袁術サマの大将軍張勲には孫呉で活躍する道も存在?いや妄想か!でも待てよ

2022年9月20日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

 

さてさて今回は張勲(ちょうくん)のお話です。張勲と言えばあの袁術(えんじゅつ)軍の大将軍、ちょっと色々と不思議なことに大将軍に任命された人物です。

 

しかして正史ではその役職の響きには不似合いな顛末を迎えてしまう人物ですが、実は彼にはもしかしてのIFルートが存在したかもしれない?そこで今回は、張勲と意外な人物の友誼についてお話しましょう。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



袁術サマに大将軍1/2に任命される張勲

袁術

 

まず張勲が歴史に出てくるのは袁術が揚州(ようしゅう)を手に入れた時のこと。この時に張勲は(きょう)ズイと共に取り立てられて、大将軍に任命されたと言います。

 

そこまでの経緯や出生は不明なのですが、もしかしたら歴史に語られない活躍などがあったのかもしれません。まあこの大将軍に任命もだいぶ良く分からない所がありますが、袁術様が任命したのだから大丈夫でしょう。問題はティー・スプーンひと匙のハチミツほどもないでしょうね!

 

袁術サマが陸積にみかんをパクられた話

みかんをパクる少年陸績
袁術が幼児の陸績にミカンをパクられた!それが親孝行話になるまでを解説

続きを見る

 

袁術祭り

 

 

皇帝になり味方が離れるボッチの実能力者袁術

玉璽に興奮する袁術

 

その後、袁術は皇帝を自称し始めます。このために孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)などの名士たちが離れて行ってしまうのですが、張勲は袁術に逆らうことも、離反(りはん)することもなく仕え続けました。

 

 

魯粛、周瑜、袁術

 

しかし袁家の勢いは落ちていく一方、また領内も荒れていく一方です。そこで袁術は呂布(りょふ)と仲良くしようとするのですが、これが上手くいかず、袁術激怒。張勲らに数万の兵を率いさせて呂布を攻撃させます。

 

袁術サマが魯粛にそそのかされてその気になる話

魯粛と袁術
実は魯粛も言っていました「You、皇帝になりなYO!」

続きを見る

 

袁術くんの成長日記

 

 

楊奉と韓暹が呂布に寝返り大敗北

陳登

 

これに相対したのが陳親子。「あれなるはにわか集めの軍勢にしか過ぎないものです。彼らの仲を裂いて、崩壊させることに致しましょう」

 

袁術

 

 

呂布はこの離間(りかん)(けい)を用いて、張勲の友軍だった楊奉(ようほう)韓暹(かんせん)らに手紙を書き、利益を与えることを約束したため、彼らは離反。友軍を失った張勲らの軍勢は陳親子の目論み通り崩壊、しかも同胞の橋ズイを生け捕られるなど、大敗北を喫してしまいます。

 

 

袁術サマは張勲を信じつつ威風堂々たる逃亡

袁術

 

呂布軍相手に大敗北してしまうも、諦めないのが袁術様の良い所。今度は陳劉寵(りゅうちょう)を攻撃するために出陣します。

 

これにまた張勲らも従軍するのですが、今度目の前に立ちはだかったのは曹操(そうそう)です。びっくりしたのか袁術は、張勲らを置いて自分だけ帰ってしまいました。せめてこの時、全軍で撤退していたらその後は違ったのかもしれないけれど……。

 

袁術サマとはちみつの歴史

袁術に捕まってしまう華歆(華キン)
【蜂蜜の歴史】はちみつおじさん袁術から読み取る蜂蜜と三国志時代

続きを見る

 

転職活動に役立つ特集記事三国志と転職

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-袁術
-,