ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




キングダム44

 

中国史は現在非常に人気が出てきています。

そのきっかけを作ったのは戦国春秋時代を知ることのできる人気漫画「キングダム」の人気が

多いにあるでしょう。

私も無名な李信を主人公にしていることがきっかけで読み始めて、

随分はまっております。

また中国史は横山氏が書いた三国志も非常人気があります。

三国志を知るにはまず横山氏の本を読むのがわかりやすくていいのではないのでしょうか。

他にも元を取り扱った「シュトヘル」や孫臏(そんぴん)を主人公にしている

「ピン」などもオススメです。

では日本の戦国時代を楽しくてわかりやすく知ることのできる漫画はないのでしょうか。

ここでは、「はじめての三国志ライター」黒田廉が

オススメする戦国時代の漫画をご紹介したいと思います。

 

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

はじめての三国志全記事一覧はこちら




戦国時代漫画その1:マイナーな武将が主人公だけど戦の検証がすごい「センゴク」

 

私がオススメする漫画の一番初めはやはりこの漫画しかないでしょう。

それは「センゴク」です。

漫画の名前通り美濃(みの)出身の仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)を主人公として

取り上げて、彼を中心として信長や秀吉、石田三成や徳川家康、黒田官兵衛、竹中半兵衛などの

戦国武将や彼が参加した長篠の戦(ながしののたたかい)や比叡山焼き討ち、

中国地方攻略戦などの戦を取り上げております。

この漫画のすごい所は合戦などの検証をくわしく行っており、

長篠の戦いがどのように行われて、どうやって武田軍が壊滅したのか。

またどのような戦い方を織田軍が行ったのかを

くわしく検証している点が他の戦国時代を題材とする漫画と一線を画しています。

ここまで詳しく詳細に戦国時代を検証している

漫画は「センゴク」だけと言っても過言ではないでしょう。

戦国時代に詳しくなりたいならまずこの漫画をオススメします。




戦国時代漫画その2:今までとは違うファンタジーな漫画「ドリフターズ」

 

 

戦国時代の漫画といえば歴史漫画ですので、

ちょっと堅苦しいと思われる人も多いのかもしれません。

しかし今から紹介する漫画は堅苦しい歴史のイメージを払拭した漫画です。

その漫画は「ドリフターズ」といいます。

現在深夜にアニメが放映されており、人気が徐々に高まっている漫画です。

この漫画の主人公は島津四兄弟の内の一人である島津家久の息子豊久(とよひさ)です。

彼は関ヶ原から退却する叔父・島津義弘を逃がすために少数の兵を率いて、

殿を務めて討ち死にしてしまいます。

ここから物語はスタートし、彼は異世界へと飛ばされてしまうのです。

この異世界では歴史上に出てきて亡くなった人物達が活躍している世界となっており、

織田信長や那須与一(なすのよいち)土方歳三、ジャンヌ・ダルクなど西洋・東洋問わずに

歴史上の人物が登場してきます。

あんまり歴史漫画と関係ないじゃんと思われるかもしれませんが、

今までの歴史の堅苦しさをなくした漫画だと言えるので気になる方はご覧下さい

 

関連記事:ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?

関連記事:日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

 

戦国時代漫画その3:漢の生き様を見せ付けられる「花の慶次」

 

黒田廉がオススメする漫画のラストは前田利家の兄利久の息子である

前田慶次郎利太(まえだけいじろうとします)が主人公となっている「花の慶次」です。

この作者は北斗の拳を書いている作者で、

スロットやパチンコなどで知っている方も多いと思います。

史実の慶次郎が本当にこんなに強かったのかどうかはわかりませんが、

読んでいて胸が熱くなります。

漢の生き様を刻み込むことができるオススメの漫画です。

 

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は戦国史のオススメ漫画をご紹介しました。

私は戦国史は歴史漫画を読むと非常に面白く感じ、

この人はこの視点から漫画を書いているんだとわかり、

また新たな知識になるので漫画を読むことをオススメします。

皆さんも歴史の堅苦しいイメージに惑わされずに、

漫画を読んで楽しく歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 上杉謙信 上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは?
  2. はてなマークな劉備と袁術 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス…
  3. はじめての三国志 画像準備中 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  4. 燃える本能寺 明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?
  5. 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  6. 三国志大学を目指す曹操 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  7. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  8. 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 立花宗茂
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. 関羽に手紙を送る陸遜
  5. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  6. 孔明
  7. 西遊記 三国志

おすすめ記事

  1. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 卞夫人 曹操
  3. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? 武器・農業器具を制作する張裔
  4. キングダム580話最新ネタバレ予想、飛信隊覚醒には理由がある! キングダム52巻
  5. 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  6. 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 徐晃と夏侯淵
  3. 村人 ショッピング
  4. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛
  2. 項燕
  3. 呂布と袁術
  4. 蒼天航路
  5. 孔明
  6. スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)
  7. 曹操に降伏する教祖・張魯

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 孟達と曹丕 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦 魯粛と袁術 レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 胡亥 阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!? 井伊直政 井伊直政は本当にイケメンだった?戦国時代のイケメン武将はどんな人? 于禁 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP