はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?

この記事の所要時間: 239




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂のみんなで三国志」のコーナーです。

 

今回の疑問については、正直どうなんでしょうか。

本当にそう信じている方はいるのでしょうか。

いえ、三国志を最近知ったばかりの子供たちならば信じているかもしれません。

 

 

そうです。サンタクロースだって実在するのです。

甲冑をつけた屈強な男たちをバッタバッタと斬り倒す女傑がいたっていいじゃないですか。

漫画の「あずみ」なんて最強ですよ。漫画ですけど……。

と、いうわけで、本当に三国無双に登場するような女傑がいるのか掘り下げていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?




三国無双って完全にゲームだよね

 

冒頭からすみません。

三国無双って、ひとりでバンバン数百・数千に敵を倒すゲームですよね。

現実に考えて「あり得ないです」

格闘技の世界を見てください。1対1ですら勝つのはたいへんなことなんですよ。

それが1対100とか、瞬殺されるに決まっているじゃないですか。

なんて、ゲームに文句を言っても始まりませんね。それがゲームであり、それがロマンなのですから。

その世界観はありとして、女性が戦うとか本当にあるのでしょうか。




女性格闘家

 

現代を見ても強い女性はたくさんいます。

レスリングや柔道家、総合格闘技で活躍する女性もいますからね。

女性だって戦えるんです。プロレスラーだっています。

でも好きで男性と殺し合いする女性っているんでしょうか。

いるのかなー。いてほしくないですけど。

あくまでも現代の格闘家の女性はスポーツウーマンです。

戦場に登場する女傑は殺戮マシーンみたいなものです。似て異なるものですね。

 

戦場で活躍した女傑

 

日本では平安時代に源義仲に仕えた女傑がいましたね。

名前は巴御前です。大力と強弓の腕前で記録されています。

左右から襲い掛かってきた鎧武者を腕に抱えて首をねじり切ったそうです。

フランスにも英雄的活躍をしたヒロインがいました。ジャンヌ・ダルクです。

ただし彼女の場合は組織のリーダーとして戦ったわけで、指揮能力に優れていましたが、

一騎打ちの武芸に秀でていたわけではありません。三国無双のような活躍は無理でしょう。

 

関連記事:【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!

関連記事:乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介

 

三国志の女傑

 

漫画やアニメでは三国志に登場する女性も驚くべき武勇を持っていますが、

実際にそういった活躍をした女性は記録にありません。

兵を指揮して武功をたてた人物に王異(おうい)がいます。

相手はあの馬超です。

兵を鼓舞して籠城を耐え抜きました。

策略にも秀でていたとされていますが、武芸に優れていたわけではなさそうです。

三国志演義には南蛮の祝融がいます。以前紹介したゾトアオ(孟獲)の妻です。

飛刀の使い手で、蜀の武将である馬忠や張嶷を一騎打ちで破っています。

架空の人物ですが、彼女の存在が後世の女傑に繋がっていくのでしょう。

象に乗って戦った指導者もいます。ベトナムの趙氏貞です。

呉を相手に反乱を起こしています。象を操っているだけに一騎打ちでは無敵ですね。

張飛よりも身長が大きかったという設定ですが、23歳の若さで戦死しています。

処女としての恥じらいがあったからだとか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

三国志では戦場に数多の武将が登場しますが、女傑といえばこのくらいでしょうか。

ゲームの世界ではそれこそ以前に紹介した呂玲綺(りょれいき)

関銀屏(かんぎんぺい)など武勇に優れていたという設定の女将が登場します。

現代の三国志ブームはどちらの世界も混同してこその人気なのかもしれませんね。

王異にしてもジャンヌダルクにしても戦わざるを得ない事情がありました。好きで戦ったわけではありません。

女性が戦場で活躍するのもカッコいいのかもしれませんが、女性はもっと価値のある存在ですし、

女性にしかできないことがありますから、内心微妙です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  2. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサ…
  3. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  4. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  5. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  6. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  7. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  8. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】
  2. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  3. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  4. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  5. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  6. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!? 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!? 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

おすすめ記事

  1. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  2. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  3. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  5. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  6. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  7. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  8. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP