三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

この記事の所要時間: 30




朝まで三国志 袁紹

 

三国志には様々な群雄達が出現し討伐されていく時代でした。

この群雄割拠の時代、曹操(そうそう)の幼馴染で

ライバルとして立ちはだかった河北の覇者・袁紹(えんしょう)

彼は名家の家に生まれ後漢王朝では名声を持ち、財力もあり最高の状態で群雄として

君臨することになります。

 

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

しかし宦官出身で名家ではない曹操に敗北してしまいます。

曹操に敗北した原因として袁紹の優柔不断な性格が挙げられることが多いのですが、

果たしてそれだけが原因なのでしょうか。

今回は曹操に敗北してしまった袁紹の戦略にスポットを当ててみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




名家出身の袁紹

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

袁紹は名家である袁家の出身です。

彼の家は後漢王朝で四世に渡って三公を輩出した家として知られており、

彼はこの名家の名声と財力をもって黄巾の乱が鎮圧された後に群雄として

割拠することになります。

彼が自ら割拠する土地として目をつけたのは中国の北方で三国時代の中国では河北と呼ばれる

地域で勢力を拡大しようと目論みます。

 

関連記事:【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった

関連記事:狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念




根拠地を河北にした理由とは

袁紹、袁尚、袁譚

 

袁紹が根拠地を出身地である汝南(じょなん)ではなくて、河北と呼ばれる地にしたのでしょうか。

この理由はスーパーチート皇帝であるあの人の戦略を真似たのではないかと考えられます。

 

光武帝劉秀part1 04 劉秀

 

その人物とは光武帝劉秀(りゅうしゅう)です。

彼は河北で勢力を拡大し幽州の精強な騎馬隊や優秀な人材達を配下に加え、

河北全土を手中に収めると天下統一へ向けて驀進していきます。

袁紹も彼を見習って河北に勢力を置くことで、劉秀の時代に活躍した異民族中心の騎馬隊を

手に入れ、優秀な人材を集めて天下の覇権を狙っていたのではないかと考えられます。

また二つ目に考えられる理由としては黄巾の乱で土地や人心が意外と荒廃していない点では

ないでしょうか。

黄巾の乱は荊州(けいしゅう)・豫州(よしゅう)・冀州(きしゅう)を中心に起きた反乱ですが、

意外と他の北の地域では戦乱のダメージが残っておりませんでした。

そのため袁紹は黄巾の乱で荒廃している荊州・豫州近辺で群雄として割拠するよりも

北のあまり戦乱のダメージだ残っていない地域で群雄として割拠する方が、

力を蓄えやすいと考えて北に行ったと思われます。

 

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯

関連記事:【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!

 

 

後漢王朝を真似た統治方法

石弓兵強い 袁紹

 

袁紹は自らの戦略に沿って北に行って群雄として割拠するとあの手この手を使って

ライバルたちを叩き落として領土を拡大していきます。

 

朝まで三国志 公孫瓚

 

そして袁紹の最大のライバルで白馬の騎兵隊を率いていた公孫賛(こうそんさん)を

滅ぼすことに成功すると河北全土を統一することに成功しますが、

どのようにして広大な中国北部を統治していたのでしょうか。

彼の統治方法は独創的なものを導入しているのではなく、後漢王朝のやり方を真似たのもでした。

後漢王朝は蜀の諸葛孔明が行ったような法治主義を取り入れるのではなく、

配下の将軍や参謀達のミスもしっかりと厳罰に処するのではなく、

「ちょっとしたミスくらいならしょうがないよね」と言って許してしまうような

ゆる~い統治を行っておりました。

また人材の意見も全て聞いて上げるようなやり方で、

彼の名声を慕って集まってきた人材を確保していたので、

優秀な人材達は彼のそのような態度が気に食わず去っていくことになってしまいます。

 

荀彧 袁紹

 

彼の元を去って歴史に名を残した人物は曹操軍の軍師として活躍した郭嘉(かくか)

荀彧(じゅんいく)らの名前が挙げられます。

 

関連記事:【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった

関連記事:就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

袁紹の戦略はあまり大きな誤りは無かったのではないのでしょうか。

ゆる~い政治を行っていたことで、

民衆からも嫌われることなく多くの人材が彼の名声を慕ってやってきます。

彼らは自らの意見をしっかりと聞いてくれる袁紹を好むとともに

名家についていれば乱世の時代を乗り越えることができるであろうという予測から、

多くの人材が集まってきます。

袁紹の名声は非常に頼りになる物の一つであった事はこれらでわかっていただけると思います。

これはある程度の袁紹の戦略が間違えていなかったことを示されているとレンは思います。

しかし乱世の時代ではこれらの武器では勝ち抜くことができなかったことも事実として

立証されることになってしまいます。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で読む 三国志 渡邉義浩著など

 

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…
  2. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  5. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  7. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  8. 明智光秀 wikipedia 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  2. 涙なしには語れない桃園の結義
  3. 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操
  4. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介
  6. 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏?

三國志雑学

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 第5話:袁術くん「先延ばしの癖をどうすれば直せるのか」を学ぶ 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 黄金ジェット、黄金スペースシャトル 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】 篤姫の江戸城無血開城における役割とは? 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある

おすすめ記事

  1. キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想
  2. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  3. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  4. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  5. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった?
  6. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  7. 曹操には弱点はないの?
  8. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP