はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将

この記事の所要時間: 245




曹操 夏侯惇

 

劉備軍では張飛関羽劉備の片腕として活躍し、曹操軍では夏侯惇(かこうとん)らの

武将が片腕として活躍しておりました。

上記の人達は準親族的な扱いを受けており(張飛関羽は義兄弟)、戦や君主の精神面で

大いに支えになっていた信頼できる家臣です。

日本の戦国時代でも親族が君主の支えとなって活躍している大名家は多くあります。

今回初めての戦国史では武田信玄の弟で信玄の片腕として活躍していた

武田信繁(たけだのぶしげ)をご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




父から愛された武将

宦官って何?ハート

 

信繁は武田信虎(たけだのぶとら)の次男坊として誕生します。

長男である信玄と非常に仲がよくともに育っていきます。

その光景を見ていた父信虎は嫡男である信玄よりも信繁を愛しており、

彼を武田家の当主に据えようと晩年は考えていたそうです。

しかし信虎の目論見は外れてしまいます。

それは嫡男である信玄が父を甲斐から追い出してしまったためです。

この信虎追放は次男信繁も加担しておりました。

父としては可愛がっていた信繁にも裏切られてしまったのです。




信玄の片腕として活躍していく

真田丸 武田信玄

 

信玄は父信虎を追放した後、武田家の当主として就任。

弟信繁も信玄が武田家の当主となることに不満などなく、兄信玄を支えていくことになります。

信玄は父を追放した後甲斐の隣国である信濃攻略をするべく幾度も出陣。

この信濃攻略戦で信繁はめきめきと頭角を表していくことになります。

また彼は信濃攻略戦で功績を挙げていた武将達に恩賞をさずけております。

日本の戦国時代や三国志の時代でもそうですが、

恩賞を与えることが出来るのは君主にのみ許された権限です。

その権限を信玄から付与されていた信繁は信玄から信頼をもって遇されていた

証と言えるのではないのでしょうか。

 

川中島の戦いで討ち死に

武田信繁 wiki

 

信繁はその後も武田家の戦において活躍し、武田家内部において副将軍と呼ばれるほど

信頼されている武田一門衆でした。

信玄も彼を大いに信頼しており、彼に武田家臣団へ褒美を与える権限などを与えております。

また信繁は戦だけの活躍でなく各国の大名との外交も行っており、多種多様な能力を持っていた

人物であることがわかります。

そんな彼は信濃(しなの)へ侵攻してきた上杉謙信(うえすぎけんしん)を追い払うために

信玄とともに出陣。

彼は川中島に到着すると武田軍の最前線を受け持つことになります。

この時信玄は武田軍を二つに分けて、

別働隊を派遣して武田本隊と別働隊で挟撃する作戦を実行します。

この作戦は上杉謙信に見破られてしまい、武田軍本隊へ上杉軍は突撃を敢行。

最前線を受け持っていた信繁は上杉軍の怒涛のような攻撃を前に、

反撃して挟撃作戦を実行するために時間を稼ぐべく戦いを行っていきます。

だが信繁軍は上杉軍の猛攻にあって壊滅してしまい、信繁も討ち取られてしまいます。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

信繁が亡くなると武田家中の者は皆大いに悲しんだそうですが、他の国の大名からもその死を

惜しまれており、もし武田信繁が生きていれば信玄の長男である武田義信の謀反事件も

起きることがなかったのではないかと家臣団の間で言われているそうです。

また義信が謀反を起こして処断されてしまったとしても、

信玄より若く病気もあまりしなかった信繁は勝頼の時代にも生きているはずであり、

生きていたとすれば勝頼の良い相談相手と

なったはずであり、武田軍が長篠の戦いを行わなかったかもしれません。

すると歴史は大きく変化を伴うことになります。

はたして信繁が生きていればどのように武田家が変わっていくことになったのでしょうか。

このような妄想をすると三国志や日本史を問わず歴史をより楽しく知ることが、

出来るのではないのでしょうか。

 

参考文献 新紀元社 武田信玄 吉田龍司著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  2. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できた…
  3. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  4. サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙い…
  5. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  6. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  7. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…
  8. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  2. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  3. 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  5. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  6. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? 87話:劉備、蜀への侵攻を決意 ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  2. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  3. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  4. 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説
  5. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  6. 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ?
  7. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  8. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP