出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具




劉備 曹操

 

三国志の時代、一般の人の識字率は、とても低く文字が書けて

読める人は、たいてい、役人になれる士大夫の階級に限られました。

もちろん、この士大夫には、曹操(そうそう)劉備(りゅうび)や、

孫権(そんけん)陸遜(りくそん)のような人々が含まれますが、

彼らが職務を行うにあたって、常に手元においていた

七つ道具があったのを知っていますか?




一つ欠けても仕事にならない?三国志の時代の七つ道具

お役人七つ道具

 

中国人は、古来より一族の埋葬に、お金と時間を掛けてきました。

死者は、あの世でも、現世と同じような生活を続けるとも、

考えられた事から、生前に故人が使用していた日用品も、

副葬品として墓に入れるという事もしています。

 

その為に、役人として仕事をしていた人々が日頃使用していた

七つ道具も、盗掘を免れ、そのまま残っていたりするです。




三国時代のビジネスバッグ 柳行李(やなぎこうり)

お役人の七つ道具

 

現在のビジネスバッグにあたるものは、柳行李でした。

これは竹で編んだ箱で通気性がよく軽いので、4000年以上前から

存在し、現在の柳行李と殆ど違いがありません。

三国志の時代の役人は、この竹細工の箱を布で包んで

持ち運んでいたのです。

 

今でいえば、手帳、牘(とく)

牘 引用

(写真引用元:http://www.9610.com

 

七つ道具の第一は、長さ23センチの木の板で牘と言います。

当時の23センチは、一尺なので、これを尺牘(せきとく)とも言いました。

今日でも、手紙を古来の言葉で尺牘というのは、ここに由来します。

当時の役人は、この牘の裏表をすべて使用しました。

 

文字を書くのに絶対必要な筆

三国志大学 曹操

 

文字を書けるというのが役人の絶対条件ですから、当然、筆は持っています。

今から1800年前の筆は既に完成されていて、今と較べても遜色ありません。

やはり、使いやすい筆というのはあったようで、手になじんだ筆は、

専用の袋に入れて、傷まないように大事にしていました。

【次のページに続きます】




 

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 于禁と曹操
  2. 劉備主役
  3. 曹操(バカ殿ver)
  4. 兵士
  5. 魏延の謀反を察する孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP