広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】

この記事の所要時間: 242




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

陳寿029

 

陳寿(ちんじゅ)が著した三国志は、裴松之(はいしょうし)によって

増補を受けて内容が濃くなりました。

そして、歴史書として多くの文人・政治家に読み継がれていくのですが、

この三国志、奈良時代には日本に漢籍の一部として入って来た事が分っています。

陳寿の三国志は、熱心に中国文明を吸収しようとしていた当時の日本の

エリート貴族層に読まれ、程なく三国志を引用した記述が生まれました。




日本史に確認できる三国志の引用は藤氏家伝から

藤原鎌足 wiki

 

日本史において、三国志が引用された最古のケースは、

天平宝字4年(西暦760年)に成立した藤氏家伝(とうし・かでん)の中の

大織冠(だいしょっかん)伝に出てきます。

 

藤氏家伝とは、摂関(せっかん)家として天皇の外戚として権力を振った

藤原氏の来歴を記述したもので、大織冠伝は藤原氏が隆盛を極める

切っ掛けになった朝臣、藤原鎌足(ふじわらかまたり)の伝記です。

 

藤原鎌足は、日本史でお馴染み、645年の大化の改新で中大兄皇子と共に、

当時、天皇を凌ぐ権勢を誇っていた蘇我入鹿(そがのいるか)を宮中で暗殺し、

政治を天皇の下に取り戻したと言われる人物です。

 

当然、大織冠伝においては、そんな鎌足の活躍が描かれるわけで、

必然的に殺される入鹿が悪役とされています。




筆誅!大織冠伝で董卓!とdisられた蘇我入鹿

戦え于禁㈪02 董卓

 

さて、大織冠伝では、入鹿の悪行が事細かく語られています。

元々、入鹿は聡明な人物でしたが、父の蝦夷(えみし)から大臣の地位を引き継ぐと、

自らが天皇になったような横暴な振る舞いが多くなりました。

 

当時の天皇は蘇我氏の血を引く女帝、皇極(こうぎょく)天皇ですから、

その権勢には誰も対抗できず、従うより他はないという有様です。

 

しかし、反蘇我氏の皇族や貴族も黙ってはおらず、皇極天皇の後継として

聖徳太子の子で、英名の誉れ高い山背大兄王(やましろおおえのおう)を立てます。

一方で入鹿は、自分の言いなりになる古人大兄皇子(ふるひとおおえのみこ)を

擁立して対抗、先手を打った入鹿は、643年11月、巨勢徳多(こせの・とこた)

土師猪手(はじの・いて)、大伴長徳(おおとものながとこ及び百名の兵に、

斑鳩宮(いかるがのみや)の山背大兄王を襲撃させます。

破れた山背大兄王は生駒に逃れ、そこから斑鳩寺に入り自殺して果てます。

 

大織冠伝は、こうして聖徳太子の王子まで武力で滅ぼした入鹿に対して、

入鹿の父、蝦夷の感想も交えて、以下のように書いています。

 

父の豐浦大臣(蘇我蝦夷)、慍(ふづく:激怒する)りて曰く、

「鞍作(入鹿)爾が如き癡人(愚か者)、何處(いずこ)にか有らむや

吾が宗(一族)、將(まさ)に滅びなむ」と憂へて自から勝へず

鞍作、以爲(考えるに)、已に骨自ら粛たるが如し

心、常に是を鯁(とげ)を除き方に後の悔ひなしと。

安漢の詭譎(だます)、徐(じょじょ)に朝(日本)に顯(あら)はれ

董卓(とうたく)の暴慢、既に國に行なわる。

 

下線の二行を見ると、安漢(後漢王朝)そして董卓という言葉が

ハッキリ出現する事が分ります。

これが、日本史における三国志の引用の初見であるようです。

 

少帝、献帝を蔑ろにした董卓と入鹿は同類と思われた

小帝と董卓

 

董卓というのは、三国志序盤の大悪党で、洛陽の混乱に乗じて入り、

少帝を勝手に廃位して、子供だった献帝を即位させ後見人になるや

好き放題な政治を行い暴政で人民を苦しめ、最期には

腹心と信じた呂布(りょふ)王允(おういん)に裏切られ

惨めな死を迎える人です。

 

藤氏家伝 大織冠伝は、本来帝位に就くべき山背大兄王を殺し

政治を自分の好きにしようとした入鹿を少帝を廃して、献帝の後見となり

暴政を敷いた董卓をダブらせる事で、その悪人ぶりを際立たせたのです。

 

そんな入鹿は二年後、宮中において中大兄皇子、

佐伯子麻呂(さえき・こまろ)に襲われ天皇に無実を訴えるも聞かれず、

首を刎ねられ、その遺体は雨の中に放置されたそうです。

 

董卓も首を落された後、死体は都の大通りに裸で放置され、

肥満した体の臍から脂が出ているのを見た庶民が、遊び半分で

蝋燭の芯を差し込んで火を灯すと三日三晩燃え続けた話があります。

 

参考文献:藤氏家伝を読む

著者: 篠川 賢/増尾 伸一郎 出版社: 吉川弘文館

 

シミルボン

 

【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人【シミルボン】

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  2. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  3. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  4. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  5. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  6. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  7. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  8. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  2. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  3. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  4. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  5. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  6. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの? 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

おすすめ記事

  1. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  2. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  3. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  4. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  5. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!
  6. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  7. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP