編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10

この記事の所要時間: 319




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志外交諸問題を考える」のコーナーです。

 

 

さてこれまで「ベストコンビネーション賞」「一騎打ち最強賞」「家臣にするのは難しい賞」

などを決めてきましたが、今回は文官に注目し、「外交交渉能力最高賞」を決定いたします。

戦争が政治手段の一つであれば、外交交渉も政治手段の一つです。

外交官の巧みなしゃべりが戦争を回避し、友好関係を結び、領土を守るのだとすると、

戦場で武功をあげる将軍たちに匹敵する功績といえます。

それでは始めていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




第10位から第6位

 

第10位は、蜀の憎めない男「簡雍(かんよう)」です。

ユーモアがあり、胸襟を開いて相手と話をすることができました。

あの諸葛亮孔明とすらもタメ口をきいています。

劉備が益州を攻略する際に成都の劉璋を降伏させる使者となり、見事に成功させています。

 

 

第9位は、益州のブ男「張松(ちょうしょう)」です。

曹操への使者としては自らの知識をひけらかし失敗するも、

劉備に対しては益州を餌にして見事に動かしています。

張松の外交なくして劉備の益州入りはなかったことでしょう。

 

 

第8位は、魏の名士「鍾繇」です。

混乱する長安に入り、西の問題児である韓遂や馬騰を交渉のすえに懐柔しています。

韓遂と馬騰は鍾繇に説得されて子息を人質に出すことも約束したのです。

 

 

第7位は、呉の名将「魯粛」です。

彼自身がどこまで外交交渉していたのかは定かではありませんが、

孫権や周瑜と諸葛亮孔明の間に入ってその調整に奔走しています。

魯粛なくして互いの平和が続くことはなかったでしょう。

 

 

第6位は、呉の大将軍「諸葛瑾」です。

劉備と孫権が荊州の地を巡ってトラブルを起こしたときに外交の使者となって解決へと導きました。

公私のけじめがしっかりできており、

相手の陣営にいる弟の諸葛亮孔明にはプライベートでは決して会おうとしなかったそうです。




第5位と第4位

 

では気になる第5位は、二張の一角「張紘」です。

有名なのにあまりその仕事ぶりは知られていません。

孫策の使者となり曹操に会見し、孫策の偉業と人となりを紹介して曹操を感心させています。

曹操は張紘の言葉を聞いて孫策とは友好関係を結んでおいたほうがいいと判断したそうです。

 

 

第4位は、呉の太子太傅「張温」です。

以前に紹介したことがありますが、蜀の諸葛亮孔明相手に感心させる使者ぶりをしています。

極度のプレッシャーに襲われながらも、平和の掛橋として立派にその使命をやり遂げています。

 

第3位と第2位

 

さあ第3位です。蜀の名外交官「鄧芝(とうし)」です。

劉備が亡くなったときの呉の弔問に対して、答礼の使者に選ばれました。

呉は張昭の画策で武装兵などを並べて鄧芝を怯えさせようとしましたが、

鄧芝はひるまずに両国の同盟の利点を伝えました。

かなり思い切った発言で孫権に切り込んだそうです。

孫権は大いに感心したといいます。

 

 

第2位は、三国志の英雄「諸葛亮孔明」です。

なんといっても弱小劉備の勢力と孫権の同盟を結び付けた人物です。

反論する呉の名士のことごとくを論破し、孫権に曹操と戦う決断をさせました。

そんなことは彼にしかできません。

 

外交交渉能力最高特別賞(GST)

 

それでは外交交渉能力最高特別賞の発表です。

ジャジャジャジャーン!!!

第1位は、呉の伝説的外交官「馮熙(ふうき)」です。

劉備が亡くなった際に弔問の使者として蜀に赴きました。

関羽を殺され、荊州を奪われ、夷陵の戦いで大敗し、

呉に憎しみを持つ蜀に出向いて素晴らしい口上と振る舞いで諸葛亮孔明を感心させました。

さらに侵攻してくる魏の曹丕への使者にもなり、その口上を聞いて曹丕も大いに感心しました。

曹丕は馮熙を配下に加えようと帰国を許さなかったといいます。それを知って馮熙は自害します。

まさに外交交渉に命をかけた男です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

ということで、結構マニアックなキャラも登場した外交交渉能力ベスト10。

呉と蜀の活躍が目立ちました。それだけ外交交渉をしていたということでしょうか。

逆に曹操はあまり同盟などを好まなかったので外交官が活躍する場もなかったようですね。

まだまだ外交官として活躍した人物はいたのかもしれませんが、皆さんはこの順位どうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  4. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  6. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  7. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  8. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  2. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  3. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  4. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  5. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  6. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】 まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 93話:名将 張任、遂に堕ちる 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

おすすめ記事

  1. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  2. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  5. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  6. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  7. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  8. 石川克世って、何者?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP