呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

荀彧




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の未来」のコーナーです。

 

 

三国志は小説、漫画、映画から広く知られるようになり、

現代ではシュミレーションゲーム、アクションゲーム、カードゲームなどによって人気を博しています。

皆さんも三国志のゲームは何かしらプレイしたことがあるのではないでしょうか。

さて、今回はその「ゲームの世界」について触れていきたいと思います。

それも現在あるゲームではなく、これからのゲームについて考えていきましょう。

今回掘り下げるのは、三国志の未来です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選




三国志の魅力

 

三国志の一番の魅力はやはり「個性的な登場人物」でしょう。

 

 

あらゆることに長けている曹操、仁徳の劉備、知略溢れる諸葛亮孔明

忠義の関羽、天下無双の呂布、イケメンスターの周瑜、悪逆の董卓などなど。

マニアックな登場人物を数えてみると1000人以上の名前があがってきます。

1300までいくかもしれません。

彼ら(女性もいますが)がその個性を活かして活躍するのが三国志の醍醐味です。

やはりゲームにはそこを追及してほしいですね。




今やネットの時代

 

昔はひとり黙々とシュミレーションゲームをしていましたが、今やSNSの時代です。

知らないひととネットでつながり、一緒にゲームで遊ぶ時代です。

コンピューターを相手にしていると、シュミレーションゲームだと後半がだれてきます。

6割の国土を手に入れた時点で、後は消化試合みたいなものです。

トントン拍子に話が進んで天下は統一されます。

ネットでやればそうはいきません。

より人間性溢れる三国志の世界が表現されることになります。

 

カードゲーム?

 

ネットで遊べる三国志といえばやはりカードゲーム系が多いですね。

基本的に戦闘シーンメイン。相手との駆け引きを楽しむ感じです。

経験を積むとカードも強くなっていきます。

これはこれで私も好きですが、物足りないですね。

三国志の登場キャラは皆、様々な分野で活躍できます。

カードを成長、進化させるためだけの生贄キャラなんていないのです。

そう考えるとやっぱりシュミレーションゲームがもっと改良されてほしいという話になります。

 

夢物語の構想

 

それでは何でもありだとして、どんなシュミレーションゲームだと面白いのでしょうか。

私がやってみたいのは、1300人の登場キャラがいるのであれば、

1300人でプレイするシュミレーションゲームがしたいですね。

誰かが曹操をプレイし、誰かが劉備をプレイし、誰かが関羽をプレイする。

で、みんなで同時に三国志の世界のなかで成長し、活躍するのです。1300人同時プレイ。

死んだら終わりです。退場です。

30秒間で三国志の世界では1日経過。3時間プレイして1年の経過になります。

しばらく登場しないキャラとかいますけどね。姜維とか。観戦してるだけで一ヶ月くらい過ぎそうです。

毎日21時から0時までの3時間限定。参加できるのは三国志大好きで、本気でやる人のみ。

きっと面白いと思います。

まさに「リアル三国志」です。

 

君主が忙しい

 

しかし30秒で1日となると下っ端はたいしてやることないから暇ですけど、君主は忙しいですね。

30秒の間にやること山積みです。それは軍師や文官や武将たちに仕事を分担せねば足りません。

戦場になるとどうなるのでしょう。

勝手に離反するのとか出てくるでしょうね。いきなり関羽に裏切られたらショックだなー。

政治に携わって国作りに貢献するものもいるでしょうし、

戦場で一番槍などの武功をあげて出世していくものもいるでしょう。

太守になった瞬間に独立するのもいるでしょうね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そう考えると実際に登場しないような一兵卒まで必要なんでしょうか。

世界中から募ったら1万人くらいで同時プレイできそうですね。

どんな世界になるのだろう……。

知らんようなキャラが天下統一したら凄いな。

やっぱり賞金も必要ですね。天下統一の君主役に100万円、

軍師役に50万円、大将軍に50万円とか。みんな必死になりそうですね。

 

どうです?楽しくないですか?

 

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオー…
  2. 赤鎧を身に着けた曹操 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…
  3. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  4. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  5. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  6. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャン…
  7. 法正 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  8. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 羅憲
  2. 亡くなる卑弥呼
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  4. 環夫人
  5. 蜀の劉備
  6. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  7. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

おすすめ記事

  1. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 関羽と関索
  2. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  3. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 龐統と的盧
  4. キングダム588話雑学スペシャル「王賁は何を食べていた?」 キングダム53巻
  5. 袁紹の敗北は関羽のせいだった? 顔良と関羽
  6. キングダム588話最新ネタバレ「右翼の本営」レビュー キングダム53巻

三國志雑学

  1. 劉邦
  2. 魏王の曹操
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 日本に目指さした孫権
  5. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 王翦
  3. 逃げる劉備追う曹操
  4. 魯粛
  5. カール・マルクス
  6. 王允と呂布
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  8. 皇帝になることを決意する孫権

おすすめ記事

姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった? 悪来と呼ばれた典韋 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい キングダム537話 休載祭り(2)王翦と王賁の親子を考えよう 完顔阿骨打(太祖) 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 呉懿と魏延 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの? 華雄と呂布 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP