三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?

この記事の所要時間: 243




曹仁 曹操

 

三国時代の曹操(そうそう)は戦の天才でしたが、幾度か負け戦も経験しております。

呂布(りょふ)との戦いでは何度か勝ったり負けたりしながら戦を行い、

最終的には呂布を滅ぼすことに成功しております。

日本の戦国時代の名将と呼ばれる武田信玄は今川家との同盟を破棄して、

今川の領地である駿河(するが)へ侵攻を行いますが、

今川家を支援した北条軍が武田軍の退却路を切断する作戦を展開したため、

敗北してしまいます。

だが信玄は「絶対に駿河をとってやるんだから!!」と言って甲斐へ退却し、

駿河へリベンジ戦を誓います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




リベンジ!!駿河攻略戦の前哨戦

真田丸02(武田信玄)

 

信玄は甲斐へ帰還すると駿河に再び攻撃を行う前に、北条氏に痛い目を見させないとダメだと

いうことに気づきます。

そこで彼は帰還した次の年に北条軍の領土を荒らし回ります。

彼は北条氏の重要拠点である西上野(にしこうずけ)の鉢形城や駿河の東にある城へ攻撃を

かけて陥落させています。

また信玄は北条氏康の本拠地である相模・小田原城へ攻撃を仕掛けますが、

陥落できないことを知ると田んぼに火をつける嫌がらせをした後に帰還します。

こうして暴れまわった信玄は満を持して駿河へ侵攻を開始します。




リベンジ!!駿河侵攻戦

 

 

「絶対駿河をとってやるんだから」と誓いながら退却した信玄。

彼はこの誓を守るために再び駿河へ侵攻を開始し、駿河の駿府館(すんぷやかた)へ入ります。

この地で年を越した信玄は翌年駿河に残っている今川の勢力を駆逐することに成功。

こうして駿河の支配を確立した信玄は大いに満足します。

駿河の支配が完了すると同時に長年敵対していた北条家との同盟が再度復活することになります。

こうして駿河より東の地域からの攻撃を心配しなくて済むようになった信玄の目は

西へ向かうことになります。

 

駿河の支配を重臣と親族衆へ任せて帰還

三国志 光

 

信玄はこうして駿河へリベンジすることに成功して大満足して甲斐へ帰還します。

甲斐へ帰還する前に信玄は今川家が保有していた水軍を編成し直しております。

この武田水軍は北条軍の水軍に対抗するために編成された水軍でしたが、

信玄の西上作戦でもかなりの威力を発揮することになります。

そして彼は水軍の再編成が完了すると親族衆の穴山信君(あなやまのぶきみ)を呼び

「お前と昌景の二人で駿河の経営をしなさい」と命令を出します。

こうして山県昌景(やまがたまさかげ)を駿河の中心地である江尻城(えじりじょう)に入れ、

穴山信君を興津・横山城(よこやまじょう)へ入城させて両者で駿河の軍事や行政を任せます。

この信玄の采配は信玄が生きている頃には非常に有効な人事配置でしたが、

信玄の死後、武田勝頼の時代になるのとこの人事配置が武田家を揺るがす致命的なミスと

なることを信玄は知りませんでした。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

信玄は北条氏康の領土を荒らしまわったことで、

北条軍の駿河駐屯軍を引き上げさせたことがきっかけとなり、

武田の駿河支配の確立が成功することになります。

また北条と同盟が成立したことも信玄にとって大きなプラスになったことは間違えありません。

この同盟が成立したきっかけは北条氏康(ほうじょううじやす)がなくなったことが原因です。

彼は遺言で嫡男である北条氏政(ほうじょううじまさ)へ「武田と同盟せよ」と遺したそうです。

この遺言通りに行動した氏政によって武田と北条の同盟が成立することになります。

これらのことがきっかけで信玄は駿河支配に成功し、山県・穴山両名に駿河の経営を任せて帰国。

帰国した後に信玄は駿河の隣国の遠江(とおとうみ)と三河(みかわ)攻略へ目を向けると同時に、

飛騨にも目を向け始めます。

 

参考文献 信玄の戦略 柴辻俊六著など

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  2. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  3. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  4. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  5. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  6. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  7. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  8. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  2. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  3. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?
  4. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  5. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  6. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった? 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

おすすめ記事

  1. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  2. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  3. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  4. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  5. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  6. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  7. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  8. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP