朝まで三国志悪
キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定

この記事の所要時間: 356




兵士

 

北の異民族に備える後漢末期の国境警備兵達、

それでも戦争がない時は平和か?と言えば事実はそうではありませんでした。

徴発される農民兵とは違い、採用された役人には、勤務評定があり、

出来次第では、クビという事もあったからです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




後漢の時代、行政年度は10月1日から始まり翌年9月末日に終わった

陸遜 兵士

 

中国人はその巨大な人口と領土を効率的に運用する為に、

行政機関を早い時期から発展させていました。

そして、2000年前には、世界でもっとも進んだ官僚機構を生み出します。

いわゆるお役所仕事の弊害もこの頃にはすでに存在していたのです。

 

さて、そんな後漢時代の行政は仕事始めを10月1日、

仕事納めを翌年の9月末日としていました。

 

ですので、勤務評定は仕事納めになる9月に行いました。

当時は旧暦ですから現在で言えば、10月、秋に行われたという事になります。




出世に直結した恐怖の射撃訓練「秋射」とは?

23-6_射撃テストをしている役人

 

辺境を守る当時の国境警備隊、例えば、董卓(とうたく)が任された

西域戊己校尉(せいいき・ぼき・こうい)は、羌族に対応して置かれた

辺境部隊を統括するポストですが、ここでも役人が置かれる以上は例外なく、

全国一律の勤務評定はあったのです。

 

勤務評定は、「功」という手柄ポイントと「労」という勤務日数、及び

仕事に取り組む態度、保有資産などで、総合的に評価されていました。

 

※三国志の時代の勤務評定について知りたい人はここもclick!

 

漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

 

 

軍隊組織とは言え、この辺りは、一般の役人と違いは無かったのです。

 

しかし、その中の勤務日数に関わる労には、一般の役人とは無縁の

「秋射(しゅうしゃ)」という、大規模な射撃テストが存在しました。

これが、辺境に勤務する役人達の昇進に関わったのです。

 

命中率が低いと降格、クビもあり得た恐怖の秋射

23-7_怯える役人

 

秋射は、文字通り、漢の年度末の9月に実施された弩による射撃訓練です。

後漢の時代、歩兵の装備は、機械式の弓である弩が一般的でした。

弓の訓練は、モノになるのに時間が掛りますが、弩なら飛距離が無い欠点はありますが

標的さえロックオンできれば反動も小さく、命中率が高かったからです。

 

秋射は、功令の第45条に明確に規定されていました。

 

士・吏、燧長・侯長は令の定めに従い、秋に射のテストを行う。

六発の命中を標準とし、六発を越えれば一発につき、15日の

勤務日数を加算する。

 

ここで言う、燧長(すいちょう)は、一つの見張り台を守る部隊長で、

4~5人の農民兵を統率する隊長、最低ランクの吏です。

侯長(こうちょう)とは、この燧長、十数名を統括する部隊長を意味しています。

 

士や吏は、戦闘には基本従事しない事務官ですが、

結局、非常時を考えて、射撃訓練を免れる事は出来なかったようです。

 

十二発弩を放ち、六本命中すれば、ノルマクリア、以下だと・・

 

秋射は、その勤務評定のボーダーラインを12発中から6発命中としていました。

資料が乏しく、具体的に的までの距離などは分りませんが、騎兵である羌族相手なら

20メートル位は、最低命中できないと相手に先に射殺されると思います。

 

秋射のボーダーラインである6発の命中を上回ると、勤務日数が15日加算され

全弾命中なら、90日が加算される計算になります。

一方で、6発のボーダーを下回ると、1発につき、勤務日数が15日減算される

という厳しい結果になり、かりに1発も命中しないなら、90日の勤務日数が

減らされる事になるのです。

 

最悪だと半年は休んだのと同じというキツイペナルティ

お役人七つ道具

 

なんだ、全弾外れても、90日の減算か、なんて軽く考えてはいけません。

当時の兵士は、年に322日位出勤していますが、

そこから労に加算されるのは180日なのです。

 

つまり、弩を全弾ミスると、皆勤しても、半年は休んでいるのと同じ

だと算定されてしまうのです。

 

現代の会社でも、病気で一年の半分を欠勤したら、出世は無理でしょう。

 

もちろん、勤務評定は、労ばかりではなく、功や勤務態度、

保有財産を勘案するのではありますが、皆勤しても半年欠勤扱いなら

上司の覚えが目出度いわけはありません。

 

弩の腕前が無いばかりに、同僚には出世で追い抜かれ、

やがて後輩にも追い抜かれ、万年、ヒラ燧長として、

うだつのあがらないまま定年を迎えてしまうのです。

 

そんな人達にとって秋射は恐怖の的だったでしょう。

 

関連記事:三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介!

関連記事:出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

当時の木簡史料を見ると、45歳や50歳で、燧長をしている役人が

出てきますが、このような人々もあるいは、秋射でしくじった

イケテナイ役人だったのかも知れません。

 

真面目に勤務しているのに、ただ射撃の腕がないだけで、

出世が阻まれるなんて、三国志の時代って怖いですね~!

恐ろしいですね~!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  2. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  3. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性…
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  5. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  6. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  7. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運…
  8. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  2. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  3. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  4. 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選
  5. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情
  6. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!? 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

おすすめ記事

  1. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  2. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!
  3. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  6. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  7. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP