編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

この記事の所要時間: 24




劉禅と孔明

 

三国志でも初代が偉大な功績を残したりすると二代目苦労をすることになります。

これは三国志に限った事ではありません。

日本の戦国時代も同じです。

今回は偉大なる父・武田信玄から武田家の当主の座(仮)を引き継いだ

武田勝頼(たけだかつより)についてご紹介しましょう。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




青年期に諏訪家に出される

武田勝頼 wikipedia

(武田勝頼 wikipedia

 

勝頼は武田信玄の四男として誕生します。

幼名は四男なので四郎です。

彼は信玄の命令によって武田家から養子として名家である諏訪氏へ行くことになります。

そして彼は武田姓から諏訪(すわ)姓に改姓することとなり諏訪四郎勝頼(すわしろうかつより)と

呼ばれるようになります。

そして彼は諏訪氏へ養子に出された時に高遠城の城主を命じられることになります。




勝頼の初陣

竹 f

 

勝頼は18歳の時に初陣を果たしております。

この初陣はかなり遅いもので兄である義信は16歳であったそうです。

この戦で戦功を揚げた勝頼はその後の戦でも功績を挙げており、

主に敵と一騎打ちを行って武将を討ち取っていることが多く、

勇猛果敢な大将として活躍していたことが「軍監(ぐんかん)」と言われる書物から確認できます。

こうして活躍をしているさなか勝頼に嫡男が誕生します。

この嫡男の名前を信勝と名を定めます。

 

武田家の本拠へ帰還

真田丸02(武田信玄)

 

武田信玄は勝頼の初陣が済んだ後も武田家の領土拡張政策を推し進めており、

勝頼も信玄に従って戦に従軍しております。

勝頼は高遠城主として信玄の戦に従軍するのですが、26歳の時に武田の本拠地に

呼び戻されることになります。

この地で勝頼は信玄から「お前の嫡子である信勝を正式な武田の後継者として任ずるが、

信勝が成長するまでの間はお前が信勝の後見人となって支えてやれ」と命じられます。

ということは今まで歴史の教科書とかで武田信玄の跡を継いだのは勝頼ということになっていますが、

勝頼は信勝が成長するまでの武田の代理当主だったのです。

勝頼的にはかなりガックシ来たのではないのでしょうか。

なぜならば武田家当主に就任できないことが確定されているんですから・・・・。

このように歴史を勉強し始めると教科書に載ってない出来事とかが判明して面白いですよ。

こうして武田の本拠地に帰還した勝頼は行政などの施策について行わなくてはならず、

他にも諸大名との外交交渉などもここで学ぶことをしなくてなりませんでした。

武勇の人勝頼にとっては結構辛い毎日を過ごしたのではないのでしょうか。

 

三河・遠江侵攻軍に参加して・・・・

真田丸 武田信玄

 

勝頼は行政や外交について学んだ後、再び父・信玄と共に戦に従軍することになります。

彼は三河(みかわ)・遠江(とおとうみ)方面に軍勢をだし徳川軍と幾度か戦っております。

この三河・遠江攻略戦では勝頼が総大将として任命されている戦いもあり、

彼が任された戦いとは野田城(のだじょう)攻略戦。

勝頼にとってははじめて戦を任されたことで大いに緊張したでしょうが、

彼はその緊張を跳ね除けてしっかりと野田城攻略を果たしております。

この武勇に父信玄は大いに満足します。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

武田勝頼は父である信玄が生きているときは、

一方の大将して兵を率いて戦うことのできる人物として成長しつつありました。

また信玄の教えを実地で受けていることから武田家の代理的な継承ができる人物として

それなりに勝頼を信玄も評価していたのではないのでしょうか。

だがそれなりであって信玄は本気で勝頼を鍛えるつもりが無かったのではないのでしょうか。

それは信勝が武田家の正当後継者として指名されており、勝頼をどんなに育てても意味がないし、

もし勝頼が有能になってしまった場合、勝頼が信勝を追放する可能性があります。

また父・信玄から指名されたことを理由に勝頼が武田家から追い出される可能性もあります。

どちらにせよ信玄最大のミスの一つとして、信勝を武田の正当後継者に指名するのではなく、

勝頼を指名していれば武田家の歴史はかなり違っていたのではないかと

考えられるのではないのでしょうか。

 

 

参考文献 武田勝頼 柴辻俊六著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  2. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  3. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…
  4. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  5. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  6. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  8. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  2. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  3. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  4. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  5. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  6. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人? 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの?

おすすめ記事

  1. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  2. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  3. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2
  4. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  5. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  6. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  7. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  8. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP