よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者

この記事の所要時間: 358

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

義兄弟関羽(かんう)を呉の呂蒙(りょもう)に殺された劉備(りゅうび)は、

怒りに震えて荊州に攻め込みます。
しかし、呉の蜀キラー陸遜(りくそん)の前に劉備は大敗、

敗北のショックで病床に入った劉備は、西暦223年、波乱の生涯を閉じます。
劉備の死後、そこには、冷え切った呉蜀の関係と蜀に攻め込まんと

50万の大軍を起した魏の曹丕(そうひ)が残っていました。

 

そこで命懸けで呉の孫権を説得し呉蜀同盟を再締結させた人物がいました。
それが鄧芝(とうし)です。

 

 

遅過ぎ、70過ぎたら大将軍になるだろういう予言

 

鄧芝(?~251)は字を伯苗(はくびょう)といい荊州南陽郡、新野に産まれました。
若い頃に劉璋(りゅうしょう)が支配する益州に入りますが、

そこで人相見の張裕が鄧芝の顔相を見てみると・・
「うーん、あんたは、70歳過ぎたら、大将軍そして侯に登るだろう」と
135歳まで生きる的な出来が悪い占いアプリのような事を言われます。

鄧芝は人材を好むと評判だった龐羲(ほうぎ)の元に身を寄せたのですが
劉璋は劉備に敗れて政権交代、鄧芝はそのまま、劉備の家臣になります。

郫の邸閣の督となった鄧芝に劉備がベタ惚れする

鄧芝は、当時、ド田舎の郫(ひ)の邸閣(ていかく)の督(とく)でしたが、
そこへたまたま君主の劉備がやってきていくらかの雑談を交わします。
さすがは劉備で、僅かな雑談を交わす中でも鄧芝の非凡な才能を見抜き
鄧芝を大抜擢、県令から広漢太守になって実績を挙げとうとう成都の尚書
まで昇りつめてしまいます。

 

※尚書とは、皇帝への文書の授受を管理する仕事、公正で誠実な人が選ばれた。

 

あの占い師、クソアプリじゃなかったのか・・

 

 

風雲急を告げる蜀、鄧芝は大任を引き受ける

 

劉備は、義弟関羽を殺された復讐から、孔明達重臣が止めるのも聴かず
呉に攻め込み、夷陵の戦いで大敗し敗戦のショックから白帝城で病死します。

蜀では後継ぎを劉禅(りゅうぜん)に決めたまではいいのですが、
魏では曹丕が、この機を逃さず蜀を攻め滅ぼそうと50万の大軍を動員して
向かってきました。

孔明は劉備存命中は言い出せなかった蜀呉同盟の再締結を望み、
鄧芝を呉への使者として立てます。
鄧芝も孔明とは同じ考えであり命懸けの使者の仕事を受けました。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

魏か蜀かグラグラする孫権(そんけん)

孫権と三国アヒル

 

夷陵の戦いに勝ち、何とか滅亡を免れた孫権もまた悩んでいました。
劉備が生きていた頃は仲直りを求めた彼ですが、二代目のボンクラ劉禅
相手では蜀と同盟を結んで意味があるのか考えあぐねていたのです。

かといって陰険で性格が悪い曹丕に従えば、蜀を滅ぼした途端、
「次はお前だガッハッハ!死ね!」と言われかねないのです。

 

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

 

鄧芝を試す孫権

 

そこで孫権は、蜀の現状を見極める為に使者の鄧芝を試す事にします。
はるばる蜀からやってきた鄧芝を孫権はわざと待たせて合わなかったのです。

そこで鄧芝は手紙を差し出し、
「蜀との同盟は我々ばかりではない呉にもメリットがあります」
と力説します。
そこで、孫権は渋々ながら逢う事にしました。

ページ:

1

2

関連記事

  1. 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  3. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  4. あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情
  5. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  6. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  7. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人
  2. 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中!
  3. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  4. 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争
  5. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る 【告知】7月23日から夏の公孫瓚スペシャルを6日ぶち抜きで掲載するよ 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 袁紹の敗北は関羽のせいだった? 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

おすすめ記事

  1. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介
  2. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  3. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  4. 島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人?
  5. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  6. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  7. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  8. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP