編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての魏

楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官

この記事の所要時間: 228




 

広大な領土を作り上げることに成功した曹操(そうそう)

彼の領土は非常に広大であったので、各地色々な文官が活躍しておりました。

今回はその内のひとりで非常にマイナーですが、

けちんぼ曹洪(そうこう)や曹操と同郷であった劉勲(りゅうくん)らを恐れさせた

行政官である楊沛(ようはい)をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




桑の実を貯蓄させる

 

楊沛はとある町の長に就任します。

当時の中国は群雄が各地で割拠している時代で戦は絶えず続いていたおり、

各地で飢饉も発生しておりました。

そのため楊沛はいつ自分が治めている土地へ飢饉が来てもいいように

備えることにします。

まず桑の実を乾燥させて食料庫に貯蔵させていきます。

また自然の中に生えている豆を採取して食料庫にぶち込んでいきます。

こうして食料庫は次第に貯蔵されていく量が増えていくことになります。




食糧不足の曹操軍へ提供

 

楊沛が食料庫の充実を図っている時、曹操は皇帝を自らの拠点である許へ移そうと考え、

洛陽へ迎えに行っている途中でした。

彼の領土も飢饉によって兵糧を捻出することが難しい状態であったので、

あまり食料を持っていませんでした。

そんな時、楊沛が治めていた土地を通過することになります。

楊沛は曹操に会うために彼の元へ行って「曹操殿。

あなたの軍勢はあまり兵糧を持っていないように思われる。

今この土地には少しの蓄えがあるので、あなたの軍勢に振舞ってあげましょう。」と

言って食料庫を開放して曹操軍の軍勢に分け与えることにします。

曹操は食料の調達に困っていたので楊沛の心配りに大いに感謝したそうです。

 

曹洪の客を法に照らして殺害する

 

楊沛は曹操軍に食料を提供したことがきっかけで曹操に仕えることになります。

曹操は彼に長社の令へ就任させます。

楊沛は長社に赴任すると曹操の一族である曹洪の客が税金を納めていないことが発覚。

彼は曹洪の客に税金を納めさせるために取立てを行いますが、

応じることはありませんでした。

楊沛は曹洪の客が税金を払わないため、

法律に照らし出して彼を殺害してしまいます。

曹操は自らの一族に関係している者でも容赦なく法律に照らして罰していく彼の姿勢に感心し、

各地の太守を歴任させます。

しかし彼は軍の監督役と喧嘩したことが原因で刑罰を受けてしまいます。

 

鄴の行政官へ任命される

 

曹操は孫呉を討伐するために本拠地である鄴(ぎょう)を離れることになります。

曹操がいなくなった鄴では非常に治安が悪くなり法律を破る人が多くなってきます。

曹操はこの報告を聞くとすぐに「新しい県令を選んで報告しろ」と命令を下します。

命令を受けた役人は曹操へ「新しい鄴の県令の人選を行いましたが、

楊沛と同じくらい厳格な人間でないと鄴をしっかりと収めることは難しいでしょう」と報告。

曹操はすぐに罪に服している楊沛を呼んで「今から鄴の県令として働いてくれ」と

命令します。

そして曹操は場に集まっていた諸将へ「こいつはマジで怖いから気をつけろ」と

笑いながら話します。

楊沛が鄴の県令を務めることを知った曹洪や劉勲はすぐに鄴へ馬を走らせて、

自らが養っている客や子供達、使用人へ「鄴の法律をしっかりと守れ。

次に来る県令はかなり厳しいから気を付けよ」と忠告したそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楊沛が鄴へ着任するとすぐに法律を厳格にして民衆達をしっかりと治めていきます。

曹操が遠征から鄴へ帰還すると以前とは見間違えるほど民衆や役人達はキビキビと動き、

犯罪が報告されることはほとんど無くなったそうです。

ほとんど知っている人がいないマイナーな武将ですが、

彼らがいなければ広大な魏の領土を上手く治めることはできなかったでしょう。

ほとんど知られないマイナー文官列伝・楊沛をご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  2. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  3. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  4. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  5. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  6. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おん…
  8. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  2. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい
  3. 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた
  4. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  5. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  6. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

おすすめ記事

  1. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】
  2. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  3. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  5. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  7. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP