范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人




 

秦の名宰相と言っても過言ではない魏冄(ぎぜん)の跡を継ぎ

秦の宰相となった范雎(はんしょ)は平民から上り詰めた苦労人です。

貧乏であった頃、人から受けた恩は忘れずに返し、

人から受けたいじめには必ず復讐した壮烈な人です

秦の発展に貢献した宰相です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

 

 

貧しい家の出身范雎(はんしょ)

 

范雎は魏の生まれの人です。

彼は官僚として身を立てたいと志し、魏を離れ各国へ就職活動を開始。

しかし思うように就職活動ははかどりませんでした。

さらに自らの家が物凄く貧しかったため、長い間他国での就職活動を行えず、

魏に帰ってきます。

彼はその後魏の須賈(しゅか)と言う人物へ仕えます。

なんとか職にはありつけた范雎ですが、ここから長い間不遇の時代を送る事になります。

 

 

須賈(しゅか)と共に斉へ

 

須賈は魏王の命により斉へ赴きます。

須賈は范雎に「私はこれから斉へ赴く。お主も我と共に来い」と

誘われ、共に斉へ赴くことになります。

范雎と須賈は斉に到着するとすぐに斉王である襄王と会見。

范雎は須賈の近くに座り、黙っていました。

すると襄王(じょうおう)は范雎に色々な質問を行います。

彼は襄王の様々な質問に対して、はっきりと対応します。

襄王は范雎の質問の応答に満足し、彼らを下がらせます。

范雎と須賈は、何事もなく仕事を終え、宿舎へ向かいます。

 

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

 

襄王(じょうおう)から見舞いの品が届く

 

范雎は宿舎で一人読書をしていると、襄王の使者がやってきます。

使者は「王は、あなたの弁論に感服いたし、見舞いの品をお送りするとの

事です。どうぞ気兼ねなくお受け取りください。」と

大量の金と酒をもってきます。

范雎は内心受け取りたかったと思いますが、襄王からの贈り物をもらう事をせず、丁重に断ります。

しかしこの贈り物が後に大事件を起こします。

魏へ帰国そして…

須賈は側近から「范雎が襄王からの贈り物をもらったようです」と知らされます。

須賈はこの話を聞き、大いに驚くと共に范雎が斉王へ我が国の秘密を

漏らした事に対する謝礼だと思い込みます。

須賈と范雎は魏の首都・大梁(たいりょう)へ帰国。

須賈は帰国後すぐに上司である魏斉(ぎせい)に

「私の部下に范雎という者がおります。奴は我が国の秘密を斉の襄王へ話し

多額の謝礼をもらったそうです。」と自らの主観を述べます。

魏斉はこの話しを聞き、大いに怒りすぐに范雎を呼びます。

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

嘘の報告により、瀕死の重傷を負う

 

范雎は魏斉の呼び出しに応じて、彼の元へ出かけます。

魏斉は范雎がやってくると、側にある竹の鞭で彼を叩きます。

范雎はいきなり叩かれた事にイラつき、反論しようとしますが、

容赦なく竹の鞭が飛んできて、話すことができませんでした。

その後屈強な男たちにボコボコにされ、彼はあばらと歯を折る

重傷を負います。

范雎はこのままでは殺されると思い死んだふりをします。

しかし魏斉は范雎が動かなくなっても手加減せず、

范雎の体を簀子(すのこ)でぐるぐる巻きにし、

厠(かわや=今のトイレ)へ投げ込みます。

范雎はトイレに来た客一人一人に助けを求めますが、

誰も彼の願いを聞くことはありませんでした。

そしてたまたま通りがかった厠の番人に「頼む。助けてくれ。」と

必死にお願いすると、番人は彼を救助され、范雎は九死に一生を得ます。

 

関連記事:中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

友人の助けで秦へ逃亡

 

范雎は瀕死の重症を追いますが、友人の鄭安平(ていあんぺい)によって

治療された事で数か月後には傷の大部分を治します。

この時魏斉は范雎が生きている事を知り、彼の身柄を捜索します。

范雎はこのままではやばいと思い、名前を張禄(ちょうろく)と偽名を使い、

魏の国内を逃げ回っていました。

そんな時秦からの使者である宦官・王稽(おうけい)が魏に来訪します。

鄭安平はこの話を聞き、この宦官に范雎を推挙。

王嵇は范雎に会うと、弁論が爽やかで知識に溢れていた人物である事が

分かり、彼を秦へ連れて帰ります。

こうして辛い忍耐の日々を送っていた魏との別れとなります。

そして秦へ向かった范雎に最大のチャンスが

舞い降りてくる事になります。

 

待たされる日々

 

王稽(おうけい)は昭襄王に范雎を推挙します。

しかしいつまでたっても范雎へ昭襄王の使者が来ることはありませんでした。

こうして一年の歳月が経ちます。

范雎は昭襄王へ手紙を書きます。

「王よ。とにかく私と会って私の話を聞いて頂けませんか。もし私の話が

気に入らなければ、首を斬っていただいてもかまいません。私は王の事を思って

あなたと話がしたいのです。」と痛切に思いを書き連ねます。

すると昭襄王から返書が届き「そこまで言うのであれば会おう」と

范雎と会見する事を約束。

 

昭襄王との会見

 

范雎は昭襄王との会見の時「現在秦の国は王が代表ではありません。」と提言します。

昭襄王は少しキレ気味に「じゃあ誰が代表なんだ」と反論。

すると范雎は「魏冄(ぎぜん)と宣太后でしょう。各国はこの二人が

秦の代表であると思っています。」と伝えます。

昭襄王は范雎の発言に反論できず、俯いて黙ってしまいます。

彼は言葉を続けます。

「王よ。現在秦は魏冄と宣太后が秦の代表となっており、

秦王はいないも同然である。この状態は王にとってよろしくありません。

ではどのようにすれば王の権威を取り戻す事が出来るのか。

それは魏冄や宣太后、魏冄の弟である華陽君達を追放する事です。

彼らを追放し、秦王の権威を取り戻し、

秦王が権威を握っている、元の国の姿を取り戻さなくてはなりません。」と進言。

昭襄王は彼の進言を取り上げ、魏冄一党を追放する計画を立てます。

 

五年の歳月経て秦の無敵宰相魏冄を追放

 

范雎と昭襄王は魏冄にばれないように秘密裏に彼らの仲間達を味方に付ける

工作を行います。

少しずつですが、一人、また一人と魏冄の味方をしていた

武将や文官、貴族などを昭襄王の味方として寝返らせていきます。

こうして五年の歳月を得て、ついに昭襄王は范雎の協力を得て

秦国一の無敵宰相魏冄を追放に追い込みます。

魏冄は抵抗するも、自らの不利を認め、弟である華陽君らを連れ、秦国外

にある自らの領地へいく事になります。

こうして昭襄王が即位してから数十年、王の権威は復活。

昭襄王を助けた范雎は宰相へと昇ります。

彼も魏での地獄のような毎日から数年が経過しており、耐えに耐え、

ついに最大のチャンスを捕えこうして宰相まで上り詰める事が出来ました。

平民から宰相へ上った范雎の活躍がここから始まります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

范雎は宰相になってから、やっと歴史に名を残すほどの名宰相として活躍します。

それまでの辛い忍耐の日々があってこそ輝く事が出来たのでしょう。

また恩を程かけてくれた人にはしっかりと恩返しを行い、

自らを痛めつけた魏斉(ぎせい)や須賈(しゅか)には胸がスカッとなる仕返しを行います。

「今回の春秋戦国時代はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

次回記事:秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】

 

 





関連記事

  1. 章邯(しょうかん)
  2. 剣を持ち戦う楊端和
  3. 朝まで三国志2017-03 kawauso
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. ホウ煖(龐煖)
  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP