春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将

この記事の所要時間: 245




曹操 夏侯惇

 

劉備軍では張飛と関羽が劉備の片腕として活躍し、曹操軍では夏侯惇(かこうとん)らの

武将が片腕として活躍しておりました。

上記の人達は準親族的な扱いを受けており(張飛と関羽は義兄弟)、戦や君主の精神面で

大いに支えになっていた信頼できる家臣です。

日本の戦国時代でも親族が君主の支えとなって活躍している大名家は多くあります。

今回初めての戦国史では武田信玄の弟で信玄の片腕として活躍していた

武田信繁(たけだのぶしげ)をご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




父から愛された武将

宦官って何?ハート

 

信繁は武田信虎(たけだのぶとら)の次男坊として誕生します。

長男である信玄と非常に仲がよくともに育っていきます。

その光景を見ていた父信虎は嫡男である信玄よりも信繁を愛しており、

彼を武田家の当主に据えようと晩年は考えていたそうです。

しかし信虎の目論見は外れてしまいます。

それは嫡男である信玄が父を甲斐から追い出してしまったためです。

この信虎追放は次男信繁も加担しておりました。

父としては可愛がっていた信繁にも裏切られてしまったのです。




信玄の片腕として活躍していく

真田丸 武田信玄

 

信玄は父信虎を追放した後、武田家の当主として就任。

弟信繁も信玄が武田家の当主となることに不満などなく、兄信玄を支えていくことになります。

信玄は父を追放した後甲斐の隣国である信濃攻略をするべく幾度も出陣。

この信濃攻略戦で信繁はめきめきと頭角を表していくことになります。

また彼は信濃攻略戦で功績を挙げていた武将達に恩賞をさずけております。

日本の戦国時代や三国志の時代でもそうですが、

恩賞を与えることが出来るのは君主にのみ許された権限です。

その権限を信玄から付与されていた信繁は信玄から信頼をもって遇されていた

証と言えるのではないのでしょうか。

 

川中島の戦いで討ち死に

武田信繁 wiki

 

信繁はその後も武田家の戦において活躍し、武田家内部において副将軍と呼ばれるほど

信頼されている武田一門衆でした。

信玄も彼を大いに信頼しており、彼に武田家臣団へ褒美を与える権限などを与えております。

また信繁は戦だけの活躍でなく各国の大名との外交も行っており、多種多様な能力を持っていた

人物であることがわかります。

そんな彼は信濃(しなの)へ侵攻してきた上杉謙信(うえすぎけんしん)を追い払うために

信玄とともに出陣。

彼は川中島に到着すると武田軍の最前線を受け持つことになります。

この時信玄は武田軍を二つに分けて、

別働隊を派遣して武田本隊と別働隊で挟撃する作戦を実行します。

この作戦は上杉謙信に見破られてしまい、武田軍本隊へ上杉軍は突撃を敢行。

最前線を受け持っていた信繁は上杉軍の怒涛のような攻撃を前に、

反撃して挟撃作戦を実行するために時間を稼ぐべく戦いを行っていきます。

だが信繁軍は上杉軍の猛攻にあって壊滅してしまい、信繁も討ち取られてしまいます。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

信繁が亡くなると武田家中の者は皆大いに悲しんだそうですが、他の国の大名からもその死を

惜しまれており、もし武田信繁が生きていれば信玄の長男である武田義信の謀反事件も

起きることがなかったのではないかと家臣団の間で言われているそうです。

また義信が謀反を起こして処断されてしまったとしても、

信玄より若く病気もあまりしなかった信繁は勝頼の時代にも生きているはずであり、

生きていたとすれば勝頼の良い相談相手と

なったはずであり、武田軍が長篠の戦いを行わなかったかもしれません。

すると歴史は大きく変化を伴うことになります。

はたして信繁が生きていればどのように武田家が変わっていくことになったのでしょうか。

このような妄想をすると三国志や日本史を問わず歴史をより楽しく知ることが、

出来るのではないのでしょうか。

 

参考文献 新紀元社 武田信玄 吉田龍司著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  2. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  3. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…
  4. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  5. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  6. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  7. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  8. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  2. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  3. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  4. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  5. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  6. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!? 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える

おすすめ記事

  1. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  2. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】
  5. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  6. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  7. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP