キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?




始皇帝

 

秦の始皇帝は六国の国々を平定して天下を統一します。

彼は色々な政策を行っていきますが、砂丘で亡くなってしまいます。

その後、趙高(ちょうこう)の策略によって二代目皇帝として胡亥(こがい)が就任。

始皇帝の長男である扶蘇(ふそ)と始皇帝のお気に入りであった

蒙恬と蒙毅を殺害し、趙高が丞相として国政を握ります。

さらに彼は秦の元丞相であった李斯(りし)を殺害して、秦国最大の権力者として君臨。

その権威は皇帝を凌ぐほどでした。

だが秦の国は沛公・劉邦や項梁の跡を継いだ項羽らによってボロボロになっており、

この状況を知っていた趙高はクーデターを実施。

趙高はクーデターを起こし、二代目皇帝であった胡亥殺害に成功します。

そして今回の主人公である三代目の皇帝へ子嬰(しえい)が登場することになるのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




趙高によって王へ

胡亥

 

趙高は自らの身が危険に及ぶことを事前に察知し、二代目皇帝であった胡亥を殺害。

彼は秦国が天下を維持できない状況を考え、次世代の君主には皇帝の位を唱えさせず。

王の位を唱えさせようと考えます。

そして次の秦国の君主に胡亥の兄貴である子嬰を擁立しようと企み、

子嬰に秦王へ就任するように要請します。

しかし子嬰は趙高の要請に対して返答を出しませんでした。




趙高暗殺計画

趙高 キングダム

 

子嬰は趙高から秦王へ就任するように要請を受けるとすぐに二人の息子を呼び

「私は丞相・趙高から秦王へ就くように要請を受けたが受ける気はない。

彼は二代目皇帝を殺害し、自らが皇帝殺害の実行犯であることを隠して私を王にしようとしている。

また彼は沛公や項羽に内応しているそうだ。

こんな奴の言うことを聞くわけにはいくまい。

そこで私は趙高を殺害しようと思う。

私が奴の要請を無視し続ければ、奴は私の屋敷へ必ず来るだろう。

そしたらお前たちは趙高に剣を突き立てよ。」と命令。

二人の息子は頷き、実行の日をじっと待ちます。

 

関連記事:キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

関連記事:馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

 

趙高殺害を決行

趙高

 

趙高は子嬰が自らの要請を一切無視していることに苛立ち、

自ら子嬰の屋敷へと向かい説得することにします。

権力保全にかけてずば抜けた能力を発揮した彼ですが、

子嬰が彼を暗殺しようとしていることに気づきませんでした。

子嬰は趙高がやってくると息子達に合図を出して彼を殺害し、

趙高の一族すべてを殺して咸陽(かんよう)でさらし首にします。

子嬰は趙高とその一族を殺害してから秦王へと就任します。

 

劉邦(りゅうほう)へ降伏

劉邦

 

子嬰が秦王になって一ヶ月ほど過ぎた頃、

秦の武関を突破して沛公・劉邦が咸陽に近づいてきます。

彼は劉邦軍が武関を突破してことを知ると彼に降伏する旨を書いた手紙を送ります。

劉邦は子嬰が降伏することを知ると彼の降伏を受け入れます。

こうして始皇帝が天下統一してから三代で秦は滅亡することになるのです。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

 

楚漢戦争ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

その後子嬰はどうなったのでしょうか。

彼は劉邦に降伏した後、劉邦に身の安全を保証されることになります。

しかし劉邦が鴻門の会(こうもんのかい)で項羽激怒されたことで、咸陽から離れることになります。

そして項羽が咸陽に入城すると、子嬰は項羽に殺害されてしまいます。

項羽は子嬰を殺害した後、咸陽の宝物を奪い、女を攫った後、

この宮殿へ火をかけて退却していきます。

そして秦は三つに分割されて、三人の王様が立つことになります。

ついでに秦の地を三分割した時の王は、秦の名将・章邯章邯の副将であった司馬欣(しばきん)

董蘙で、彼ら三人の王をまとめて三秦の王と呼ばれることになるのです。

「今回の楚漢戦争時代のお話はおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗…
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生…
  3. 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  4. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫…
  5. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  7. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  8. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?
  2. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた
  3. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  4. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)
  5. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの? 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは? フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る! 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?

おすすめ記事

  1. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  2. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  3. 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。
  4. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  5. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  6. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者
  7. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  8. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP