叙せられ領地も食邑もある筈なのに

そのような記述もありません。

 

六十も過ぎて、一向に出世しない自分に焦っている時、甘寧の料理人がヘマをします。

そして、こともあろうに年下で甘寧の上司である呂蒙の所に逃げ込むのです。

 

「てめえ、、俺が呂蒙相手ならビビって手が出せないと思ったのか!」

 

甘寧は怒り、舌打ちしながら、呂蒙に料理人を返して欲しいと頼みますが、

甘寧の性格からして返せば、殺すに違いないと思った呂蒙は返しません。

腹が立った甘寧は、一計を案じ、呂蒙の母に贈物をして仲介を頼みます。

呂蒙は親孝行で有名なので、母をダシに使えば料理人を返すだろうと

目論んだのです。

 

策略は的中、母に説得された呂蒙は、絶対に殺さないという約束で

渋々料理人を甘寧に返しました。

もちろん、甘寧は約束を守らず料理人を木に縛りつけ射殺します。

これは、料理人の逃亡が甘寧のストレスと呂蒙を結びつけた

非常に不幸な事件だったのです。

 

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

呂蒙の母激白、殿が許しても私情で同僚を殺してはいけません

甘寧と凌統06 孫権と呂蒙

 

甘寧が約束を破り、料理人を殺した事を知った呂蒙は激怒しました。

自分を欺いたのもですが、母をダシに使った事が親孝行な呂蒙には

許せません、すぐに船を集め陣太鼓を鳴らして甘寧を攻める準備をします。

 

「甘興覇、貴様は年上故、私も気がねし大目に見てきたが

今回という今回は許せぬ、我が役目にかけて成敗してくれる」

 

一方の甘寧は、謝りもせず、船の上で寝てしまっています。

異変を知った呂蒙の母は、裸足でやってきて息子に言いました。

 

「息子よ、あなたは殿様に身内のように重んじられているのを

忘れてしまったのですか?

どうして私情によって仲間同士で争うのです!

殿様が、あなたの罪を問わないとしても、あなたは君臣の道を

違えた事になってしまうのですよ」

 

しれっと言っていますが、赤字を見ると、孫権が呂蒙と甘寧の

どちらを重んじていたか分ります。

ここで、呂蒙が甘寧を討っても不問ですが、甘寧が呂蒙を討てば

反逆罪という事です、はい、天地の開きですね。

 

呂蒙は思いなおし、自ら甘寧の船に行き、今までのいきさつを

水に流し、母の手料理を共に食べようと話かけます。

甘寧も、本気で叛く気はないようで、それを聞くと、涙を流し

「貴方様にはいつも世話になる」と呂蒙に感謝しました。

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

甘寧は、いつ死んだか、よく分っていませんが、

潘璋が軍を引き継いだ時期を考えると215年~219年の間のようです。

度々の手柄にも関わらず、甘寧は封侯もされておらず、

子孫も優遇される事がありませんでした。

 

それを考えると、孫権にとっての甘寧の評価が分ります。

やはり、便利な鉄砲玉、エクスペンダブルズの範疇を出なかったのです。

最期まで前線に立ったと言えば聞こえはいいですが、

料理人の件といい、甘寧には口には出せない哀しいコンプレックスが

常に胸中に渦巻いていたのではないかと思います。

それが気性の荒い凶暴な甘寧を生み出したとは言いすぎでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備に足りないもの 三国志 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  2. 韓信と劉邦 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?…
  3. 黄巾賊 滅ぼされる 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりや…
  4. 呂壱と孫権 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  5. ハンニバル 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画…
  6. 劉表 三国志 ゆるキャラ 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備
  7. 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  8. 宋姫 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 料理人
  2. 8月分週間まとめ
  3. 荀彧 袁紹
  4. エドワード黒太子 wiki
  5. 三国天武
  6. 沙摩柯
  7. 三国志 武器
  8. 三国志乱舞
  9. 蔡琰
  10. 孔明と姜維

おすすめ記事

  1. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 呂布VS劉備三兄弟
  2. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR) 張衡
  3. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル 01_main
  4. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】 公孫淵
  5. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 逃げる劉備追う曹操
  6. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 黄権

三國志雑学

  1. 馬車
  2. 陶謙
  3. そんろは 孫魯班
  4. 集合
  5. 水魚の交わり

ピックアップ記事

  1. 劉彰
  2. 劉備 人望
  3. 孔明
  4. yoriburin
  5. 荀彧 はじめての三国志
  6. photo credit: Spring colors ... via photopin (license)
  7. 銅雀台 引用
  8. 若かりし劉備 チャライ★

おすすめ記事

夏侯覇の妻は誰? 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観 曹操 ヨイショ 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男 5月週間まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 太史慈 孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 曹操VS孫権R2 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2 曹操と劉備 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 蔡琰 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人

おすすめ記事

  1. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 曹操 船酔い
  2. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 通俗子 張飛 女性
  3. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍 張翼
  4. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期 献帝
  5. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 桓騎
  6. 東方明珠って、何者? 東方明珠 三国志
  7. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス そこまで言って委員会04a 孔融と禰衡
  8. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! テルマエロマエ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP