ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

袁術




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・重要作戦会議」のコーナーです。

 

 

はじめての三国志」では、

西暦194年からの袁術がいったいどのような行動をとれば天下を獲れたのか、

みんなで作戦会議をしている最中です。

どうでしょうか。皆さんは何かアイディアが閃きましたか?

いや、袁術には無理でしょう。

って言っちゃダメです。誰にだって長所はあります。

誰にだって天下を獲る可能性はあるはずです。

学校で先生に習ったはずです。「可能性は無限だ」と。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】




ポイントは曹操の徐州攻め

 

西暦193年から曹操は親を殺された仇討ちのために徐州の陶謙を攻めています。

兵力はおよそ50万だそうです。

陶謙のところには客将として公孫瓚の客将も務めていた劉備がいます。

義兄弟には関羽張飛といった猛将が控えていますが、

多勢に無勢、到底陶謙側に勝ち目はありません。

さて、揚州北部の寿春に本拠地を置く左将軍・袁術にとって、

徐州は隣国であり、さらに陶謙は同盟国です。

当然のように援軍を出すはずなのですが、袁術が動いたという記録がありません。

理由の一つとしては前年の西暦193年に袁術は曹操に大敗しており、

軍備を整えている余裕がなかったということが考えられます。

荊州北部の南陽からこの寿春に移ってきたばかりで地の利もつかめていないのです。

つまり袁術は動けなかったということでしょう。




無理してでも徐州の援軍に向かう

 

ここが袁術にとってターニングポイントになっています。

寿春の内政に専念していたのか、それとも何か別なことをしていたのかは不明ですが、

とにかく無理をしてでも陶謙への援軍を最優先すべきです。

そして徐州に侵攻する曹操の背後に襲い掛かるのです。

袁術は、特に背後を気にする必要はありません。

揚州南部に州府を置いた劉繇はまったく軍備が整っていませんから

長江を渡って寿春まで攻め寄せてくることは考えられません。

荊州の劉表もわざわざ淮水を下って寿春まで攻めてはこないでしょう。

問題は兗州に残してきた曹操の兵力です。

徐州侵攻が袁術を引っ張り出す策略であれば、

今度は袁術が兗州の残力と曹操の本陣の挟撃に遭うことになります。

そうなるとあっという間に袁術軍は壊滅することでしょう。

そこだけが気がかりですが、ここは憎き曹操に攻撃を仕掛けるしかないのです。

と、いう作戦はいかがでしょうか。

これは皆さんも考えられていましたか?同意はいただけるでしょうか。

 

ナンテコッタ!パンナコッタ!

 

するとなんということでしょう。西暦194年4月に兗州で反乱が勃発します。

首謀者はなんと曹操の朋友の張邈です。

袁紹とは仲が悪かったといわれています。

曹操が自分よりも絶大な勢力を誇る袁紹を選ぶのではないかという不安から反乱を起こしたそうです。

しかも外の勢力を巻き込んでいます。

 

 

天下無双の武勇を誇る「飛将」呂布と手を結んだのです。

軍師として曹操の配下だった陳宮も加わっています。

兗州の大半の郡や県が張邈の側につきました。

兗州に残っている曹操の勢力は夏候惇、荀彧程昱らわずかです。

袁術にとってこれは大チャンスです。

曹操の本陣は完全に徐州攻めを諦めています。

敗走状態といっていいでしょう。

陶謙軍にはそれを追撃するような力は残されていませんが、袁術軍にはあります。

ここは曹操の息の根を止める絶好の機会です。

さて、誰を出陣させましょうか

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

この作戦が成功すれば邪魔者である曹操を葬ることができます。

徐州にも恩を売れますし、兗州の一部もどさくさに紛れてゲットできるかもしれません。

袁術が天下を獲るための大切な場面を迎えたといっていいのではないでしょうか。

 

さて、皆さんもこの後の作戦を考えてみてくださいね。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 司馬懿 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件
  2. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  3. 孔明君のジャングル探検 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】
  4. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5…
  5. 趙雲と毛利勝永 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛…
  6. 王異 軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?
  7. 魏延 周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた
  8. 騙し合う呂布と袁術 その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と曹操
  2. 楽進
  3. 曹叡
  4. 劉表に反旗を翻する張羨
  5. 程普
  6. 陸遜と孫権
  7. 海賊時代の孫堅と孫策
  8. 一条美賀子

おすすめ記事

  1. 朱然と孫権は劉備三兄弟に負けないくらい固い信頼関係で結ばれていた!? 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  2. かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した! 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  3. 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法 敗北する馬岱
  4. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 陸遜
  6. 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世 馬岱

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 夏侯惇
  3. 諸葛瑾
  4. 李カク、献帝
  5. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 負けた魏延
  2. チャーチル
  3. 宣誓文を読み上げる藏洪
  4. 孔明君のジャングル探検
  5. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠

おすすめ記事

織田信長 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの? 亡くなる袁紹 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 魏王の曹操 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの? 悲報!郭嘉にブサセン疑惑 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 シリア 関羽 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP