ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?

絶世美女 貂蝉




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂のみんなで三国志」のコーナーです。

 

今回の疑問については、正直どうなんでしょうか。

本当にそう信じている方はいるのでしょうか。

いえ、三国志を最近知ったばかりの子供たちならば信じているかもしれません。

 

 

そうです。サンタクロースだって実在するのです。

甲冑をつけた屈強な男たちをバッタバッタと斬り倒す女傑がいたっていいじゃないですか。

漫画の「あずみ」なんて最強ですよ。漫画ですけど……。

と、いうわけで、本当に三国無双に登場するような女傑がいるのか掘り下げていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?




三国無双って完全にゲームだよね

 

冒頭からすみません。

三国無双って、ひとりでバンバン数百・数千に敵を倒すゲームですよね。

現実に考えて「あり得ないです」

格闘技の世界を見てください。1対1ですら勝つのはたいへんなことなんですよ。

それが1対100とか、瞬殺されるに決まっているじゃないですか。

なんて、ゲームに文句を言っても始まりませんね。それがゲームであり、それがロマンなのですから。

その世界観はありとして、女性が戦うとか本当にあるのでしょうか。




女性格闘家

 

現代を見ても強い女性はたくさんいます。

レスリングや柔道家、総合格闘技で活躍する女性もいますからね。

女性だって戦えるんです。プロレスラーだっています。

でも好きで男性と殺し合いする女性っているんでしょうか。

いるのかなー。いてほしくないですけど。

あくまでも現代の格闘家の女性はスポーツウーマンです。

戦場に登場する女傑は殺戮マシーンみたいなものです。似て異なるものですね。

 

戦場で活躍した女傑

 

日本では平安時代に源義仲に仕えた女傑がいましたね。

名前は巴御前です。大力と強弓の腕前で記録されています。

左右から襲い掛かってきた鎧武者を腕に抱えて首をねじり切ったそうです。

フランスにも英雄的活躍をしたヒロインがいました。ジャンヌ・ダルクです。

ただし彼女の場合は組織のリーダーとして戦ったわけで、指揮能力に優れていましたが、

一騎打ちの武芸に秀でていたわけではありません。三国無双のような活躍は無理でしょう。

 

関連記事:【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!

関連記事:乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介

 

三国志の女傑

 

漫画やアニメでは三国志に登場する女性も驚くべき武勇を持っていますが、

実際にそういった活躍をした女性は記録にありません。

兵を指揮して武功をたてた人物に王異(おうい)がいます。

相手はあの馬超です。

兵を鼓舞して籠城を耐え抜きました。

策略にも秀でていたとされていますが、武芸に優れていたわけではなさそうです。

三国志演義には南蛮の祝融がいます。以前紹介したゾトアオ(孟獲)の妻です。

飛刀の使い手で、蜀の武将である馬忠や張嶷を一騎打ちで破っています。

架空の人物ですが、彼女の存在が後世の女傑に繋がっていくのでしょう。

象に乗って戦った指導者もいます。ベトナムの趙氏貞です。

呉を相手に反乱を起こしています。象を操っているだけに一騎打ちでは無敵ですね。

張飛よりも身長が大きかったという設定ですが、23歳の若さで戦死しています。

処女としての恥じらいがあったからだとか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志では戦場に数多の武将が登場しますが、女傑といえばこのくらいでしょうか。

ゲームの世界ではそれこそ以前に紹介した呂玲綺(りょれいき)

関銀屏(かんぎんぺい)など武勇に優れていたという設定の女将が登場します。

現代の三国志ブームはどちらの世界も混同してこその人気なのかもしれませんね。

王異にしてもジャンヌダルクにしても戦わざるを得ない事情がありました。好きで戦ったわけではありません。

女性が戦場で活躍するのもカッコいいのかもしれませんが、女性はもっと価値のある存在ですし、

女性にしかできないことがありますから、内心微妙です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 王基に感謝する司馬昭 司馬昭が晋王になれたのは賈充の2つの活躍のおかげ
  2. とっても皇帝になりたかった袁術
  3. 司馬徽 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  4. 于禁と兵士 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  5. 黒田官兵衛 諸葛亮は黒田官兵衛より内政が優れている!異論は認めないよ?
  6. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  7. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  8. 孔明のテントがある野外のシーン 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹と曹操
  2. ニギハヤヒ(日本神話)
  3. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  4. 蔡京(水滸伝)
  5. 曹操
  6. 三国志大学 曹操
  7. 呂布と袁術

おすすめ記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】 張魯
  2. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの? 曹操の元から離れる関羽
  3. 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 馬に乗って戦う若き織田信長
  4. 董卓は実は名将軍であるという根拠 董卓
  5. 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 玉璽
  6. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由 陳寿(晋)

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 三国志時代の牢獄
  3. 三国志大学を目指す曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李典
  2. 北条氏康
  3. 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  4. 小松帯刀
  5. キングダム
  6. 真田丸 武田信玄
  7. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 呂布 ナイスシュート 呂布、ナイスシュート! 楊儀と魏延 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! はじめての三国志編集長kawauso 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 上杉謙信 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現 キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの? 騙し合う呂布と袁術 その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10 陸遜 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP