三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




キングダム44

 

中国史は現在非常に人気が出てきています。

そのきっかけを作ったのは戦国春秋時代を知ることのできる人気漫画「キングダム」の人気が

多いにあるでしょう。

私も無名な李信を主人公にしていることがきっかけで読み始めて、

随分はまっております。

また中国史は横山氏が書いた三国志も非常人気があります。

三国志を知るにはまず横山氏の本を読むのがわかりやすくていいのではないのでしょうか。

他にも元を取り扱った「シュトヘル」や孫臏(そんぴん)を主人公にしている

「ピン」などもオススメです。

では日本の戦国時代を楽しくてわかりやすく知ることのできる漫画はないのでしょうか。

ここでは、「はじめての三国志ライター」黒田廉が

オススメする戦国時代の漫画をご紹介したいと思います。

 

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




戦国時代漫画その1:マイナーな武将が主人公だけど戦の検証がすごい「センゴク」

 

私がオススメする漫画の一番初めはやはりこの漫画しかないでしょう。

それは「センゴク」です。

漫画の名前通り美濃(みの)出身の仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)を主人公として

取り上げて、彼を中心として信長や秀吉、石田三成や徳川家康、黒田官兵衛、竹中半兵衛などの

戦国武将や彼が参加した長篠の戦(ながしののたたかい)や比叡山焼き討ち、

中国地方攻略戦などの戦を取り上げております。

この漫画のすごい所は合戦などの検証をくわしく行っており、

長篠の戦いがどのように行われて、どうやって武田軍が壊滅したのか。

またどのような戦い方を織田軍が行ったのかを

くわしく検証している点が他の戦国時代を題材とする漫画と一線を画しています。

ここまで詳しく詳細に戦国時代を検証している

漫画は「センゴク」だけと言っても過言ではないでしょう。

戦国時代に詳しくなりたいならまずこの漫画をオススメします。




戦国時代漫画その2:今までとは違うファンタジーな漫画「ドリフターズ」

 

 

戦国時代の漫画といえば歴史漫画ですので、

ちょっと堅苦しいと思われる人も多いのかもしれません。

しかし今から紹介する漫画は堅苦しい歴史のイメージを払拭した漫画です。

その漫画は「ドリフターズ」といいます。

現在深夜にアニメが放映されており、人気が徐々に高まっている漫画です。

この漫画の主人公は島津四兄弟の内の一人である島津家久の息子豊久(とよひさ)です。

彼は関ヶ原から退却する叔父・島津義弘を逃がすために少数の兵を率いて、

殿を務めて討ち死にしてしまいます。

ここから物語はスタートし、彼は異世界へと飛ばされてしまうのです。

この異世界では歴史上に出てきて亡くなった人物達が活躍している世界となっており、

織田信長や那須与一(なすのよいち)土方歳三、ジャンヌ・ダルクなど西洋・東洋問わずに

歴史上の人物が登場してきます。

あんまり歴史漫画と関係ないじゃんと思われるかもしれませんが、

今までの歴史の堅苦しさをなくした漫画だと言えるので気になる方はご覧下さい

 

関連記事:ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?

関連記事:日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

 

戦国時代漫画その3:漢の生き様を見せ付けられる「花の慶次」

 

黒田廉がオススメする漫画のラストは前田利家の兄利久の息子である

前田慶次郎利太(まえだけいじろうとします)が主人公となっている「花の慶次」です。

この作者は北斗の拳を書いている作者で、

スロットやパチンコなどで知っている方も多いと思います。

史実の慶次郎が本当にこんなに強かったのかどうかはわかりませんが、

読んでいて胸が熱くなります。

漢の生き様を刻み込むことができるオススメの漫画です。

 

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は戦国史のオススメ漫画をご紹介しました。

私は戦国史は歴史漫画を読むと非常に面白く感じ、

この人はこの視点から漫画を書いているんだとわかり、

また新たな知識になるので漫画を読むことをオススメします。

皆さんも歴史の堅苦しいイメージに惑わされずに、

漫画を読んで楽しく歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  2. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  4. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  5. 蔡琰 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  6. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  7. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  8. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 羅憲
  3. 海賊時代の孫堅と孫策
  4. 関羽を油断させる陸遜
  5. 三国志平話
  6. 袁紹にお茶を渡す顔良
  7. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!? 三国志大学で勉強する劉備
  2. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? 孔子と儒教
  3. 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介
  6. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 新選組の土方歳三

三國志雑学

  1. 辮髪(べんぱつ)
  2. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  3. 関帝廟 関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  3. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 愛妻家の魏の将軍、郭淮

おすすめ記事

中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの? はじめての三国志編集長 kawauso 【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏? 蜀 武運を誇る馬超 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP