ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後

戦国昭王、大激怒で白起に死を命ずる




秦の最強武将・白起

 

歴代の秦の武将の中でも最強の諱を持つ白起(はくき)

秦国のみならず戦国時代の中華に居る武将の中で、

1.2を争う武将と言っても過言ではないでしょう。

そんな最強の将軍白起の最後は非常に最強の将軍にふさわしくない残念な最後でした。

今回は無敵将軍・白起の最後をご紹介します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!

 

 

無敵将軍の戦績

無敵将軍・白起の戦績

 

白起魏冄(ぎぜん)にその才能を見出されてから将軍となった人物で、

最初から将軍の位を持っている武将ではなく叩き上げの武将です。

彼は功績を挙げ続け左庶長(さしょちょう)と言われる卿の位を魏冄から与えられます。

この位になると将軍と同義で多数の兵を率いて戦うことができます。

彼は大軍をあずけられると韓の城へ攻撃を仕掛けて大勝利。

その後も次々と他国を攻撃し、

彼は亡くなるまでに負けることがほとんどない秦の無敵将軍として諸国から恐れられる存在として、

注目されることになります。

 

 

長平の戦い

長平の戦い

 

秦は韓から奪った地・上党を占拠します。

しかしここの住民達は趙へhelpと叫びながら助けを求めます。

趙はこの住民たちの願いをhelp要請を聞き入れて、彼らを保護。

秦は趙軍が上党の民衆を保護したことに怒りを感じ、長平に駐屯している趙軍を撃破するため、

大軍をこの地へ送り込みます。

しかし趙は名将廉頗を総大将としてこの地の趙軍を指揮させ防備をしっかりと固めて、

秦軍に対して積極的に攻撃を仕掛けてくることはしませんでした。

秦は遠征に出ているため、兵糧が少なくなっていきます。

そんな中、秦の策謀に引っかかった趙王は廉頗を更迭し、

名将趙奢(ちょうしゃ)の息子である趙括(ちょうかつ)を総大将に任命します。

秦は廉頗がいなくなったことを幸いに、無敵将軍・白起を総大将として長平に送り込みます。

そして趙括は秦軍に対して兵の数で圧倒有利であることを理由に攻撃を開始。

だが白起の策略に引っかかってしまい、趙軍は総兵数の90パーセント以上を失う大敗北を

してしまいます。

こうして趙軍に大勝利を収めることに成功した白起。

彼の名前は中華全土に響き渡ることになります。

 

【三国志をより深く知る】
はじめての三国志をより分かりやすく

 

宰相の范雎との対立

范増

 

白起は長平で大勝利を収めた後、趙の首都・邯鄲(かんたん)を攻略するべく、大軍を率いて出陣。

こうして趙は滅亡の危機に立たされることになりますが、突如秦軍は退却していくことになります。

その原因は宰相范雎(はんしょ)の策謀でした。

范雎は弁舌家として有名な蘇秦(そしん)の弟である蘇代(そだい)から

「このまま趙を滅ぼしてしまえば白起の功績はあなたを凌ぎ、

あなたの上司となることは間違えないでしょう。」と言われたことがきっかけでした。

范雎は白起の部下として働いている自分の姿を想像すると、

彼をこのまま活躍させ続けるわけには行かないと考えます。

そして彼は秦王へ「秦軍は連年からの戦続きで疲労が溜まっているでしょう。

そこで今趙へ攻撃して、反撃を受けてしまえば白起といえども敗北するかもしれません。

そのためここは趙へ攻撃するのはやめて、

兵の体力を回復させることに専念させたほうがいいでしょう。」と提案。

秦王は宰相・范雎の進言を入れて、白起に邯鄲攻略を中止するように命令を出します。

白起はこの命令を聞くとブチギレ「邯鄲を攻略するのは今しかない。

にも関わらず攻撃を中止するとはなんということか。」と非常に残念がります。

その後宰相・范雎がこの命令を秦王に提案してことを知ると彼の怒りはMAXになり、

部下に「あの野郎。戦も分からない素人が調子に乗るな!!」と不満を漏らします。

かれは軍勢を秦国へ連れて帰ると屋敷に閉じこもってしまいます。

こうして宰相と無敵将軍はお互いに大きな溝を作ってしまうことになるのです。

 

白起の最後

白起の最後

 

秦はその後邯鄲を攻撃しますが、

どの将軍が兵を率いても邯鄲を陥落させることができませんでした。

そこで秦王は白起に総大将となってもらい邯鄲を攻略するように命令を出します。

しかしかれは仮病を使って王の命令を無視。

秦王は白起が自分の命令を聞けないことに激怒し、

彼を首都・咸陽(かんよう)から追い出します。

范雎はここでライバル白起をこの世から消してしまおうと考え王に対して

「白起は咸陽を追い出されたことを根に持ち、王様の悪口を言っているそうです。

このまま彼を生かしておけば謀反を起こすかもしれません。

ここで葬り去ったほうがいいと思います。」と進言。

秦王は范雎の意見に頷き白起に自害するように命令を出します。

白起は王の命令を受け取ると静かに自害をしたそうです。

 

春秋戦国ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02a

 

白起は王の命令を受け取ると「俺が何をしたと言うのだ」と空を仰いで叫びます。

その後彼は黙ってしまいますがふと顔を挙げ

「そうか。長平で趙軍を40万も殺害したことの報いを受けるときなのか」とボソリとつぶやいてから

亡くなったそうです。

秦の名将も権力争いと言う戦では無敵ではなかったのでした。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして…
  2. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  3. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘…
  4. 強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう) キングダムの時代に開花した法家の思想
  5. ネズミで人生を変えた李斯 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった!
  6. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  7. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  8. 嬴政(始皇帝) 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. そんろは 孫魯班
  3. 楊修
  4. 司馬懿
  5. 鄧艾
  6. 法正に敗れる夏侯淵

おすすめ記事

  1. 張飛の妻は13歳!名門夏侯氏の娘、夏侯夫人 張飛のヨメ
  2. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  3. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 羌族
  4. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 司馬懿対孔明
  5. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける 司馬懿から頼まれる孫礼
  6. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」 曹昂(曹昴)

三國志雑学

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 黒田官兵衛
  3. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  4. 曹仁


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 董卓
  3. 岡田以蔵(人斬り以蔵)
  4. 董卓
  5. ネズミで人生を変えた李斯

おすすめ記事

鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 順調に将軍まで出世する陳武 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 董卓 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 顔良と文醜 顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP