キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

この記事の所要時間: 220




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志にズームイン」のコーナーです。

 

ここまで2回に渡り曹操VS孫権の10年間に及ぶ戦い「合肥の戦い」についてお伝えしています。

始まりは西暦208年の「赤壁の戦い」があった直後のことです。

西暦212年の濡須口の戦いまで話を進めたので、今回はその続きになります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側




西暦214年の戦い

 

しばらく曹操孫権への積極的な軍事行動を控えます。

関中の馬超を破った曹操は濡須口の戦いの翌年・西暦213年に

荀彧の反対を押し切り「魏公」となっています。

果たして曹操には漢王朝を滅ぼす算段があったのかどうか。

やがて西暦216年には「魏王」となり、あくまでも漢帝国内ですが曹操の王国を建国します。

それはまたいずれお話するとして、魏公になった曹操の領地に孫権が攻め込みます。

西暦214年のことです。

この年5月、孫権は濡須口より上流50㎞ほどの場所にある皖城を、

呂蒙を総大将に立てて攻めさせ、落城させます。

盧江太守の朱光は甘寧に捕らえられ、参謀の董和(蜀の董和とは別人)、

さらに数万人の捕虜を手に入れたとあります。

孫権の大勝ですね。



荊州方面のてこ入れ

 

実はこの西暦214年は益州の劉璋劉備に降伏した年でもあります。

劉備は益州を手に入れたのです。

事前の約束では借りていた荊州を孫権に返すことになっていましたが、劉備はその約束を反故します。

怒った孫権は皖城攻めの後の呂蒙に二万の兵を授けて荊州南郡三郡を占領させます。

魯粛は巴丘に駐屯させ関羽を防がせ、孫権自身も陸口まで出陣し、全軍の指揮にあたりました。

関羽は総攻撃を仕掛けてこようとしましたが、

ちょうどこのタイミングで曹操が劉備の領土に接する漢中に侵攻したのです。

孫権と劉備は和議を結び、荊州を改めて分割します。(第二次荊州分割)

劉備は兵を取って返し、漢中方面に向います。孫権も陸口を後にして合肥へ出陣します。

曹操が西の漢中にいるのは千載一遇のチャンスと考えたからです。

 

西暦215年の戦いへ

 

劉備と孫権の和議が結ばれたのが、この年の5月です。

孫権は8月には合肥へ侵攻しています。その兵力は10万です。

 

 

合肥を守るのは張遼楽進李典の名将3名です。さらにその目付として護軍の薛悌がいました。

曹操は自分が漢中へ出兵すると孫権が合肥に進出してくることを読んでいたのです。

孫権が出兵するとすぐに曹操も漢中から主力の兵を引きます。

(結局この年に漢中の張魯は曹操に降伏しますが)

対孫権用の命令も木箱に入れて薛悌に渡してありました。

広く知られていることですが、張遼楽進李典は反目し合っていました。

仲が極めて良くなかったのです。

突然の孫権軍の侵攻に対して彼らがバラバラになって対抗しようとする危険性もあったわけです。

曹操はそこまで考えて薛悌を置いておきました。

木箱に入った命令書には「張遼李典は協力し敵を迎撃すること。

楽進は薛悌と共に城を守り抜くこと」と記されていました。

李典は楽進に比べると物腰も柔らかく柔軟に対応できる器用さを持っています。

張遼のことは拒絶していましたが、

楽進に比べると李典の方が張遼と上手くやっていける可能性がありました。

楽進は城を守る役に不満を漏らしますが、李典がなだめて納得させます。

どちらかというと楽進は一番槍を競うような猪突猛進型の武将です。

本人が腑に落ちないのも無理はありません。

しかし猛将張遼の武勇に期待していた曹操は楽進に籠城を命じたのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

いよいよ張遼の活躍の場面になりましたが、今回はここまでです。

次回は張遼や甘寧の伝説的な武勇がさく裂します。

まんまと誘導されてつり出された孫権の命運はどうなるのでしょうか。

次回を期待してお待ちください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  2. 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった
  3. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  4. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  5. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  6. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなか…
  7. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?
  8. 十常侍ってなんぞや?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ
  2. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  3. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  4. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  5. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大! 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  2. 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!
  3. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  4. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  5. 袁紹の父は息子に何を残したの??
  6. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】
  7. キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍
  8. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP