はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生




自称皇帝闕宣のイケイケ人生01 闕宣

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

自称皇帝と言えば、三国志ファンは即、袁術(えんじゅつ)と答えますが、

それは、史実としては正しくはありません。

何故かと言えば、袁術が皇帝に即位する西暦197年の4年前に

すでに皇帝を自称していた人物が下邳(かひ)に存在していたからです。

その名を闕宣(けっせん)といい群雄、陶謙(とうけん)と同盟して

彼の人生を狂わせ、曹操(そうそう)徐州大虐殺の原因を造りました。

今回は、小さいながらも三国志の舞台で暗躍した闕宣を紹介します。




列伝が存在しないので、よく分らない前半生

自称皇帝闕宣のイケイケ人生02 闕宣

 

闕宣の前半生については、ほとんど不明で、その消息は三国志魏志、

陶謙(とうけん)伝と武帝(ぶてい)紀に僅かに登場しています。

まず、陶謙伝に記述されている一文を紹介しましょう。

 

下邳闕宣自稱天子 謙初與合從寇鈔 後遂殺宣 并其衆

 

これによると、闕宣は下邳において天子(皇帝)を自称し、陶謙は最初、

闕宣と合従(連合)して寇鈔(こうしゃ:掠奪する事)を為したが、

後にこれを殺してしまい、その兵力を吸収したとだけあります。




闕宣は下邳を支配した群雄だった

自称皇帝闕宣のイケイケ人生03 闕宣

 

こうして、見ると闕宣は、経歴もあやふやな、正直大した事がない

小者に見えますが、実際にはそうではありません。

 

彼が本拠地にした下邳は、春秋戦国時代から楚漢戦争の時代において、

戦略上の要衝で、隣の彭城との関係で群雄の争奪戦の舞台になりました。

後漢の末にも荒れ始めて、後には呂布(りょふ)劉備(りゅうび)が取り合いを

したように、ちょっとや、そっとの小者が維持できるような都市ではありません。

 

この下邳を支配した上で堂々と皇帝を名乗るというのですから、

闕宣は充分に軍勢を擁していて自信があり、それを見越して陶謙も

手を組んだと考えられるからです。

 

実際の闕宣とは、ポッと出てきたようなエキセントリックな小者では、

無かったのだろうと推測します。

 

陶謙を自滅させた闕宣の悪魔の囁き、泰山攻略

自称皇帝闕宣のイケイケ人生04 闕宣、陶謙

 

闕宣は、かなりカリスマ性のある人物であったようです。

それというのも、彼は合従した陶謙を唆(そそのか)し兗州の泰山郡を

掠奪するように言っているからです。

 

時代は、乱世です、強いモノが正義であり、ある意味強ければ取り放題

そういう世紀末の時代ですから、闕宣を悪だとは言えませんが、

あまりにも相手が悪すぎました。

 

その兗州の牧は曹操(そうそう)だったのです。

以下の文章は、三国志魏志、武帝紀にある闕宣の関連文です。

 

下邳闕宣聚衆數千人 自稱天子 徐州牧陶謙與共舉兵 取泰山 華 費 略任城

 

こちらには、下邳の人、闕宣、兵を数千人聚(あつ)めて、天子を自称した。

徐州牧、陶謙と與共(とも)に兵を挙げ泰山郡の華県と費県を攻略した

というように書かれています。

 

武帝紀の文章を見ると、言いだしっぺは闕宣のようです。

泰山郡は山がちの辺鄙(へんぴ)な土地で、さほど魅力が無いので

曹操はリスクを侵してまで逆襲はしないと闕宣は言ったのかも知れません。

 

陶謙、曹操の地雷を踏み、徐州は蹂躙される・・

自称皇帝闕宣のイケイケ人生05 陶謙、曹操

 

闕宣の言い分を信じて泰山郡を蹂躙した陶謙ですが、曹操は激怒しました。

西暦193年、曹操は大挙して押し寄せ徐州の十余城を降します。

 

陶謙は迎撃しましたが、勝てずに敗走し、曹操は虐殺を続けて、

死者は万単位、泗水(しすい)は死体の為に流れが止まるという大惨事になりました。

曹操の悪行として語り伝えられる徐州大虐殺の始まりです。

 

肝心の陶謙は曹操の強さに怯え、郯(だん)城に籠って出て来なくなります。

曹操軍はやりたい放題を繰り返しますが、食糧が乏しくなったので、

兗州に引き上げていきました。

 

sp_title01

 

 

闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝のイケイケ人生

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?…
  2. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  3. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  4. 凌統 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  5. 小帝 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  6. 官渡の戦い 曹操 勝利 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?
  7. 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  4. 信長の野望・創造

おすすめ記事

  1. 後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝 牛に乗って登場する光武帝(劉秀)
  2. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  3. 韓綜ってどんな人?孫権がブチギレた韓当の放蕩息子の生涯 韓綜
  4. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  5. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  6. 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説 西夏の服飾(女性)

三國志雑学

  1. 孔子と儒教
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜
  2. 西郷従道 幕末
  3. 寧宗

おすすめ記事

蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!? 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ! 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 政(始皇帝) 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP