三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴

この記事の所要時間: 229




 

みなさんは三国志の時代で一番手で力を出すことが可能なのにも関わらず、

常に二番手で力を発揮してきた武将といえば誰を思い浮かべるでしょうか。

レンが思い浮かべる武将は魏の李典(りてん)です。

 

 

彼は常に誰かとタッグを組んで指示を出しているイメージの強い武将です。

今回はそんな李典のタッグ歴をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂




李典のタッグ武将その1:地味な軍師・程昱(ていいく)

 

李典曹操が徐州攻略戦を開始し始めた時配下に加わります。

彼はその後袁紹曹操の一大決戦である官渡の戦いの時に参加。

補給物資を前線に届ける役目に任じられます。

曹操袁紹軍を打ち破って冀州(きしゅう)へ攻撃を開始します。

李典はこの時も前線に武器・兵糧を送る輸送隊を率いて役目に励んでおりました。

この時にタッグを組んだのが程昱(ていいく)です。

曹操軍の軍師の中では目立たぬ存在でしたが、

的確な進言を行い曹操にその才能を認められていた人物でした。

彼らは補給物資を船に積んで輸送しておりましたが、

袁譚(えんたん)の武将が輸送を妨害してきます。

曹操は彼らに「船が通れないならば、陸に上げて輸送しろ」と命令を与えておりました。

しかし李典は程昱へ「袁譚の武将は兵の士気が緩んでおり、

いま攻撃を仕掛ければ必ず勝てるのではないのでしょうか。」と進言。

程昱は彼の進言を受け入れて袁譚の武将を撃破して、

水路を使って曹操軍の前線へ補給物資を届けることに成功します。




李典のタッグ武将その2:片目将軍・夏侯惇

 

李典は劉表(りゅうひょう)の援護を受けて劉備が北上してきた際、

夏侯惇(かこうとん)の配下に加わり劉備軍の北上を阻止する戦に参戦します。

劉備軍は曹操軍が迎撃に出てきたことを知ると駐屯地を焼いて退却。

夏侯惇は劉備軍を追撃しようとします。

李典は「夏侯惇殿。

劉備軍は我が軍と本格的に戦になっていないにも関わらず退却しております。

これは敵軍に伏兵があるのではないのでしょうか」と進言。

しかし夏侯惇は彼の進言を却下して劉備軍へ猛追撃を行います。

その結果、李典の予想通り劉備軍の伏兵にあってしまい敗北してしまいます。

 

李典のタッグ武将その3:合肥の名将・張遼(ちょうりょう)

 

李典はその後孫呉との国境に近い合肥城の守備を曹操から命じられます。

この時李典と一緒に合肥守備を命じられたのは、

彼と仲が悪い楽進(がくしん)張遼(ちょうりょう)でした。

三人は共に合肥守備を命じられるのですが、

コミュニケーションを一切取ろうとせず三人が集まった時は、

非常に険悪なムードが流れていたそうです。

そんな合肥へ孫権率いる孫呉の大軍がやってきます。

この時、張遼は曹操から「張遼と李典は協力して城から打って出て、

孫権軍へ攻撃を仕掛けよ。

楽進は城に残ってしっかりと守備を固めるように」との命令を受け取ります。

しかし張遼はこの命令を仲の悪い二人に伝えるかどうか迷っておりました。

そんな張遼の心情を知った李典は彼に「私と君の仲が悪いのは個人の問題である。

今孫呉が合肥に襲来して危険な状況になっているのに、

個人の問題を挙げるわけにはいくまい。

現在は国家の危機で個人の恨みを優先するときではないぞ」と張遼へ向かって激怒。

張遼は彼の言うとおりであると考え、

李典・楽進の二人に命令を伝えて孫権軍迎撃に向かいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

李典は魏軍の中でもトップクラスの将軍でありながら、

常に二番手として活躍する武将でした。

上記のタッグ履歴の他にも楽進ともタッグを組んでおり、

かなりの成果を上げていたそうです。

一番手の武将として活躍する将軍も非常に大切ですが、

しっかりと現状を把握してアドバイスをすることができる二番手の武将の方が、

大事なのかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術

関連記事:呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  2. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  3. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  4. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振…
  6. 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女
  7. ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る
  8. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操
  2. 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた
  3. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  4. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  6. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? どうして蜀は人材難に陥ったのか? 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。新コンテンツ「千里行」と、完全オリジナルシナリオを追加! 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配

おすすめ記事

  1. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  2. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  3. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  4. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  5. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. キングダムネタバレ574話「解放者」レビュー紹介
  8. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP