呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想




楊端和

 

女性でありながら、圧倒的な武力を持って山の民をまとめ、さらに勢力の拡張を

図っている事から別民族に山界の死王と恐れられる楊端和(ようたんわ)

バジオウやタジフのような屈強な戦士を引き連れているその戦闘力は、

中原の諸民族にとっても脅威であり、蕞(さい)の防衛戦においては、

秦王政との盟約を守りバンコ族との戦闘を一時中断してまで救援にやってきました。

その功積により大上造(だいじょうぞう)の爵位を受けて、現在、秦の将軍として

趙攻略戦にも従軍している楊端和は、この後どうなってしまうのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!




そもそもどうして楊端和は秦軍に参加しているのか?

キングダムと三国志

 

元々、秦の人間ではない楊端和は、どうして秦の戦争に参加しているのでしょう?

これまでも何度か、秦王政の窮地に駆け付けた事はありますが、

そのまま従軍する事はありませんでした。

 

政

 

楊端和が秦の将軍として従軍した大きな理由としては、

政が加冠の儀を終えて自分の手で政治を行えるようになったという事があります。

秦と山界の民は、数百年前に秦の穆公(ぼくこう)と山界の民で盟約を結び、

共存共栄の約束をかわしていました。

 

しかし、穆公の死後、約束は反故にされ、山の民は迫害を受けて

秦を恨んでいるという事態に陥ります。

そこへ秦王政がやってきて、過去の約束を反故にした事を謝罪し、

改めて中華を統一して争いの無い統一王朝を造る事を宣言します。

 

楊端和にとっても平地の秦人に迫害されない太平の世の出現は、

望んでいた事なので、先祖の報復をすべしという声を抑えて、

再び秦王政と盟約を結ぶに至ったようです。

 

つまり、楊端和は秦王政の中華統一の完成によって、山の民も

利益を受けると考えているので、最期の統一まで秦の将軍として

付き従うと予測されます。




秦の天下統一前に姿を消す楊端和

キングダム 政

 

そんな義理堅い楊端和ですが、彼女の史実への登場は紀元前229年までです。

 

※言うまでもないとは思いますが史実の楊端和は男です。

 

秦による中華の統一は紀元前221年ですから、

それより8年前に消えるという事になります。

 

王翦

 

紀元前229年河内の兵を率いて趙の首都である邯鄲(かんたん)を囲む。

翌年、王翦(おうせん)羌瘣(きょうかい)が趙を平定した。

 

これが楊端和に関する最期の史記の記述であり、以降はありません。

キングダムは史実に則ると言っているので、少なくとも、

紀元前229年以後は、楊端和が将軍として秦で指揮を執る事は、

史実に反するのでやらなくなると思います。

 

関連記事:【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想

関連記事:王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

 

楊端和フェードアウト理由1 壮絶な戦死

李牧

紀元前229年の趙との戦いは、王翦、楊端和、羌瘣が出陣しますが、

李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)という二人の将軍の前に

大苦戦を強いられると書かれています。

これにより、秦は方針変換し、趙の佞臣郭開(かくかい)に賄賂を送って

李牧を讒言させて排除するのに成功するわけですが、

その前に大苦戦というハードルがあります。

 

この大苦戦を端的に表わすのは、やはり味方の将軍の戦死ではないか?

というような気がするのです。

しかし、羌瘣のフェードアウトは、紀元前228年、王翦は紀元前223年です。

つまり史実的に紀元前229年に殺すわけにはいきません。

そうなると、死ぬのは楊端和しかいないという事になります。

 

楊端和は、熾烈を極める趙との戦いで戦死、後をバジオウかタジフが引き継ぎ

その亡骸を率いて山に戻る事になり、秦は兵力が減少、その対応策として

李斯(りし)あたりが離間の計を発動!そういう筋立てではないでしょうか?

 

関連記事:【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

関連記事:キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!

 

楊端和フェードアウト理由2 秦との深刻な不和

河了貂

 

楊端和の最終目標は、戦乱の中華が統一された後、秦人に迫害されない

山の民と秦人との共存共栄の世界を造る事です。

それが達成されると信じる間は、付き従うでしょうが、

不可能になれば秦軍を離れると言う事になるでしょう。

 

考えられるのは、秦王政の心変わりによって約束が履行されないと確信する。

この場合には、山の民は穆公の時と秦王政で二重に騙されるので、

その場で報復するでしょう。

いきなり、趙の側に立って参戦し秦軍に襲いかかるかも知れません。

或いは、その行動によって王翦羌瘣は大苦戦するという事になるかも

知れませんね。

 

楊端和のフェードアウト理由3 李牧の計略で故郷に帰還する

祁山、街亭01

 

物語では、楊端和は勢力圏を拡大しようと匈奴の領域まで入り、

そこで李牧の計略によって全滅した匈奴軍十万を発見しています。

 

つまり、山の民の生存圏と匈奴の領域は重なりあうという事です。

そこで、逆に李牧が匈奴を扇動し、山の民の領域を侵すように

仕向けたとしたらどうなるでしょう。

 

楊端和は戦争どころではなくなり、故郷に帰還せざるを得なくなり

それを秦は止める事は出来ないでしょう。

こうして、楊端和は軍を率いて戦場を離脱し、匈奴との戦いに追われ、

戻る事が出来ないまま、フェードアウトするという流れです。

 

キングダム565話で久しぶりに楊端和が出現

 

しばらく戦場に出てきていなかった楊端和が2018年7月12日発売の

キングダム565話、「前線にて」で登場しました。

場所は、バジオウ等鳥牙族が追いつめた犬戎族三首領の長兄ゴバの背後、

形成不利とみて、橑陽城に逃げようとするゴバの退路を塞ぐ

相変わらずカッコいい登場です。

 

ところが、楊端和の智謀を上回る相手が趙にはいました。

楊端和のさらに背後に出現したのは・・以下は↓で読めます。

 

キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

kawausoは楊端和という存在は、一種の助っ人の地位から外れる事はないと思います。

従って、秦軍に馴染んだ頃に、何らかの理由でフェードアウトする事になり、

別の将軍がピックアップされてくるのだと考えています。

 

それが戦死か秦王政との不和か李牧の計略によるものかは分りませんが・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  2. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  4. 李牧 【キングダム】李牧の最後の死にザマは悲惨で救いがないって本当?
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  6. そろばんを叩く関羽 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹…
  7. 法正 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  8. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操から逃げ回る劉備
  2. 手紙を読む曹操
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

  1. スパムアカウント凍結のお知らせ(12月27日実施)
  2. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ 孔明
  3. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  4. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  5. 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 旅馬 三国志

三國志雑学

  1. 関羽に惚れる曹操
  2. 郭嘉
  3. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  4. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)
  2. 羌瘣
  3. 魏延からの提案を却下する孔明
  4. 孔明と龐統の両軍師

おすすめ記事

甘寧と凌統 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? 豊臣秀吉 戦国時代 サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは? 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP