キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

この記事の所要時間: 230




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・重要作戦会議」のコーナーです。

 

 

「はじめての三国志」では、

西暦194年からの袁術がいったいどのような行動をとれば天下を獲れたのか、

みんなで作戦会議をしている最中です。

どうでしょうか。皆さんは何かアイディアが閃きましたか?

いや、袁術には無理でしょう。

って言っちゃダメです。誰にだって長所はあります。

誰にだって天下を獲る可能性はあるはずです。

学校で先生に習ったはずです。「可能性は無限だ」と。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】




ポイントは曹操の徐州攻め

 

西暦193年から曹操は親を殺された仇討ちのために徐州の陶謙を攻めています。

兵力はおよそ50万だそうです。

陶謙のところには客将として公孫瓚の客将も務めていた劉備がいます。

義兄弟には関羽張飛といった猛将が控えていますが、

多勢に無勢、到底陶謙側に勝ち目はありません。

さて、揚州北部の寿春に本拠地を置く左将軍・袁術にとって、

徐州は隣国であり、さらに陶謙は同盟国です。

当然のように援軍を出すはずなのですが、袁術が動いたという記録がありません。

理由の一つとしては前年の西暦193年に袁術は曹操に大敗しており、

軍備を整えている余裕がなかったということが考えられます。

荊州北部の南陽からこの寿春に移ってきたばかりで地の利もつかめていないのです。

つまり袁術は動けなかったということでしょう。




無理してでも徐州の援軍に向かう

 

ここが袁術にとってターニングポイントになっています。

寿春の内政に専念していたのか、それとも何か別なことをしていたのかは不明ですが、

とにかく無理をしてでも陶謙への援軍を最優先すべきです。

そして徐州に侵攻する曹操の背後に襲い掛かるのです。

袁術は、特に背後を気にする必要はありません。

揚州南部に州府を置いた劉繇はまったく軍備が整っていませんから

長江を渡って寿春まで攻め寄せてくることは考えられません。

荊州の劉表もわざわざ淮水を下って寿春まで攻めてはこないでしょう。

問題は兗州に残してきた曹操の兵力です。

徐州侵攻が袁術を引っ張り出す策略であれば、

今度は袁術が兗州の残力と曹操の本陣の挟撃に遭うことになります。

そうなるとあっという間に袁術軍は壊滅することでしょう。

そこだけが気がかりですが、ここは憎き曹操に攻撃を仕掛けるしかないのです。

と、いう作戦はいかがでしょうか。

これは皆さんも考えられていましたか?同意はいただけるでしょうか。

 

ナンテコッタ!パンナコッタ!

 

するとなんということでしょう。西暦194年4月に兗州で反乱が勃発します。

首謀者はなんと曹操の朋友の張邈です。

袁紹とは仲が悪かったといわれています。

曹操が自分よりも絶大な勢力を誇る袁紹を選ぶのではないかという不安から反乱を起こしたそうです。

しかも外の勢力を巻き込んでいます。

 

 

天下無双の武勇を誇る「飛将」呂布と手を結んだのです。

軍師として曹操の配下だった陳宮も加わっています。

兗州の大半の郡や県が張邈の側につきました。

兗州に残っている曹操の勢力は夏候惇、荀彧程昱らわずかです。

袁術にとってこれは大チャンスです。

曹操の本陣は完全に徐州攻めを諦めています。

敗走状態といっていいでしょう。

陶謙軍にはそれを追撃するような力は残されていませんが、袁術軍にはあります。

ここは曹操の息の根を止める絶好の機会です。

さて、誰を出陣させましょうか

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

この作戦が成功すれば邪魔者である曹操を葬ることができます。

徐州にも恩を売れますし、兗州の一部もどさくさに紛れてゲットできるかもしれません。

袁術が天下を獲るための大切な場面を迎えたといっていいのではないでしょうか。

 

さて、皆さんもこの後の作戦を考えてみてくださいね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  2. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  3. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  4. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  5. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  6. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  7. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  8. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  2. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  3. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  4. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  5. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  6. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる! 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る

おすすめ記事

  1. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示
  2. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  3. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!
  4. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  5. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  6. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  7. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  8. kawausoって、何者?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP