三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生

この記事の所要時間: 210




自称皇帝闕宣のイケイケ人生01 闕宣

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

自称皇帝と言えば、三国志ファンは即、袁術(えんじゅつ)と答えますが、

それは、史実としては正しくはありません。

何故かと言えば、袁術が皇帝に即位する西暦197年の4年前に

すでに皇帝を自称していた人物が下邳(かひ)に存在していたからです。

その名を闕宣(けっせん)といい群雄、陶謙(とうけん)と同盟して

彼の人生を狂わせ、曹操(そうそう)徐州大虐殺の原因を造りました。

今回は、小さいながらも三国志の舞台で暗躍した闕宣を紹介します。




列伝が存在しないので、よく分らない前半生

自称皇帝闕宣のイケイケ人生02 闕宣

 

闕宣の前半生については、ほとんど不明で、その消息は三国志魏志、

陶謙(とうけん)伝と武帝(ぶてい)紀に僅かに登場しています。

まず、陶謙伝に記述されている一文を紹介しましょう。

 

下邳闕宣自稱天子 謙初與合從寇鈔 後遂殺宣 并其衆

 

これによると、闕宣は下邳において天子(皇帝)を自称し、陶謙は最初、

闕宣と合従(連合)して寇鈔(こうしゃ:掠奪する事)を為したが、

後にこれを殺してしまい、その兵力を吸収したとだけあります。




闕宣は下邳を支配した群雄だった

自称皇帝闕宣のイケイケ人生03 闕宣

 

こうして、見ると闕宣は、経歴もあやふやな、正直大した事がない

小者に見えますが、実際にはそうではありません。

 

彼が本拠地にした下邳は、春秋戦国時代から楚漢戦争の時代において、

戦略上の要衝で、隣の彭城との関係で群雄の争奪戦の舞台になりました。

後漢の末にも荒れ始めて、後には呂布(りょふ)劉備(りゅうび)が取り合いを

したように、ちょっとや、そっとの小者が維持できるような都市ではありません。

 

この下邳を支配した上で堂々と皇帝を名乗るというのですから、

闕宣は充分に軍勢を擁していて自信があり、それを見越して陶謙も

手を組んだと考えられるからです。

 

実際の闕宣とは、ポッと出てきたようなエキセントリックな小者では、

無かったのだろうと推測します。

 

陶謙を自滅させた闕宣の悪魔の囁き、泰山攻略

自称皇帝闕宣のイケイケ人生04 闕宣、陶謙

 

闕宣は、かなりカリスマ性のある人物であったようです。

それというのも、彼は合従した陶謙を唆(そそのか)し兗州の泰山郡を

掠奪するように言っているからです。

 

時代は、乱世です、強いモノが正義であり、ある意味強ければ取り放題

そういう世紀末の時代ですから、闕宣を悪だとは言えませんが、

あまりにも相手が悪すぎました。

 

その兗州の牧は曹操(そうそう)だったのです。

以下の文章は、三国志魏志、武帝紀にある闕宣の関連文です。

 

下邳闕宣聚衆數千人 自稱天子 徐州牧陶謙與共舉兵 取泰山 華 費 略任城

 

こちらには、下邳の人、闕宣、兵を数千人聚(あつ)めて、天子を自称した。

徐州牧、陶謙と與共(とも)に兵を挙げ泰山郡の華県と費県を攻略した

というように書かれています。

 

武帝紀の文章を見ると、言いだしっぺは闕宣のようです。

泰山郡は山がちの辺鄙(へんぴ)な土地で、さほど魅力が無いので

曹操はリスクを侵してまで逆襲はしないと闕宣は言ったのかも知れません。

 

陶謙、曹操の地雷を踏み、徐州は蹂躙される・・

自称皇帝闕宣のイケイケ人生05 陶謙、曹操

 

闕宣の言い分を信じて泰山郡を蹂躙した陶謙ですが、曹操は激怒しました。

西暦193年、曹操は大挙して押し寄せ徐州の十余城を降します。

 

陶謙は迎撃しましたが、勝てずに敗走し、曹操は虐殺を続けて、

死者は万単位、泗水(しすい)は死体の為に流れが止まるという大惨事になりました。

曹操の悪行として語り伝えられる徐州大虐殺の始まりです。

 

肝心の陶謙は曹操の強さに怯え、郯(だん)城に籠って出て来なくなります。

曹操軍はやりたい放題を繰り返しますが、食糧が乏しくなったので、

兗州に引き上げていきました。

 

sp_title01

 

 

闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝のイケイケ人生

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじ…
  2. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  3. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  4. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  5. 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデル…
  6. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  7. 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺さ…
  8. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?
  2. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?
  4. 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!
  5. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  6. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか? 吉田松陰はテロリストなの?それってホント? 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!? 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの? 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった! よかミカンって、何者?

おすすめ記事

  1. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  2. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  3. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】
  5. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 はじめての三国志編集長kawauso
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  7. 【有料記事】董卓が長安に遷都したのは韓遂のせいだった?
  8. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP