はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?

この記事の所要時間: 355




 

今回のキングダムでは、ついに列尾が陥落、久しぶりに信の戦いが見られましたが

王騎(おうき)の矛が重すぎて、趙のモブ武将にも速さで遅れを取る始末で、

最期には、「このクソ矛重すぎるだろ」と暴言を吐いて、尾平(びへい)達に

総突っ込みを喰らっています。

予定より早く、半日で列尾を落した秦軍ですが、そこには李牧(りぼく)の罠が

張り巡らされていました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




落ちた列尾城を点検して、補給線の拠点として活用したい王翦だが・・

 

城を落した勝利の余韻に浸る間もなく、秦の総大将の王翦(おうせん)

城の点検と城内の構造の把握に入っていきます。

落したら落したで、今度はこの列尾が秦からの補給路の要になるからです。

 

ところが、列尾の城門に上った王翦は、背後に広がる光景を眺めて

拳を握りしめ絶句します。

 

“王翦は、この時に昌平君が練り上げた鄴攻めの戦略が音を立てて

崩れていくのを感じた“

 

こんな煽りが入る程ですから、余程の事が起こったようですが、

一体、何が起きたというのでしょう。




もぬけの殻の列尾と公孫龍将軍のセリフ

 

 

それより、少し前、列尾城が落ちた事を知った公孫龍(こうそんりゅう)将軍は、

列尾救援を止め、さらに前線を下げて陽土まで退くと命じています。

どうやら、列尾にはすでに李牧が施した術策があり、公孫龍将軍は、

その術中に秦軍をはめると発言しているのです。

 

では、王翦が拳を握りしめるような李牧の術策とは、

一体何を意味しているのでしょうか?

 

関連する:【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

 

李牧の術策とは、○○作戦ではないか?

 

では、李牧が列尾に施した術策とは一体何なのでしょうか?

kawausoが考えるに、それは焦土作戦ではないかと思います。

焦土作戦とは、古くから中国に存在する戦法で清野(せいや)作戦とも言い、

敵の掠奪を受ける前に、城壁を破壊して住民を避難させ、

家のような持ち出されない建造物には火を掛けてしまい、

食糧も金品も持ち去って、その場を更地にしてしまう方法です。

 

当時の軍隊は、戦利品や時によっては、食糧も敵に依存しているので

前もって、食糧や金品を持ち去られ、城壁を打ち壊されると

兵士の士気が下がり窮地に陥る可能性があります。

 

補給線が剥き出しになり、兵を守る場所もない戦い

 

王翦が率いる秦軍は、幸い、秦からの補給線が繋がっているので、

食糧を趙軍に頼らなくても問題がない状態ではあります。

しかし、鄴(ぎょう)に至るまでの九城が仮に破壊されて焼き払われていたら、

拠点となる城に食糧を備蓄できないので、補給線が剥き出しになります。

 

つまり、食糧を守る部隊を新たに編成しないとならず、城も利用できないので

列尾を越えて先に進めば進むほどに趙軍のゲリラ戦に対し、

かなり脆弱な対応しか出来ない事になります。

 

また、押し入る城が存在しない廃墟ばかりという事は、

桓騎(かんき)軍に代表される掠奪が士気と直結している将兵は、

確実に戦意を失う結果となるでしょう。

 

こうして、戦勝を重ねつつ、精兵を作り上げて鄴で李牧と最終決戦を挑むという

王翦や昌平(しょうへい)君の電撃戦のプランは崩壊し、後方に引きさがり、

完全に守りを固めるであろう公孫龍を相手に、泥沼の持久戦を戦う、

そういう羽目に追い込まれるかも知れません。

 

黄河を決壊させる線は無いか?

 

列尾は黄河に沿って流れているので、黄河を決壊させて列尾を水攻めにして

時間を稼ぐという方法もあります。

しかし、史記には、同時代の趙攻めに水攻めの記録はありませんし、

実行するとすれば、かなりオリジナルの戦いになってしまうでしょう。

それよりも、史記に記録のある王翦が九城を落すという記述を無人となった、

廃墟を秦軍が虚しく占拠するという風に持って行く方が、

史実との整合性をつけられるのではないか?と思います。

 

関連記事:黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

秦軍は奇襲を掛けて成功し、李牧は後手に回っているので、

列尾城に余りに大がかりな仕掛けを施すのは、まず無理だと思います。

ただ、焦土作戦なら、あらかじめ指示しておけば可能なので、すぐに列尾に

兵を配置して、住民が逃げる時を稼いだという辻褄合わせは可能です。

 

九城から逃れた住民は、閼与城に避難させるとすると、王翦が後に、

閼与を攻めるという伏線にもなりますしね。

さて、予想は当たっているのでしょうか?次回のキングダムが楽しみです。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  2. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  3. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…
  4. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  5. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留…
  6. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  7. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  8. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操
  2. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?
  3. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  4. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  5. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  6. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・ 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

おすすめ記事

  1. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  2. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】
  3. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  4. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  5. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  6. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  7. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  8. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP