はじめての三国志

menu

はじめての変

ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪

この記事の所要時間: 337




曹洪と曹操

 

曹操(そうそう)の従兄弟として三国志に登場する曹洪子廉(そうこうしれん)

曹操が董卓(とうたく)の配下の徐栄(じょえい)に撃破された時、

馬を失った曹操に自身の馬を貸して逃がすなど、自己犠牲に富んだ大活躍をして

曹操の絶大な信頼を得ていました。

後には、驃騎将軍にまで昇った曹洪ですが、金持ちでありながらケチで、

かつて曹丕(そうひ)の借金申し込みを断った為に命を取られそうになっています。

では、曹洪の死後、その一族はどうなったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




ケチが災いし処刑されかけた曹洪

曹洪

 

曹洪は、曹操の挙兵の頃から付き従い、武功ばかりでなく、

地味な反乱制圧や食糧補給などにも才能を発揮して、

表裏に渡り曹操を支え続けました。

 

そんな曹洪ですが、若い頃から大金持ちであったようで、

譙県の県令が曹操の資産と曹洪の資産総額を同じだと報告すると、

司空だった曹操は

「バカを言え、曹洪がワシと同じなわけはない」と否定したそうです。

収入も多いけど、出るのも多い曹操は、自分の純財産は

曹洪には及ばないと考える程に曹洪は大金持ちでした。

 

ただ、ここまで曹洪が金持ちなのはケチであった為で、

資産運用として、金貸しなども行い手広く稼いでいました。

借り手の弱みに付け込んで、あこぎな取り立てもしたのかも知れません。

曹操は曹洪の玉にキズである金銭欲の強さを問題視し、

絶えず、曹洪の側近に注意するように命じていました。

 

ところが、曹操の不安は的中、皇太子の曹丕が

絹百疋(ひき)を借入しようとした時には、これを断ってしまいます。

執念深い曹丕は、この曹洪の仕打ちを覚えており、

後に曹洪の食客が法律を犯すと連座制を適用して曹洪を逮捕し

獄に降して処刑しようとします。

 

曹操の正室の卞(べん)夫人を含め、曹丕の正室、郭(かく)皇后等、

多くの人が助命嘆願した結果、曹洪は、地位と領地を削られて釈放されますが、

一歩間違えれば、金の恨みであの世行きという危ない所でした。




曹洪の後は、曹馥が継いだ

曹洪

 

曹丕には、冷遇された曹洪ですが、以後は下手に出て大人しくし、

曹丕の死後まで生き延びて曹叡(そうえい)の時代の232年に死去しました。

 

曹洪には、曹馥(そうふく)と曹震(そうしん)という二人の息子がいましたが、

曹震は、曹操の存命中に、曹洪の封地から食邑を分けて列侯になっていたので、

曹洪の本家は、曹馥が継いで都陽(とよう)侯となりますが、

この曹馥にはこれというような逸話がありません。

 

もう一人の曹震も、履歴が少ないのは同じです。

 

 

曹洪の娘は美人で有名、荀粲に嫁ぐ

荀彧

 

曹洪には、名前不詳の娘が一人いました。

この娘はケチな父には似合わず、評判の美女であり、

荀彧(じゅんいく)の末っ子である荀粲(じゅんさん)に嫁ぎました。

この荀粲は、謹厳実直な荀彧とは正反対で自由奔放な人であり、

道家の教えを信じ、儒教の経典など聖人の教えの残りカスと

放言してはばからない異端の人物でした。

 

また、荀粲の女性観も独特なものでした。

 

「俺は、女に徳など求めない、知性も必要ない、

女は、ただ、美しくさえあればそれでいいのだ!」

 

こういう荀粲でしたから、美女の誉れ高い驃騎将軍、曹洪の娘は、

まさに理想の女性であり、彼女を妻にしたのです。

 

関連記事:荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

 

妻を愛し抜いて後を追うように死んだ荀粲

三国志 ろうそく 写真

 

妻は、ただ美しくあればいいなんて、随分傲慢な人物に見えますが、

その代わり、荀粲の愛情の捧げ方は徹底したものでした。

美しい衣服を買い与え、高価なカーテンで部屋を飾ると、

他には女を造らず真っすぐに家に帰っては、妻だけを愛したのです。

 

或る時、曹洪の娘が熱病に罹ると、荀粲は庭に下りて自分の体を冷やし

妻に寄り添って寝て、熱を下げようとしたと言います。

ここまで献身的に尽くすのも、妻の美しさを愛したと言う事ですが、

しかし、こうまでして尽くされれば、妻も嬉しかったのではないでしょうか?

 

曹洪の娘は、美人薄命の通り、体が弱かったようで、

結婚からしばらくして、あっけなく病死してしまいます。

荀粲の落ち込みは大変なもので、痩せ衰えて何も手につきません。

 

その時に傅嘏(ふか)という友人が弔門に来て

普段の荀粲の口癖を逆手に取って慰めて言いました。

 

「才色兼備の女性は得難いが、君は美しくさえあればいい

と言うのだから、美しい妻を探すのは難しくあるまい

どうして、そこまで嘆くんだい?」

 

すると、荀粲は傅嘏に向き直り

 

「確かに妻は傾国という程の美女ではなかった、、

しかし、また簡単に逢える美女ではないよ・・」

 

そうして、荀粲は悲嘆の淵に沈んで病気になり、

一年後、妻の後を追うように亡くなりました。

西暦237年頃で、享年29歳です。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

曹洪の子孫である、曹馥と曹震、そして娘では、

荀粲の妻となった娘の方が最も記述が多い事になります。

直接、彼女に言及した記述ではありませんが、

あの異端の荀粲が、命を削る程に愛したのですから、

きっと短いけど幸せな結婚生活だったのでしょう。

 

女は顔だと豪語していた荀粲ですが、妻の死においての

落胆を見ると、ただ美しいが為だけに愛したとも

言えないような感じがしますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  2. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  3. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  4. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  5. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決ま…
  6. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を…
  7. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  8. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  3. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  4. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  6. 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの? 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの? 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  2. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する
  3. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  4. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  5. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】
  8. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP