編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての魏

梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人

この記事の所要時間: 220




 

三国志の世界は知将や猛将ばかりではありませんで、魏では曹操(そうそう)

文化人だったので、様々な芸術家も雇われて、その腕を奮っておりました。

今回、紹介する梁鵠(りょうこく)もそんな文化人の一人で、彼の書は魏の宮殿の

全ての題字を飾っていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑




強い者には弱い、ヘタレな役人梁鵠

 

梁鵠は字を孟黄(もうこう)といい、涼州の安定烏氏の出身です。

幼い頃から書に興味を示して上達し、当時の書の第一人者である師宜官(しぎかん)に

弟子入りします。

その後、梁鵠は涼州刺史に転任しますが、支配下の武都郡の大守が宦官の仲常侍

(ちゅうじょうじ)の縁者で、その権勢をかさにきて賄賂を取り好き放題に

振る舞っていました。

 

たまりかねた部下の蘇正和(そせいわ)という人物が、これを弾劾しようとしますが、

仲常侍の報復を恐れた梁鵠は、蘇正和と仲が悪かった配下の蓋勲(がいくん)に

「蘇正和を口封じしてくれないか?」と頼んでいます。

 

蓋勲は、「そんな公私混同は出来ない」と突っぱねて蘇正和を庇いました。

このように梁鵠は行政官僚としては、不合格な弱虫君でした。




悪知恵で師匠を出し抜き、書の第一人者になる梁鵠

 

当時は道楽者の霊帝の時代でしたが、この霊帝は書を好んでいたので取り入りたい人々は

みんな書を練習して達人が多く出ましたが、師宜官は別格でどうしても勝てません。

師宜官も、それを理解していて筆法を真似されない為に、自分が木簡に書いた文字は

残さず、削り取ったり焼き捨てたりして研究させませんでした。

 

どうしても一番になりたい梁鵠は、一計を案じ、師匠である師宜官を

自宅に招いて宴会を催し沢山の木簡を用意して書を書かせてから、酒を大量に勧めて

ベロベロに酔わせ、その隙に師宜官の書いた木簡を一枚パクって熱心に研究します。

こうして、熱心な研究があって、梁鵠の書は師宜官を追い抜いて評判になり

撰部尚書(せんぶしょうしょ)に昇進する事が出来ます。

なかなか悪知恵のまわる所がある人ですね。

 

荊州で劉表に仕えていたが曹操に賞金を懸けられる

 

梁鵠が撰部尚書であった頃、曹操は仕官して洛陽の令になりたがっていました。

しかし、梁鵠はそれを叶えず洛陽の北部都尉に回しています。

その後、朝廷が乱れたので、梁鵠は荊州の劉表(りゅうひょう)を頼りますが、

そこへ覇者になった曹操がやってきて、梁鵠に懸賞金を懸けて探すように言いました。

 

「ひえええ!えらいこっちゃ、曹操は昔、私が洛陽の令にしなかった事を恨んで

殺すつもりなんだろうか」

 

ビビりの梁鵠は怯えますが、逃げ切れるわけがないと観念し、自分で自分を縛り

曹操の軍門に出頭します。

 

殺されるかと思いきや、曹操は梁鵠を仮司馬に任じて秘書として側におき、

書を書くように命じました。

曹操は、梁鵠の書を高く評価していて、それで懸賞金を懸けて探したのです。

 

曹操は宮殿の題字をすべて梁鵠に書かせるほど愛玩した

 

曹操は、梁鵠の書を幕内に吊り下げたり、壁に釘で打ちつけたりして、

これを愛玩した事が武帝紀に引かれた衛恒(えいかん)の「四体書勢」に出てきます。

曹操は、梁鵠の書をしげしげと眺めて、師宜官よりも優れていると言い、

後に魏の宮殿の題字は全て梁鵠に書かせる程になっています。

 

文武のどちらにも優れているわけでもなく、どっちかと言えば、

文官としてはヘタレの部類に入る梁鵠ですが、書の才能を持っていたので

曹操に重く用いられる事になったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志において、曹操が異彩を放つのは、その文学芸術への造詣の深さです。

建安文学の牽引者である曹操は、文学論については全くの万民平等を貫き

自分の文学論を押しつけず、優れていれば必ず賞賛しました。

このようなタイプはキングダムや水滸伝には見られない、三国志ならではの

特徴であると言えるでしょう。

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  2. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  3. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい…
  4. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…
  5. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  8. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  2. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  3. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  4. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  6. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ

おすすめ記事

  1. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  2. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  3. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  4. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?
  5. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  6. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!
  7. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  8. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP