【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

後漢王朝のきっての名門一族である袁家。

後漢王朝が荒れて群雄達が挙兵すると袁紹と袁術の袁家一門も各地によって挙兵します。

名門袁家一門の袁紹と袁術の元には多くの名士達が集まってくるのですが、

後漢王朝の名家一門である袁家はどれくらいすごかったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!


楚王劉英反乱事件がきっかけで名声を得る

袁家ヒストリー02 袁安

 

袁家の隆盛を作った人物である袁安(えんあん)

彼は三公の位である司徒(しと)のくらいにまで出世する人物なのですが、

どのような行いがきっかけで三公にまで登ることになったのでしょうか。

袁安は威厳のある人物で、学問をよく学んで知識を持っていた人物です。

そんな彼にある事件の裁判をするように命令が届きます。

その事件は劉英(りゅうえい)反逆事件です。

この事件は楚王で光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の三男である劉英が、

当時の皇帝である明帝に反乱を起こそうとした事が明るみに出た事件です。

袁安は劉英反逆に加担したと思われる人物である400人をすべて無罪であることを証明。

この結果彼の名声はこの裁判によって大きくなり、

名臣として当時の皇帝から賞賛を受けることになります。

そして章帝の時代に司徒の位へと上り詰めることになります。


袁家は袁安から三公へ登る人材を輩出する

袁礼 孫権

 

袁家は袁安のおかげで名門一族として君臨することになります。

袁安の息子で袁京(えんきょう)は蜀郡の太守となります。

そして彼の弟である袁敞(えんしょう)は司空(しくう)となり、

袁京の息子である袁湯(えんとう)は太尉(たいい)にまで出世することになります。

このように三公の位を排出する家柄として袁家一門は尊重されることになります。

また袁家一門は皆器の大き人ばかりだったそうで、

袁家一門の賓客となった人々は優秀であろうとなかろうと

皆それぞれのぞみを叶えてもらったそうです。

 

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!


袁紹のパパは外戚で権力者で会ったあの人物からも信頼を得ていた

宦官集合 

 

袁紹のパパである袁成は彼が誕生してからすぐに亡くなってしまいます。

しかし彼は気前がよくでハメを外すことがない人物で、

後漢王朝のお偉いさん達も彼と付き合っていたそうです。

そんな袁成と付き合っていた人物の中に後漢王朝の外戚(がいせき)で、

力を振るっていたあの人物もいたそうです。

その人物の名前は梁冀(りょうき)です。

彼は非常に力を持った人物で彼が権力を握っていたことから朝廷の人物のほとんどが、

彼に可愛がられていた人物でした。

しかしある事件がきっかけで皇帝から権力をもぎ取られ、

事件の責任を取って彼は亡くなってしまうのですが、

彼に連座した人数はなんと300人と言われており、

朝廷から人が居なくなったと言われる程の権力者だったそうです。

そんな彼も袁成と親しく付き合っており、彼の言うことはほとんど聞いていたそうです。

洛陽の人々は袁成の言うことがほとんどすべて通っていたことから

「この世で叶わないことがあれば、文開を訪ねよ」と言われていたそうです。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

後漢王朝の初期の時代から袁家は名門として君臨しており、

それから袁紹達が出現する時まで数百年間で名門としての袁家の地位は磐石な物になります。

これだけ三公の地位を輩出している家柄であれば、

名門袁家の名声は霊帝(れいてい)の時代には知らない人が居ない程天下に轟いており、

袁紹・袁術の元へ多くの人材が集まるのは自明の理と言えるのではないのでしょうか。

しかし袁紹・袁術の時代で袁家の名声は地に叩きつけられることになるとは、

あの世にいる彼のおじいちゃん達もせっかく築き上げてきた名声が無くなって、

びっくりしたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 諸葛一族
  2. 烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン
  3. 韓遂の仲間になる成公英
  4. 龐統
  5. 曹叡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP