キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

この記事の所要時間: 230




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・重要作戦会議」のコーナーです。

 

 

「はじめての三国志」では、

西暦194年からの袁術がいったいどのような行動をとれば天下を獲れたのか、

みんなで作戦会議をしている最中です。

どうでしょうか。皆さんは何かアイディアが閃きましたか?

いや、袁術には無理でしょう。

って言っちゃダメです。誰にだって長所はあります。

誰にだって天下を獲る可能性はあるはずです。

学校で先生に習ったはずです。「可能性は無限だ」と。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】

前回記事:袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】




ポイントは曹操の徐州攻め

 

西暦193年から曹操は親を殺された仇討ちのために徐州の陶謙を攻めています。

兵力はおよそ50万だそうです。

陶謙のところには客将として公孫瓚の客将も務めていた劉備がいます。

義兄弟には関羽張飛といった猛将が控えていますが、

多勢に無勢、到底陶謙側に勝ち目はありません。

さて、揚州北部の寿春に本拠地を置く左将軍・袁術にとって、

徐州は隣国であり、さらに陶謙は同盟国です。

当然のように援軍を出すはずなのですが、袁術が動いたという記録がありません。

理由の一つとしては前年の西暦193年に袁術は曹操に大敗しており、

軍備を整えている余裕がなかったということが考えられます。

荊州北部の南陽からこの寿春に移ってきたばかりで地の利もつかめていないのです。

つまり袁術は動けなかったということでしょう。




無理してでも徐州の援軍に向かう

 

ここが袁術にとってターニングポイントになっています。

寿春の内政に専念していたのか、それとも何か別なことをしていたのかは不明ですが、

とにかく無理をしてでも陶謙への援軍を最優先すべきです。

そして徐州に侵攻する曹操の背後に襲い掛かるのです。

袁術は、特に背後を気にする必要はありません。

揚州南部に州府を置いた劉繇はまったく軍備が整っていませんから

長江を渡って寿春まで攻め寄せてくることは考えられません。

荊州の劉表もわざわざ淮水を下って寿春まで攻めてはこないでしょう。

問題は兗州に残してきた曹操の兵力です。

徐州侵攻が袁術を引っ張り出す策略であれば、

今度は袁術が兗州の残力と曹操の本陣の挟撃に遭うことになります。

そうなるとあっという間に袁術軍は壊滅することでしょう。

そこだけが気がかりですが、ここは憎き曹操に攻撃を仕掛けるしかないのです。

と、いう作戦はいかがでしょうか。

これは皆さんも考えられていましたか?同意はいただけるでしょうか。

 

ナンテコッタ!パンナコッタ!

 

するとなんということでしょう。西暦194年4月に兗州で反乱が勃発します。

首謀者はなんと曹操の朋友の張邈です。

袁紹とは仲が悪かったといわれています。

曹操が自分よりも絶大な勢力を誇る袁紹を選ぶのではないかという不安から反乱を起こしたそうです。

しかも外の勢力を巻き込んでいます。

 

 

天下無双の武勇を誇る「飛将」呂布と手を結んだのです。

軍師として曹操の配下だった陳宮も加わっています。

兗州の大半の郡や県が張邈の側につきました。

兗州に残っている曹操の勢力は夏候惇、荀彧程昱らわずかです。

袁術にとってこれは大チャンスです。

曹操の本陣は完全に徐州攻めを諦めています。

敗走状態といっていいでしょう。

陶謙軍にはそれを追撃するような力は残されていませんが、袁術軍にはあります。

ここは曹操の息の根を止める絶好の機会です。

さて、誰を出陣させましょうか

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

この作戦が成功すれば邪魔者である曹操を葬ることができます。

徐州にも恩を売れますし、兗州の一部もどさくさに紛れてゲットできるかもしれません。

袁術が天下を獲るための大切な場面を迎えたといっていいのではないでしょうか。

 

さて、皆さんもこの後の作戦を考えてみてくださいね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  2. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  3. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  4. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  5. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  6. 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??
  7. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  8. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  2. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?
  3. 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙
  4. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは! アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった! 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

おすすめ記事

  1. 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  2. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何?
  3. 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  4. 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  5. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  6. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  7. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  8. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP