キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

今回のキングダムでは、ついに列尾が陥落、久しぶりに信の戦いが見られましたが

王騎(おうき)の矛が重すぎて、趙のモブ武将にも速さで遅れを取る始末で、

最期には、「このクソ矛重すぎるだろ」と暴言を吐いて、尾平(びへい)達に

総突っ込みを喰らっています。

予定より早く、半日で列尾を落した秦軍ですが、そこには李牧(りぼく)の罠が

張り巡らされていました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?


落ちた列尾城を点検して、補給線の拠点として活用したい王翦だが・・

 

城を落した勝利の余韻に浸る間もなく、秦の総大将の王翦(おうせん)

城の点検と城内の構造の把握に入っていきます。

落したら落したで、今度はこの列尾が秦からの補給路の要になるからです。

 

ところが、列尾の城門に上った王翦は、背後に広がる光景を眺めて

拳を握りしめ絶句します。

 

“王翦は、この時に昌平君が練り上げた鄴攻めの戦略が音を立てて

崩れていくのを感じた“

 

こんな煽りが入る程ですから、余程の事が起こったようですが、

一体、何が起きたというのでしょう。


もぬけの殻の列尾と公孫龍将軍のセリフ

 

それより、少し前、列尾城が落ちた事を知った公孫龍(こうそんりゅう)将軍は、

列尾救援を止め、さらに前線を下げて陽土まで退くと命じています。

どうやら、列尾にはすでに李牧が施した術策があり、公孫龍将軍は、

その術中に秦軍をはめると発言しているのです。

 

では、王翦が拳を握りしめるような李牧の術策とは、

一体何を意味しているのでしょうか?

 

関連する:【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

 

李牧の術策とは、○○作戦ではないか?

 

では、李牧が列尾に施した術策とは一体何なのでしょうか?

kawausoが考えるに、それは焦土作戦ではないかと思います。

焦土作戦とは、古くから中国に存在する戦法で清野(せいや)作戦とも言い、

敵の掠奪を受ける前に、城壁を破壊して住民を避難させ、

家のような持ち出されない建造物には火を掛けてしまい、

食糧も金品も持ち去って、その場を更地にしてしまう方法です。

 

当時の軍隊は、戦利品や時によっては、食糧も敵に依存しているので

前もって、食糧や金品を持ち去られ、城壁を打ち壊されると

兵士の士気が下がり窮地に陥る可能性があります。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

補給線が剥き出しになり、兵を守る場所もない戦い

 

王翦が率いる秦軍は、幸い、秦からの補給線が繋がっているので、

食糧を趙軍に頼らなくても問題がない状態ではあります。

しかし、鄴(ぎょう)に至るまでの九城が仮に破壊されて焼き払われていたら、

拠点となる城に食糧を備蓄できないので、補給線が剥き出しになります。

 

つまり、食糧を守る部隊を新たに編成しないとならず、城も利用できないので

列尾を越えて先に進めば進むほどに趙軍のゲリラ戦に対し、

かなり脆弱な対応しか出来ない事になります。

 

また、押し入る城が存在しない廃墟ばかりという事は、

桓騎(かんき)軍に代表される掠奪が士気と直結している将兵は、

確実に戦意を失う結果となるでしょう。

 

こうして、戦勝を重ねつつ、精兵を作り上げて鄴で李牧と最終決戦を挑むという

王翦や昌平(しょうへい)君の電撃戦のプランは崩壊し、後方に引きさがり、

完全に守りを固めるであろう公孫龍を相手に、泥沼の持久戦を戦う、

そういう羽目に追い込まれるかも知れません。


黄河を決壊させる線は無いか?

 

列尾は黄河に沿って流れているので、黄河を決壊させて列尾を水攻めにして

時間を稼ぐという方法もあります。

しかし、史記には、同時代の趙攻めに水攻めの記録はありませんし、

実行するとすれば、かなりオリジナルの戦いになってしまうでしょう。

それよりも、史記に記録のある王翦が九城を落すという記述を無人となった、

廃墟を秦軍が虚しく占拠するという風に持って行く方が、

史実との整合性をつけられるのではないか?と思います。

 

関連記事:黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河


  

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

秦軍は奇襲を掛けて成功し、李牧は後手に回っているので、

列尾城に余りに大がかりな仕掛けを施すのは、まず無理だと思います。

ただ、焦土作戦なら、あらかじめ指示しておけば可能なので、すぐに列尾に

兵を配置して、住民が逃げる時を稼いだという辻褄合わせは可能です。

 

九城から逃れた住民は、閼与城に避難させるとすると、王翦が後に、

閼与を攻めるという伏線にもなりますしね。

さて、予想は当たっているのでしょうか?次回のキングダムが楽しみです。

 

次回記事:キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 


 

関連記事

  1. 君主論18 kawausoさん
  2. キングダム52巻
  3. キングダム53巻
  4. 秦王(始皇帝)に会見で近づく荊軻
  5. ホウ煖(龐煖)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP