曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人

この記事の所要時間: 62




photo credit: A dreamy pair via photopin (license)

photo credit: A dreamy pair via photopin (license)

 

秦の名宰相と言っても過言ではない魏冄(ぎぜん)の跡を継ぎ

秦の宰相となった范雎(はんしょ)は平民から上り詰めた苦労人です。

貧乏であった頃、人から受けた恩は忘れずに返し、

人から受けたいじめには必ず復讐した壮烈な人です

秦の発展に貢献した宰相です。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。




貧しい家の出身范雎(はんしょ)

 

范雎は魏の生まれの人です。

彼は官僚として身を立てたいと志し、魏を離れ各国へ就職活動を開始。

しかし思うように就職活動ははかどりませんでした。

さらに自らの家が物凄く貧しかったため、長い間他国での就職活動を行えず、

魏に帰ってきます。

彼はその後魏の須賈(しゅか)と言う人物へ仕えます。

なんとか職にはありつけた范雎ですが、ここから長い間不遇の時代を送る事になります。




須賈(しゅか)と共に斉へ

 

須賈は魏王の命により斉へ赴きます。

須賈は范雎に「私はこれから斉へ赴く。お主も我と共に来い」と

誘われ、共に斉へ赴くことになります。

范雎と須賈は斉に到着するとすぐに斉王である襄王と会見。

范雎は須賈の近くに座り、黙っていました。

すると襄王(じょうおう)は范雎に色々な質問を行います。

彼は襄王の様々な質問に対して、はっきりと対応します。

襄王は范雎の質問の応答に満足し、彼らを下がらせます。

范雎と須賈は、何事もなく仕事を終え、宿舎へ向かいます。

 

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

 

襄王(じょうおう)から見舞いの品が届く

photo credit: Explore via photopin (license)

photo credit: Explore via photopin (license)

 

范雎は宿舎で一人読書をしていると、襄王の使者がやってきます。

使者は「王は、あなたの弁論に感服いたし、見舞いの品をお送りするとの

事です。どうぞ気兼ねなくお受け取りください。」と

大量の金と酒をもってきます。

范雎は内心受け取りたかったと思いますが、襄王からの贈り物をもらう事をせず、丁重に断ります。

しかしこの贈り物が後に大事件を起こします。

魏へ帰国そして…

須賈は側近から「范雎が襄王からの贈り物をもらったようです」と知らされます。

須賈はこの話を聞き、大いに驚くと共に范雎が斉王へ我が国の秘密を

漏らした事に対する謝礼だと思い込みます。

須賈と范雎は魏の首都・大梁(たいりょう)へ帰国。

須賈は帰国後すぐに上司である魏斉(ぎせい)に

「私の部下に范雎という者がおります。奴は我が国の秘密を斉の襄王へ話し

多額の謝礼をもらったそうです。」と自らの主観を述べます。

魏斉はこの話しを聞き、大いに怒りすぐに范雎を呼びます。

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

嘘の報告により、瀕死の重傷を負う

 

范雎は魏斉の呼び出しに応じて、彼の元へ出かけます。

魏斉は范雎がやってくると、側にある竹の鞭で彼を叩きます。

范雎はいきなり叩かれた事にイラつき、反論しようとしますが、

容赦なく竹の鞭が飛んできて、話すことができませんでした。

その後屈強な男たちにボコボコにされ、彼はあばらと歯を折る

重傷を負います。

范雎はこのままでは殺されると思い死んだふりをします。

しかし魏斉は范雎が動かなくなっても手加減せず、

范雎の体を簀子(すのこ)でぐるぐる巻きにし、

厠(かわや=今のトイレ)へ投げ込みます。

范雎はトイレに来た客一人一人に助けを求めますが、

誰も彼の願いを聞くことはありませんでした。

そしてたまたま通りがかった厠の番人に「頼む。助けてくれ。」と

必死にお願いすると、番人は彼を救助され、范雎は九死に一生を得ます。

 

関連記事:中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

友人の助けで秦へ逃亡

photo credit: Over 2000 via photopin (license)

photo credit: Over 2000 via photopin (license)

 

范雎は瀕死の重症を追いますが、友人の鄭安平(ていあんぺい)によって

治療された事で数か月後には傷の大部分を治します。

この時魏斉は范雎が生きている事を知り、彼の身柄を捜索します。

范雎はこのままではやばいと思い、名前を張禄(ちょうろく)と偽名を使い、

魏の国内を逃げ回っていました。

そんな時秦からの使者である宦官・王稽(おうけい)が魏に来訪します。

鄭安平はこの話を聞き、この宦官に范雎を推挙。

王嵇は范雎に会うと、弁論が爽やかで知識に溢れていた人物である事が

分かり、彼を秦へ連れて帰ります。

こうして辛い忍耐の日々を送っていた魏との別れとなります。

そして秦へ向かった范雎に最大のチャンスが

舞い降りてくる事になります。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操…
  2. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…
  3. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  4. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  5. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?…
  6. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  7. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの…
  8. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  2. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  3. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  4. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将
  5. 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中!
  6. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの? 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界 キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

おすすめ記事

  1. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ
  2. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  3. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  4. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!
  5. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  6. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル
  7. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?
  8. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP