キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

この記事の所要時間: 259




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の未来」のコーナーです。

 

 

三国志は小説、漫画、映画から広く知られるようになり、

現代ではシュミレーションゲーム、アクションゲーム、カードゲームなどによって人気を博しています。

皆さんも三国志のゲームは何かしらプレイしたことがあるのではないでしょうか。

さて、今回はその「ゲームの世界」について触れていきたいと思います。

それも現在あるゲームではなく、これからのゲームについて考えていきましょう。

今回掘り下げるのは、三国志の未来です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選




三国志の魅力

 

三国志の一番の魅力はやはり「個性的な登場人物」でしょう。

 

 

あらゆることに長けている曹操、仁徳の劉備、知略溢れる諸葛亮孔明、

忠義の関羽、天下無双の呂布、イケメンスターの周瑜、悪逆の董卓などなど。

マニアックな登場人物を数えてみると1000人以上の名前があがってきます。

1300までいくかもしれません。

彼ら(女性もいますが)がその個性を活かして活躍するのが三国志の醍醐味です。

やはりゲームにはそこを追及してほしいですね。




今やネットの時代

 

昔はひとり黙々とシュミレーションゲームをしていましたが、今やSNSの時代です。

知らないひととネットでつながり、一緒にゲームで遊ぶ時代です。

コンピューターを相手にしていると、シュミレーションゲームだと後半がだれてきます。

6割の国土を手に入れた時点で、後は消化試合みたいなものです。

トントン拍子に話が進んで天下は統一されます。

ネットでやればそうはいきません。

より人間性溢れる三国志の世界が表現されることになります。

 

カードゲーム?

 

ネットで遊べる三国志といえばやはりカードゲーム系が多いですね。

基本的に戦闘シーンメイン。相手との駆け引きを楽しむ感じです。

経験を積むとカードも強くなっていきます。

これはこれで私も好きですが、物足りないですね。

三国志の登場キャラは皆、様々な分野で活躍できます。

カードを成長、進化させるためだけの生贄キャラなんていないのです。

そう考えるとやっぱりシュミレーションゲームがもっと改良されてほしいという話になります。

 

夢物語の構想

 

それでは何でもありだとして、どんなシュミレーションゲームだと面白いのでしょうか。

私がやってみたいのは、1300人の登場キャラがいるのであれば、

1300人でプレイするシュミレーションゲームがしたいですね。

誰かが曹操をプレイし、誰かが劉備をプレイし、誰かが関羽をプレイする。

で、みんなで同時に三国志の世界のなかで成長し、活躍するのです。1300人同時プレイ。

死んだら終わりです。退場です。

30秒間で三国志の世界では1日経過。3時間プレイして1年の経過になります。

しばらく登場しないキャラとかいますけどね。姜維とか。観戦してるだけで一ヶ月くらい過ぎそうです。

毎日21時から0時までの3時間限定。参加できるのは三国志大好きで、本気でやる人のみ。

きっと面白いと思います。

まさに「リアル三国志」です。

 

君主が忙しい

 

しかし30秒で1日となると下っ端はたいしてやることないから暇ですけど、君主は忙しいですね。

30秒の間にやること山積みです。それは軍師や文官や武将たちに仕事を分担せねば足りません。

戦場になるとどうなるのでしょう。

勝手に離反するのとか出てくるでしょうね。いきなり関羽に裏切られたらショックだなー。

政治に携わって国作りに貢献するものもいるでしょうし、

戦場で一番槍などの武功をあげて出世していくものもいるでしょう。

太守になった瞬間に独立するのもいるでしょうね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そう考えると実際に登場しないような一兵卒まで必要なんでしょうか。

世界中から募ったら1万人くらいで同時プレイできそうですね。

どんな世界になるのだろう……。

知らんようなキャラが天下統一したら凄いな。

やっぱり賞金も必要ですね。天下統一の君主役に100万円、

軍師役に50万円、大将軍に50万円とか。みんな必死になりそうですね。

 

どうです?楽しくないですか?

 

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  2. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  3. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したド…
  4. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  6. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  7. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  8. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  2. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  3. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  5. 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将
  6. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから 井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康 キングダム 本ネタバレ 537話 お待たせ!「大将軍の景色」 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

おすすめ記事

  1. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師
  2. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  3. 涙なしには語れない桃園の結義
  4. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍
  5. 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム
  6. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  7. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  8. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP