キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家

この記事の所要時間: 255




キングダム

 

キングダムは秦を主軸にした歴史超大作漫画です。

秦王政は天下統一を実行するべく、色々な人材を仲間にしていくことになります。

色々な人材を仲間にしていくと必ず派閥が形成され権力争いが生じることが多々あります。

また高位の位についている人物が自分よりも有能な人材が後から入ってくると自らの地位を

守るために下位の者を蹴落としてしまいます。

 

李斯

 

一例をあげると秦の宰相であった李斯(りし)韓非(かんび)の関係性が

挙げられるのではないのでしょうか。

李斯は秦の宰相として国政を握る立場にいましたが、

始皇帝が気に入っていた韓非が登用されると彼の能力の高さが自分の地位を脅かすことを恐れ、

彼を抹殺してしまいます。

このようなことは秦の国だけではなく、

戦国時代の国々では基本的にどこでも行われていることでした。

今回は正直者であったことが災いして政争に敗北してしまった屈原(くつげん)をご紹介しましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




有能な政治家

屈原 wiki

(画像引用元:屈原 wikipedia)

 

屈原は戦国時代の人物で楚の王族出身であったことが幸いして、時の楚王であった懐王

(かいおう=楚漢戦争時代にいた懐王とは別人)を補佐する役目を与えられることになります。

彼は学識豊かで、懐王から国政に関する相談を受けてもしっかりと改善案を出して提案。

また諸国からやってきた外交官に対しても丁寧な応接を行っていたことが評判を呼んでおりました。

さらに諸国に対しての外交官としての役目を与えても難なくこなす内政のスペシャリストとして

楚の国内で彼の名前を知らない者はいない状態でした。

そんな彼には政敵も多く存在しており、

彼の名声の高さと懐王からの信頼関係を嫉妬している文官は数多く存在しておりました。

だが彼はこういった政敵からの嫉妬を一切気にする風もなく、

職務を忠実に実行していくことになります。




嫉妬していた政敵の罠にハマってしまう

三国志 ろうそく 写真

 

屈原は有能な政治家であったことから楚の懐王から色々な事を任させることになります。

彼は懐王から法令の原案見直しを任されることになります。

屈原は家に帰って法令の原案見直しについて色々と過去から洗い直して調べ、

原案製作に取り掛かっていきます。

こうして法令の原案がある程度完成したところで、同僚が屈原の家を訪れます、

この同僚は屈原の法令原案を見ると「このまま楚王へ提出してしまえばいいではないか」と

中途半端な状態で法令の原案を出すように幾度も進めます。

しかし屈原は「馬鹿な。法令は国を統治する上で非常に大切なものだ。

これがしっかりと完成する前に提出するわけには行かないであろう」と断固拒否します。

同僚は屈原の意思の堅さに辟易して彼の家から去っていきます。

だがこの同僚はこうなることを予想しており、

屈原の家を出るとそのまま宮殿に直行して懐王の元へ行き、

「王よ。屈原は最悪な人物です。

彼は王から与えられた法の原案を作成しながら、

「楚は俺がいなければ成り立たないであろう」と言っておりました。

このような人物に政治を任せていては、

楚の国がいずれ危機的な状況に陥るのではないのでしょうか。」と屈原の悪口をでっち上げて

懐王の耳に入れます。

懐王は屈原の同僚から聞いた言葉を信じてしまい、

彼が出仕してきても以前のように頼りにすることがなくなってしまいます。

屈原は王の態度が変わったことに気づいて、

王に謁見しようとしますが懐王は彼に会うことはしませんでした。

そのため屈原は以前のような信頼を得ることができず、

次第に役職は下げられてしまうことになってしまいます。

 

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

屈原は同僚からの嫉妬を一切気にしないで職務に励んでいたことが原因で、

同僚の罠にハマってしまうことになります。

一生懸命仕事に従事している人物が報われないことは現代でも多々ありますが、

屈原が生きていて戦国時代にもこうしたことは日所茶飯事でした。

キングダムの時代の各国もこのようなことは起きており、

趙の名将として名高い李牧(りぼく)も文官の罠にハマってしまい亡くなってしまいます。

 

参考文献 史記 司馬遷著 西野広祥・藤本幸三訳など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  2. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  3. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  4. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  5. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  6. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政…
  7. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  8. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  2. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  3. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  4. 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲のトップ教育法を用いれば三国一のダメ君主も覇者になれた
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての●●を追加しました 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/1】 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 大久保利通紀尾井坂の変は自業自得?斬奸状に記された暗殺の理由 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る! 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相

おすすめ記事

  1. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  2. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  3. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  4. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  5. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男
  6. 近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?
  7. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP