法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

織田信長




織田信長01

 

戦国を代表する武将といえば織田信長(おだのぶなが)が選ばれると思います。

彼は当時の戦国大名の中でも突出した考えの持ち主でした。

楽市楽座(らくいちらくざ)、兵制の革新(鉄砲重視の部隊編成、

他国よりも長い槍を製造したことなど)など他の戦国武将の考えが及ばない領域を改革して、

他の戦国大名よりも一歩も二歩も飛び抜け、時代を先駆けていきます。

また彼の美的センスも他の戦国大名や現代人でもちょっとこの人おかしいのではと

思うような美的センスを持っておりました。

それは子供につけた名前(幼名)です。

現代の人も結婚して子供が誕生したら子供に愛情を込めて、

色々な名前をつけたりします。

だが戦国時代の覇者たる地位を手に入れることになる信長の息子達の幼名は、

かわいそうになるぐらいヘンテコな名前を付けられております。

今回は信長に付けられた息子達のヘンテコな幼名をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




信長の息子の幼名が変!!その1:織田信忠の場合

織田信忠

 

織田信長の嫡男で時期織田家の当主に就任するはずであった嫡男・信忠(のぶただ)。

彼は本能寺の変で明智軍と激闘を行い討ち死にしてしまう人物です。

そんな彼の幼名は奇妙丸(きみょうまる)です。

なぜ奇妙丸なのか。

それは信長が信忠が生まれた時に顔がちょっと奇妙な形をしていたことからこの名前を

つけたそうです。

信忠が可哀想です。




信長の息子の幼名が変!!その2:織田信孝の場合

織田信孝

 

信長の三男で信長死後秀吉と争った織田家三男の織田信孝(おだのぶたか)。

彼の幼名も嫡男信忠と同じようにかなり変です。

信孝の幼名は三七(さんしち)です。

信長さーん。

なぜこの子を三七って幼名を名づけたのか教えてくださーい!!

 

信長の息子の幼名が変!!その2:織田秀勝の場合

 

信長の四男として誕生した織田秀勝(おだひでかつ)。

彼は信長の元から当時子供ができなかった羽柴家へ養子に出され、

羽柴秀勝として姓を変更することになります。

この羽柴秀勝の幼名は於次丸です。

於次ってかなりへんじゃないですか。

信忠の次に誕生したのであれば於次でも理由が明確なので命名してなんとか不思議ではない

ように思えます。

しかし四男に於次って信長がどんな思いでこの名前を命名したのか教えて欲しいです。

 

信長の息子の幼名が変!!その3:織田信貞の場合

 

織田信長の9男として誕生した織田信貞(おだのぶさだ)。

彼は本能寺で信長が亡くなった後、豊臣秀吉に仕えたそうです。

その後関ヶ原の戦いで西軍に味方して伏見城攻略戦などで活躍したそうですが、

西軍が敗北してしまったため所領を没収されてしまった人物です。

そんな彼の幼名ですが、一番変だろうと思います。

彼の幼名は人間です。

え!?自分の息子に人間って有り得なくないですか。

確かに人間ですけども余りにもひどいように思えます。

信長様は自分の息子にあまり興味がないように思えてなりません。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

今回は信長の息子達の幼名についてご紹介させていただきました。

信長は息子達に興味がないようにしか思えない幼名の付け方だと思いませんか。

一応信長様は嫡男信忠、次男信雄(のぶかつ)、三男信孝には目をかけていたそうです。

それ以外はあんまり興味がなかったのか、もしくは天下統一へ向けての事業に忙しくて構って

られなかったのか。

こればっかりは信長になってみないとわかりません。

皆さんがもし結婚して子供が生まれても信長のようにヘンテコな名前を付けることだけは絶対に

しないでください。

信長のようにヘンテコな名前を子供達に付けたら、非常にかわいそうです。

「今回の日本の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての戦国史でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 井伊直政 井伊直政は本当にイケメンだった?戦国時代のイケメン武将はどんな人…
  2. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  3. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  4. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  5. 始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の居城だった坂本城とは?本能寺の変後の坂本城も紹介
  7. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  8. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 華雄と呂布
  5. 張飛のヨメ
  6. 蜀 武運を誇る馬超

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】于禁は三国志のアニメで女の子として登場している!? 于禁
  2. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 王政君お怒り!玉磁なげる
  3. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!! 宦官の趙高
  4. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 司馬懿
  5. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生
  6. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?

三國志雑学

  1. そろばんを叩く関羽
  2. 曹操から逃げ回る劉備
  3. 曹宇
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朶思大王
  2. 法正と張松
  3. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  4. 土安(南蛮族)

おすすめ記事

孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!! 魏の夏侯淵 蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは? イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP