キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

この記事の所要時間: 240




劉邦

 

漢の高祖・劉邦(りゅうほう)

彼は農民から成り上がり項羽や諸侯を討伐して天下を統一します。

実は彼、農民時代に既に秦の次に天下統一することが決まっていたことを皆さんはしていましたか。

今回は実は劉邦の天下統一は既に決められていた運命だったことを

ご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




労働者を率いることになった劉邦

劉邦 ヤンキー

 

劉邦は群雄として名乗りを上げる前に沛県役人として仕事をしていた時期があり、

当時は秦に乱れはなく冷徹な法治国家として存在しておりました。

そんなある日上司から「明日。お前はこのリストに載っている人数を率いて、

首都・咸陽(かんよう)へ行ってこい」と命令を受けます。

秦の始皇帝は阿房宮(あぼうきゅう)というどでかい建築物をしており、

全国から若い男を労働者として集めておりました。

秦の法律では期限内に阿房宮を建設している驪山(りざん)に到着しなければ、

引率者は死刑になる法律で、

大雨などで道が通れない場合や途中で誰かが逃走して人数が減った場合でも、

容赦なく引率者は死刑になってしまいます。

そのためこの引率者の役目は誰もやりたがりませんでした。

この命令が首都・咸陽から沛県へ伝えられると誰もこの役目を担当するものはいませんでした。

そのため役所では下っ端であった劉邦がこの役目を負うことになってしまいます。

翌日劉邦は沛県の役人や豪族、長老達の見送りを受けて出発することになります。




劉邦脱走

劉邦

 

劉邦は労働者を率いて驪山を目指して進んでいくのですが、

沛県を出発してから数日後には逃亡者が出てしまう有様でした。

そのため彼は労働者を率いて数日が経ったある日彼らを集めて

「俺はもうこの役目を降りる。今日は皆と分かれるための送別会だ!!

酒はいっぱいあるから遠慮しないでガツガツ飲んで、去る者は去ってしまえ!!」と

自暴自棄になって宴会を開きます。

引率者自ら酒を飲んで、労働者達にも酒をつい出回る始末でした。

こうして大宴会を開いた劉邦の元から一人、また一人と労働者がいなくなっていきます。

劉邦もある程度の人数がいなくなったことを酔っ払った目で確認すると、

彼自身もその場からいなくなってしまうのでした。

もしこのことがバレたら劉邦は速攻で死刑になっていたことでしょう。

 

蛇をキル

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

劉邦は酔っ払ったまま千鳥足でガツガツ進んでいきます。

この時劉邦と共に行動したのは数十人だったそうです。

彼の先を歩いていた人が劉邦のところへやってきて、

「この先に大きな蛇がいるので、違う道を行きましょう。」と進言してきます。

すると彼は酔っ払って気が大きくなっていたのか「バカ野郎!!

蛇なんかにビビってどうするんだぁ~」と大声で叫んでそのまま進んでいきます。

すると劉邦の前に大きな白い蛇がとぐろを巻いて彼を威嚇していました。

劉邦は腰につけていた剣を「ブンッ」と一振りすると白い蛇は体を真っ二つにされてしまいます。

劉邦は気にせずそのまま歩いていき、

広い場所に出るとそのままひっくり返って寝てしまったそうです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02a

 

劉邦が蛇をぶった斬った後部下の一人が遅れていたため、

急いで劉邦の元へ向かっておりました。

すると途中で老婆が道の途中で泣いていたのでこの部下は「どうした婆さん。

何かあったのか」と訪ねます。

すると老婆は「わしの子は白帝の息子であったんじゃが赤帝の子に斬られてしまったんじゃ。」

と言って泣きじゃくっていたそうです。

この部下は老婆を慰めようとして言葉を考えていた数秒の間目を離した隙に

いなくなっていたそうです。

ついでにこの白帝の子は秦の始皇帝を指しているそうで、

劉邦は赤帝の子とされておりました。

そのため劉邦はこの逃亡生活の時には天下統一をする運命にあったとは、

レンの考えすぎでしょうか。
 

次回記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  2. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  3. 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」…
  5. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  6. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  7. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  8. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  3. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  4. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い
  5. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム? 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

おすすめ記事

  1. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  2. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  3. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  4. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  5. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  6. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  7. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍
  8. 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP