魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ




photo credit: slworking2 Some More Star Trails Above the Anza-Borrego Desert via photopin (license)

 

前漢の名君・武帝(ぶてい)

彼は匈奴を漢の領土から追い払うために衛皇后の一族である衛青(えいせい)を起用し、

匈奴撃破を企みます。

また国内の物流の流れをよくするために平準法(へいじゅんほう)を取り入れ、

国内の経済の活性化に努めます。

このように色々なことを行ってきた武帝は、漢の西にも国があることを知ります。

そして張騫(ちょうけん)を筆頭に100人ほどの使節団を結成させ、

彼らを西の国へ派遣します。

張騫は使節団の長として西の国へ派遣されることなりましたが、

ここから彼の大冒険と苦労が始まることになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍



西の国との同盟を考える

光 f

 

武帝は衛青に命じて漢の領土にいる匈奴を撃破するように命令を出し、

彼を将軍の位に任命します。

衛青は武帝の命令を得て、漢の領土にいる匈奴を長城の外へ追い出すことに成功します。

この時衛青は匈奴の中枢にいた将軍を捕虜にして、たびたびに武帝に送っておりました。

武帝は衛青から送られてきた捕虜から西の国の情報を手に入れます。

匈奴の捕虜からの情報によると西の国は月氏と呼ばれ昔、

匈奴軍に領土を取られたことがきっかけで西へ逃亡することになり、

今でも匈奴を恨んでいるとのことでした。

そこで武帝は月氏と同盟して匈奴を挟撃することができれば、滅ぼせるのではないかと考えます。




いざ西の国へ

大月氏へと赴く張騫使節団 wiki

(画像引用元:大月氏へと赴く張騫使節団 wikipedia

彼は匈奴を滅ぼすために月氏へ使者を派遣することに決めます。

漢の国の威光を示すために使者として月氏に派遣する人数は100人を超す使節団となります。

そして武帝は月氏へ派遣する使節団の長を募集。

この募集で使節団の長に任命されたのが張騫(ちょうけん)です。

張騫は月氏への使節団の長に任命されると堂邑父(どうゆうほ)と名乗る匈奴の奴隷を道案内に

仕立て、月氏へ向かうことにします。

 

匈奴に捕えられる

野心家 ロウソク

 

張騫の使節団は当時の中華の西にある隴西(ろうせい)と言われる土地から出発。

だが月氏の国へ向かうためには漢の宿敵である匈奴の土地を通らなければいけませんでした。

張騫も匈奴の領内に入って月氏へ向かうことにしますが、すぐに匈奴軍に補足されてしまい、

使節団は捕虜になってしまいます。

張騫は匈奴の捕虜になると匈奴の王である単于の元へ連れて行かれ、

色々と漢の事について質問されます。

そして単于は張騫へ「お前は何をしに我が領土を通ろうとしたのだ。」と質問されます。

張騫は正直に「月氏へ行くためです。」と答えます。

すると単于は「月氏といえば、我が国の西方にある国ではないか。

黙って我が領土を通すわけには行かんな。おとなしくここで生活せよ」と言われて解き放たれます。

こうして張騫は匈奴の捕虜となり、この地で生活することになります。

 

10年の歳月が流れ・・・ついに

photo credit: Val delle Seghe, Molveno (TN) Italia – 14 Agosto 2012 via photopin (license)

 

張騫は匈奴の捕虜として生活すること10年に及びます。

その間に張騫は奥さんと子供が誕生し家庭を作ることになります。

また彼はこの10年間で行動の自由がかなり認められており、

今では領内であればどこに行っても咎められることはありませんでした。

そして匈奴の捕虜となってから10年の月日が過ぎたある日、

ついに匈奴の地から逃亡し、西へ向かって突き進みます。

 

大苑に到着

photo credit: israel gutier The way to the color via photopin (license)

 

張騫は匈奴の追っ手をかわすためなれない砂漠の道を西に向かって歩き続けます。

こうして歩くこと数十日・・・・。

ついに西の国へ到着することに成功。

この国は大苑と呼ばれる国で、ここの国の王は張騫を丁重にもてなします。

張騫は大苑の王と会見すると「私達は匈奴の捕虜になること10年。

やっと逃亡することに成功し、この国へたどり着くことができました。

私達の目的は大苑の国へ到着することではなく、月氏の国へ向かうことです。

そこで王様。私達に道案内を付けていただきたい。

もし道案内を付けて下さるのであれば、帰国した後我が帝に大苑の王のおかげで、

月氏に到着することができたと報告し、褒美を大苑の王に与えるように申しましょう。」と提案します。

大苑の王はこの提案を受け入れて、彼ら使節団に道案内を付けて月氏へ向かわせます。

こうして張騫は道案内を連れてなんとか月氏に到着することができました。

 

月氏に到着するが・・・・

月氏に到着した張騫一行は月氏の王へ会見したいことを望みます。

この望みはすぐに叶えられることになり、張騫とその一行は月氏の王と会見することになります。

張騫は月氏の王へ「王様の父上は匈奴の攻撃によってなくなったと聞きます。

今漢は匈奴の攻撃に苦しめられれており、ぜひ月氏の王と同盟したいと考えております。」と

述べます。

しかし月氏の王はこの申し入れを拒否。

張騫は一度引き下がりますが、その後も何度か同盟をしてもらえないだろうかと幾度が説得するも、

月氏の王の意見をひるがえすることはできませんでした。

張騫は月氏の国に一年余滞在しておりましたが、ついに帰国することを決めます。

 

前漢ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

張騫は帰りも匈奴の捕まってしまいますが、すぐに脱出することに成功し、

漢に帰国することができました。

漢と月氏の国を往復するために彼が要した期間は13年ととてつもない時間を使い往復しており、

最初100人いた使節団の人々ですが、張騫が漢に帰国したときは堂邑父を除いて、

一人もいない状態でした。

しかも同盟は締結されないという無残な結果に終わりましたが、

彼が西へ行ったことで得たものは情報でした。

彼がもって帰ってきた情報は若い武帝を刺激し、

西の国に対する好奇心を植え付けることになるのです。

「今回の前漢のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志 象兵 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍
  2. 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  4. 軍師孔明 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  5. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん) 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人…
  6. 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  7. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和V…
  8. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 信陵君
  2. 周瑜の魅力
  3. 董卓
  4. 魏王の曹操
  5. キングダム53巻
  6. 黄月英と孔明
  7. 龐統

おすすめ記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  3. 劉備と西郷隆盛の共通点って何? 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  4. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 李儒
  5. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  6. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!? 楽進

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 荊州争奪戦
  3. 孔明
  4. 曹操のガラス
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 まとめ
  2. 徐晃
  3. 餓えた農民(水滸伝)
  4. 孟嘗君

おすすめ記事

キングダム 始皇帝 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? 蜀の魏延 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの? 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 辮髪(べんぱつ) そんな髪型絶対嫌!漢民族に全力で拒否された辮髪とは? 真田丸 武田信玄 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配 契丹小字七言絶句銅鏡 wikipedia 契丹文字ってどんな文字?遼の太祖の発案から日本人研究者による解読を紹介 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP