魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10

法正と張松




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志外交諸問題を考える」のコーナーです。

 

 

さてこれまで「ベストコンビネーション賞」「一騎打ち最強賞」「家臣にするのは難しい賞」

などを決めてきましたが、今回は文官に注目し、「外交交渉能力最高賞」を決定いたします。

戦争が政治手段の一つであれば、外交交渉も政治手段の一つです。

外交官の巧みなしゃべりが戦争を回避し、友好関係を結び、領土を守るのだとすると、

戦場で武功をあげる将軍たちに匹敵する功績といえます。

それでは始めていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




第10位から第6位

 

第10位は、蜀の憎めない男「簡雍(かんよう)」です。

ユーモアがあり、胸襟を開いて相手と話をすることができました。

あの諸葛亮孔明とすらもタメ口をきいています。

劉備が益州を攻略する際に成都の劉璋を降伏させる使者となり、見事に成功させています。

 

 

第9位は、益州のブ男「張松(ちょうしょう)」です。

曹操への使者としては自らの知識をひけらかし失敗するも、

劉備に対しては益州を餌にして見事に動かしています。

張松の外交なくして劉備の益州入りはなかったことでしょう。

 

 

第8位は、魏の名士「鍾繇」です。

混乱する長安に入り、西の問題児である韓遂馬騰を交渉のすえに懐柔しています。

韓遂馬騰鍾繇に説得されて子息を人質に出すことも約束したのです。

 

 

第7位は、呉の名将「魯粛」です。

彼自身がどこまで外交交渉していたのかは定かではありませんが、

孫権周瑜諸葛亮孔明の間に入ってその調整に奔走しています。

魯粛なくして互いの平和が続くことはなかったでしょう。

 

 

第6位は、呉の大将軍「諸葛瑾」です。

劉備と孫権が荊州の地を巡ってトラブルを起こしたときに外交の使者となって解決へと導きました。

公私のけじめがしっかりできており、

相手の陣営にいる弟の諸葛亮孔明にはプライベートでは決して会おうとしなかったそうです。




第5位と第4位

 

では気になる第5位は、二張の一角「張紘」です。

有名なのにあまりその仕事ぶりは知られていません。

孫策の使者となり曹操に会見し、孫策の偉業と人となりを紹介して曹操を感心させています。

曹操は張紘の言葉を聞いて孫策とは友好関係を結んでおいたほうがいいと判断したそうです。

 

 

第4位は、呉の太子太傅「張温」です。

以前に紹介したことがありますが、蜀の諸葛亮孔明相手に感心させる使者ぶりをしています。

極度のプレッシャーに襲われながらも、平和の掛橋として立派にその使命をやり遂げています。

 

第3位と第2位

 

さあ第3位です。蜀の名外交官「鄧芝(とうし)」です。

劉備が亡くなったときの呉の弔問に対して、答礼の使者に選ばれました。

呉は張昭の画策で武装兵などを並べて鄧芝を怯えさせようとしましたが、

鄧芝はひるまずに両国の同盟の利点を伝えました。

かなり思い切った発言で孫権に切り込んだそうです。

孫権は大いに感心したといいます。

 

 

第2位は、三国志の英雄「諸葛亮孔明」です。

なんといっても弱小劉備の勢力と孫権の同盟を結び付けた人物です。

反論する呉の名士のことごとくを論破し、孫権に曹操と戦う決断をさせました。

そんなことは彼にしかできません。

 

外交交渉能力最高特別賞(GST)

 

それでは外交交渉能力最高特別賞の発表です。

ジャジャジャジャーン!!!

第1位は、呉の伝説的外交官「馮熙(ふうき)」です。

劉備が亡くなった際に弔問の使者として蜀に赴きました。

関羽を殺され、荊州を奪われ、夷陵の戦いで大敗し、

呉に憎しみを持つ蜀に出向いて素晴らしい口上と振る舞いで諸葛亮孔明を感心させました。

さらに侵攻してくる魏の曹丕への使者にもなり、その口上を聞いて曹丕も大いに感心しました。

曹丕は馮熙を配下に加えようと帰国を許さなかったといいます。それを知って馮熙は自害します。

まさに外交交渉に命をかけた男です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

ということで、結構マニアックなキャラも登場した外交交渉能力ベスト10。

呉と蜀の活躍が目立ちました。それだけ外交交渉をしていたということでしょうか。

逆に曹操はあまり同盟などを好まなかったので外交官が活躍する場もなかったようですね。

まだまだ外交官として活躍した人物はいたのかもしれませんが、皆さんはこの順位どうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 司馬懿 司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力があ…
  2. 司馬懿と公孫淵 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  3. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  4. 龐統 「連環の計を見破った以上、龐統よりも徐庶のほうが上じゃね?」とい…
  5. 趙姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  6. 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…
  7. 援軍に向かう陳表軍 樊城の戦いは魏の援軍が要だった!魏の援軍たちとその数を知る
  8. 陸遜 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 徐庶をゲットする曹操
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 曹操と呂布
  5. 君たちはどう生きるか?劉禅
  6. 亡くなる卑弥呼

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  2. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  3. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  4. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  5. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  6. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

三國志雑学

  1. 郭嘉 vs 法正
  2. 生徒に勉強を教える盧植
  3. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  4. kawausoと呂布と張遼
  5. 蒼天航路
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  2. 宦官
  3. 立花宗茂
  4. 大久保利通 幕末
  5. 狗奴国は邪馬台国と対立

おすすめ記事

高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 キングダム53巻 キングダム591話最新ネタバレ「三大天の盾」レビュー 周瑜と孫策 孫策は周瑜と○○だったのか!? 源義経 鎌倉時代 【鎌倉時代の豆知識】源義経と木曽義仲はイケメンだったらしい 曹丕 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 董卓と呂布 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将 曹操 【9月の見どころ】9/16公開予定:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP