曹操軍で二回り若い破虜将軍・李典のキャラ設定が面白い理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

ふと正史の記述を見ていて。ふと三国志演義を読んでいて。「この武将のキャラクターちょっと違わない?」というのは最早お約束であり、その違いを探すのが面白いということは多々あるでしょう。

 

李典

 

今回ちょっと筆者がご紹介したいのは李典(りてん)、面白いキャラクター付けされている李典を見ていきたいと思います。




叔父の頃からの付き合い

暴れまわる黄巾賊

 

李典の叔父である李乾(りけん)は豪族であり、まだまだ無名時代の曹操(そうそう)に従って黄巾賊(こうきんぞく)の戦いに参加。この際に食客たち数千人を率いていたとあるので、かなり有力な豪族であったのでしょう。

 

憤死する麋竺(モブ)

 

その後も李乾は曹操に付き従いますが、呂布(りょふ)の配下に殺されます。後継者になったのはその子である李整(りせい)でしたが、彼もまた早くに亡くなり、その後を継いだのが李典です。

 

関連記事:黄巾の乱を起こしたのは2世紀の感染爆発だった!【文明と疫病の三国志】

関連記事:公孫瓚や曹操が戦った青州・徐州黄巾軍とはどんな連中だったの?

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 




 

早くに亡くなる李典

李典

 

李典自身も曹操に仕えた後は数々の戦いで功績を上げるも、その死は早く、36歳で没しました。ただ早くして亡くなったためか史料が少なく、没年も曖昧な部分が多いため生没年は不詳になっている場合が多いですね。

 

魏志(魏書)_書類

 

しかしその功績はしっかりと評価され、曹操の功臣の一人として名前も記されている、魏には欠かせない武将の一人であったでしょう。

 

関連記事:李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!?

関連記事:楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!?

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

 

実は若手の武将・李典

于禁と李典

 

ただ、良く勘違いされていますが李典は年齢自体も魏の武将の中ではかなり若い方でした。曹操の生まれが155年として李典は曖昧ながら180年以降、曹操やその周囲よりも二回りほど若いのです。

 

三国志演義_書類

 

これはおそらく、三国志演義では叔父の李乾がそもそも出てこない、演出の都合か長い期間出てきていることもあって、李典は老年の武将と思っている方もいるのではないでしょうか。

 

于禁と李典

 

そんな李典、若手の武将ながら三国志演義では面白いキャラクター付けをされているのです。

 

関連記事:三国志演義のあらすじを分かりやすく紹介

関連記事:三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義

 

 

 

夏候惇の配下として活躍する李典

于禁と李典

 

さてまずは正史の話、夏候惇(かこうとん)の配下として劉備(りゅうび)と戦っていた際に突然退却する劉備、これを追いかけようとする夏候惇。これは劉備の策であると諫めるのが李典です。夏候惇は李典の諫言を聞き入れず深追いして窮地に陥るのですが、李典の救援で命を取り留めました。

 

夏侯惇

 

三国志演義ではこのエピソードが博望坡(はくぼうは)の戦いとして描かれていますが、これだけではありません。

 

関連記事:もしも徐庶が三国一のサボタージュ名人だったら?博望坡の戦いの裏を勘ぐってみた!【三国志演義】

関連記事:劉備が大勝利した博望坡の戦いを語ろう

 

【武勇・知謀を持ち合わせた有能軍師・徐庶】
徐庶特集

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP