よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人




 

三国志の世界は知将や猛将ばかりではありませんで、魏では曹操(そうそう)

文化人だったので、様々な芸術家も雇われて、その腕を奮っておりました。

今回、紹介する梁鵠(りょうこく)もそんな文化人の一人で、彼の書は魏の宮殿の

全ての題字を飾っていたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑




強い者には弱い、ヘタレな役人梁鵠

 

梁鵠は字を孟黄(もうこう)といい、涼州の安定烏氏の出身です。

幼い頃から書に興味を示して上達し、当時の書の第一人者である師宜官(しぎかん)に

弟子入りします。

その後、梁鵠は涼州刺史に転任しますが、支配下の武都郡の大守が宦官の仲常侍

(ちゅうじょうじ)の縁者で、その権勢をかさにきて賄賂を取り好き放題に

振る舞っていました。

 

たまりかねた部下の蘇正和(そせいわ)という人物が、これを弾劾しようとしますが、

仲常侍の報復を恐れた梁鵠は、蘇正和と仲が悪かった配下の蓋勲(がいくん)に

「蘇正和を口封じしてくれないか?」と頼んでいます。

 

蓋勲は、「そんな公私混同は出来ない」と突っぱねて蘇正和を庇いました。

このように梁鵠は行政官僚としては、不合格な弱虫君でした。




悪知恵で師匠を出し抜き、書の第一人者になる梁鵠

 

当時は道楽者の霊帝の時代でしたが、この霊帝は書を好んでいたので取り入りたい人々は

みんな書を練習して達人が多く出ましたが、師宜官は別格でどうしても勝てません。

師宜官も、それを理解していて筆法を真似されない為に、自分が木簡に書いた文字は

残さず、削り取ったり焼き捨てたりして研究させませんでした。

 

どうしても一番になりたい梁鵠は、一計を案じ、師匠である師宜官を

自宅に招いて宴会を催し沢山の木簡を用意して書を書かせてから、酒を大量に勧めて

ベロベロに酔わせ、その隙に師宜官の書いた木簡を一枚パクって熱心に研究します。

こうして、熱心な研究があって、梁鵠の書は師宜官を追い抜いて評判になり

撰部尚書(せんぶしょうしょ)に昇進する事が出来ます。

なかなか悪知恵のまわる所がある人ですね。

 

荊州で劉表に仕えていたが曹操に賞金を懸けられる

 

梁鵠が撰部尚書であった頃、曹操は仕官して洛陽の令になりたがっていました。

しかし、梁鵠はそれを叶えず洛陽の北部都尉に回しています。

その後、朝廷が乱れたので、梁鵠は荊州の劉表(りゅうひょう)を頼りますが、

そこへ覇者になった曹操がやってきて、梁鵠に懸賞金を懸けて探すように言いました。

 

「ひえええ!えらいこっちゃ、曹操は昔、私が洛陽の令にしなかった事を恨んで

殺すつもりなんだろうか」

 

ビビりの梁鵠は怯えますが、逃げ切れるわけがないと観念し、自分で自分を縛り

曹操の軍門に出頭します。

 

殺されるかと思いきや、曹操は梁鵠を仮司馬に任じて秘書として側におき、

書を書くように命じました。

曹操は、梁鵠の書を高く評価していて、それで懸賞金を懸けて探したのです。

 

曹操は宮殿の題字をすべて梁鵠に書かせるほど愛玩した

 

曹操は、梁鵠の書を幕内に吊り下げたり、壁に釘で打ちつけたりして、

これを愛玩した事が武帝紀に引かれた衛恒(えいかん)の「四体書勢」に出てきます。

曹操は、梁鵠の書をしげしげと眺めて、師宜官よりも優れていると言い、

後に魏の宮殿の題字は全て梁鵠に書かせる程になっています。

 

文武のどちらにも優れているわけでもなく、どっちかと言えば、

文官としてはヘタレの部類に入る梁鵠ですが、書の才能を持っていたので

曹操に重く用いられる事になったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志において、曹操が異彩を放つのは、その文学芸術への造詣の深さです。

建安文学の牽引者である曹操は、文学論については全くの万民平等を貫き

自分の文学論を押しつけず、優れていれば必ず賞賛しました。

このようなタイプはキングダムや水滸伝には見られない、三国志ならではの

特徴であると言えるでしょう。

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  2. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  3. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世…
  4. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  5. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  6. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  7. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  8. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  2. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  3. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  4. 明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の役どころは? 明智光秀 麒麟がくる
  5. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  6. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官

三國志雑学

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは? kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る!

おすすめ記事

  1. キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】
  2. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 鱸魚を釣る左慈
  3. オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑
  4. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  5. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  6. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  7. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編
  8. 武家文化は力強く堅実だった 鎌倉時代 服装 男女

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP