武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将




曹操 夏侯惇

 

劉備軍では張飛と関羽が劉備の片腕として活躍し、曹操軍では夏侯惇(かこうとん)らの

武将が片腕として活躍しておりました。

上記の人達は準親族的な扱いを受けており(張飛と関羽は義兄弟)、戦や君主の精神面で

大いに支えになっていた信頼できる家臣です。

日本の戦国時代でも親族が君主の支えとなって活躍している大名家は多くあります。

今回初めての戦国史では武田信玄の弟で信玄の片腕として活躍していた

武田信繁(たけだのぶしげ)をご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




父から愛された武将

宦官って何?ハート

 

信繁は武田信虎(たけだのぶとら)の次男坊として誕生します。

長男である信玄と非常に仲がよくともに育っていきます。

その光景を見ていた父信虎は嫡男である信玄よりも信繁を愛しており、

彼を武田家の当主に据えようと晩年は考えていたそうです。

しかし信虎の目論見は外れてしまいます。

それは嫡男である信玄が父を甲斐から追い出してしまったためです。

この信虎追放は次男信繁も加担しておりました。

父としては可愛がっていた信繁にも裏切られてしまったのです。




信玄の片腕として活躍していく

真田丸 武田信玄

 

信玄は父信虎を追放した後、武田家の当主として就任。

弟信繁も信玄が武田家の当主となることに不満などなく、兄信玄を支えていくことになります。

信玄は父を追放した後甲斐の隣国である信濃攻略をするべく幾度も出陣。

この信濃攻略戦で信繁はめきめきと頭角を表していくことになります。

また彼は信濃攻略戦で功績を挙げていた武将達に恩賞をさずけております。

日本の戦国時代や三国志の時代でもそうですが、

恩賞を与えることが出来るのは君主にのみ許された権限です。

その権限を信玄から付与されていた信繁は信玄から信頼をもって遇されていた

証と言えるのではないのでしょうか。

 

川中島の戦いで討ち死に

武田信繁 wiki

 

信繁はその後も武田家の戦において活躍し、武田家内部において副将軍と呼ばれるほど

信頼されている武田一門衆でした。

信玄も彼を大いに信頼しており、彼に武田家臣団へ褒美を与える権限などを与えております。

また信繁は戦だけの活躍でなく各国の大名との外交も行っており、多種多様な能力を持っていた

人物であることがわかります。

そんな彼は信濃(しなの)へ侵攻してきた上杉謙信(うえすぎけんしん)を追い払うために

信玄とともに出陣。

彼は川中島に到着すると武田軍の最前線を受け持つことになります。

この時信玄は武田軍を二つに分けて、

別働隊を派遣して武田本隊と別働隊で挟撃する作戦を実行します。

この作戦は上杉謙信に見破られてしまい、武田軍本隊へ上杉軍は突撃を敢行。

最前線を受け持っていた信繁は上杉軍の怒涛のような攻撃を前に、

反撃して挟撃作戦を実行するために時間を稼ぐべく戦いを行っていきます。

だが信繁軍は上杉軍の猛攻にあって壊滅してしまい、信繁も討ち取られてしまいます。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

信繁が亡くなると武田家中の者は皆大いに悲しんだそうですが、他の国の大名からもその死を

惜しまれており、もし武田信繁が生きていれば信玄の長男である武田義信の謀反事件も

起きることがなかったのではないかと家臣団の間で言われているそうです。

また義信が謀反を起こして処断されてしまったとしても、

信玄より若く病気もあまりしなかった信繁は勝頼の時代にも生きているはずであり、

生きていたとすれば勝頼の良い相談相手と

なったはずであり、武田軍が長篠の戦いを行わなかったかもしれません。

すると歴史は大きく変化を伴うことになります。

はたして信繁が生きていればどのように武田家が変わっていくことになったのでしょうか。

このような妄想をすると三国志や日本史を問わず歴史をより楽しく知ることが、

出来るのではないのでしょうか。

 

参考文献 新紀元社 武田信玄 吉田龍司著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 合肥の戦いの満寵
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 麒麟がきた 特集バナーver2
  5. 麒麟がきた 特集バナーver4
  6. 馬に乗って戦う若き織田信長

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP