はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

この記事の所要時間: 259




織田信長01

 

戦国を代表する武将といえば織田信長(おだのぶなが)が選ばれると思います。

彼は当時の戦国大名の中でも突出した考えの持ち主でした。

楽市楽座(らくいちらくざ)、兵制の革新(鉄砲重視の部隊編成、

他国よりも長い槍を製造したことなど)など他の戦国武将の考えが及ばない領域を改革して、

他の戦国大名よりも一歩も二歩も飛び抜け、時代を先駆けていきます。

また彼の美的センスも他の戦国大名や現代人でもちょっとこの人おかしいのではと

思うような美的センスを持っておりました。

それは子供につけた名前(幼名)です。

現代の人も結婚して子供が誕生したら子供に愛情を込めて、

色々な名前をつけたりします。

だが戦国時代の覇者たる地位を手に入れることになる信長の息子達の幼名は、

かわいそうになるぐらいヘンテコな名前を付けられております。

今回は信長に付けられた息子達のヘンテコな幼名をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




信長の息子の幼名が変!!その1:織田信忠の場合

織田信忠

 

織田信長の嫡男で時期織田家の当主に就任するはずであった嫡男・信忠(のぶただ)。

彼は本能寺の変で明智軍と激闘を行い討ち死にしてしまう人物です。

そんな彼の幼名は奇妙丸(きみょうまる)です。

なぜ奇妙丸なのか。

それは信長が信忠が生まれた時に顔がちょっと奇妙な形をしていたことからこの名前を

つけたそうです。

信忠が可哀想です。




信長の息子の幼名が変!!その2:織田信孝の場合

織田信孝

 

信長の三男で信長死後秀吉と争った織田家三男の織田信孝(おだのぶたか)。

彼の幼名も嫡男信忠と同じようにかなり変です。

信孝の幼名は三七(さんしち)です。

信長さーん。

なぜこの子を三七って幼名を名づけたのか教えてくださーい!!

 

信長の息子の幼名が変!!その2:織田秀勝の場合

 

信長の四男として誕生した織田秀勝(おだひでかつ)。

彼は信長の元から当時子供ができなかった羽柴家へ養子に出され、

羽柴秀勝として姓を変更することになります。

この羽柴秀勝の幼名は於次丸です。

於次ってかなりへんじゃないですか。

信忠の次に誕生したのであれば於次でも理由が明確なので命名してなんとか不思議ではない

ように思えます。

しかし四男に於次って信長がどんな思いでこの名前を命名したのか教えて欲しいです。

 

信長の息子の幼名が変!!その3:織田信貞の場合

 

織田信長の9男として誕生した織田信貞(おだのぶさだ)。

彼は本能寺で信長が亡くなった後、豊臣秀吉に仕えたそうです。

その後関ヶ原の戦いで西軍に味方して伏見城攻略戦などで活躍したそうですが、

西軍が敗北してしまったため所領を没収されてしまった人物です。

そんな彼の幼名ですが、一番変だろうと思います。

彼の幼名は人間です。

え!?自分の息子に人間って有り得なくないですか。

確かに人間ですけども余りにもひどいように思えます。

信長様は自分の息子にあまり興味がないように思えてなりません。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

今回は信長の息子達の幼名についてご紹介させていただきました。

信長は息子達に興味がないようにしか思えない幼名の付け方だと思いませんか。

一応信長様は嫡男信忠、次男信雄(のぶかつ)、三男信孝には目をかけていたそうです。

それ以外はあんまり興味がなかったのか、もしくは天下統一へ向けての事業に忙しくて構って

られなかったのか。

こればっかりは信長になってみないとわかりません。

皆さんがもし結婚して子供が生まれても信長のようにヘンテコな名前を付けることだけは絶対に

しないでください。

信長のようにヘンテコな名前を子供達に付けたら、非常にかわいそうです。

「今回の日本の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての戦国史でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではな…
  2. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司…
  3. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  4. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  5. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  6. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  7. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  8. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 facebook はじめました。
  2. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  3. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  4. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  5. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  6. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王

おすすめ記事

  1. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  2. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  3. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  4. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  5. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  6. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  7. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  8. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP