はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ

この記事の所要時間: 339




photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

鼎の軽重を問うを辞典で調べてみると

権威あるもの権力者を侮ってその実力の意味を問うということだそうです。

現在ではあんまり使われない言葉になっておりますが、

実はこの言葉春秋時代の中国で生まれた言葉だったことを知っておりましたか。

今回は鼎の軽重を問うがどうやった誕生したかを探ってみたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




鼎の軽重を問うを説明する前に鼎って一体何

かなえ 鼎

 

鼎の軽重を問うを説明する前に鼎が一体

何なのか分からないとこのお話のイメージがつきにくいと思います。

鼎を辞典などで調べると肉や魚などを煮るための土器だったそうです。

しかし古代中国で王朝が作られるようになると先祖を祭るための礼器として扱われるようになり、

国家の君主や大臣など権力を持っている人の象徴として扱われていくようになります。

古代中国の春秋時代も国家の権力者などの象徴として扱われていました。

 

関連記事:鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!




荘王が権威を見せびらかす

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

さて鼎の軽重を問うと言う言葉が生まれたのは名君である楚の荘王の時代です。

荘王が周の首都近辺にいた異民族を討伐した際、彼は周王室の首都へ大軍を率いて行き、

周王室に対して自国の権威を見せびらかせます。

この時周王室は王孫満(おうそうまん)を使者に仕立て、荘王へ派遣します。

 

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

 

荘王と公孫満の会見

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

 

王孫満は荘王と会見すると異民族討伐の慰労を述べます。

その後荘王は彼に「周王室の礼器である鼎。この重さと大きさはどのくらいになるのかな」と

問いかけます。

王孫満は「鼎の重さは徳によって決まるのです。」と反論。

この言葉を聞いた荘王はイラっとし「ふーん。まぁ重さなんてどうでもいいけど、

あんまり鼎を頼りにしないほうがいいんじゃない。

だって楚はあんなもの大量に作ることが出来るからさ」と自国の強さをアピールします。

荘王の言葉を聞いた王孫満がイラッとする番でした。

彼は荘王へ「ちょっと待ってください。周の鼎が持っている鼎は古代の舜帝のときから続いた物で、

徳を持っている人間へ移りわたってきたものです。

夏王朝が徳をもって天下を収めているときはこの王朝が所有しておりましたが、

桀王(けつおう)が暴虐な君主であったため、時代の王朝である殷が所有することになります。

また殷の紂王(ちゅうおう)が殷の徳を貶めたことがきっかけで、

当時徳を持っていた周へと所有者が移り変わってくるのです。

そして現在周王朝が衰退して弱っているとは言え、

この鼎の所有者は未だに周王朝が持っております。

という事は未だに周王朝が徳を持っていることの証であり、

みだりに鼎の軽重を問うような事をしないほうがいいのではないのでしょうか。」と反論。

この言葉を聞いた荘王はこれ以上彼を問い詰めることをしないで、

そのまま帰っていくことになります。

 

 

春秋戦国ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

この荘王と王孫満のやり取りが後世「鼎の軽重を問う」として残り、

当時、天下を治めていた周王朝の権威を侮って荘王が鼎の軽重を聞いたことで、

権威ある権力者を侮って実力を聞いた意味になって伝わることになります。

しかし当時の実力者であった荘王が周王室を侮りたくなる気持ちも分かります。

なぜなら、南方の超大国である楚と洛陽一体をかろうじて収めている周。

どちらが天下を治めるにふさわしいかと聞かれたら、

力を持っている楚と答える人が多くいたことでしょう。

だが春秋時代はまだ周を尊ぶ気持ちが中原の諸国には色濃く残っており、

勢力が小さくなっているとは言え、周王室を尊んでいる諸侯のほうが多い時代でした。

この周王室を尊ばなくなってくるのは春秋時代が終わり、戦国時代に突入してからになります。

この鼎の軽重を問うのお話は史記・楚世家を参考文献とさせていただきました。

「今回の春秋時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  2. 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの…
  3. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  4. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武…
  5. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  6. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  7. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの…
  8. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏候惇と言えば独眼竜?
  2. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  4. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  5. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  6. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは? 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

おすすめ記事

  1. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  2. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  3. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  4. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  5. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  6. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  7. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  8. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP