袁術が幼児の陸績にミカンをパクられた!それが親孝行話になるまでを解説

2022年9月9日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

さて袁術(えんじゅつ)と言えば「而術奢淫肆欲、徴斂無度、百姓苦之」と正史に書かれているお方。私欲で豪華な生活を行い、民百姓を苦しめたとされる人物。

 

三国志を語るセンさん

 

しかし袁術は決して他者への思いやりに欠けてばかりという訳ではないのが分かるのが、陸績(りくせき)とのみかんエピソード。今回はちょっとこのエピソードをご紹介しつつ、お話したいと思います。

 

陸績君六歳、父に連れられ大金持ちの袁術サマにご挨拶

陸績

 

さて陸績は名前を見たら察する人もいるかもしれませんが、陸遜(りくそん)の叔父にあたる人物です。因みに陸遜より年齢が下なので、年下の叔父さんになります。

 

そんな陸績の父親、陸康(りくこう)廬江郡(ろこうぐん)の太守をしていました。そして当時、寿春(じゅしゅん)で一大勢力を築いていたのが、恐らくは後々に皇帝になるであろう(なっちゃった)袁術です。その袁術の元に挨拶に行く父に連れられ、六歳の陸績は袁術と相対します。

 

こちらもCHECK

陸績
陸績とはどんな人?演義では蜜柑をパクった事を孔明に蒸し返され赤っ恥

続きを見る

 

陸遜特集

 

 

油断も隙もねえ!六歳でみかんをパクる豪胆な陸績

みかんをパクる少年陸績

 

袁術との会食に、陸績も同席したものと思われます。そこで陸績が口にして、美味しくて驚いたのがみかんです。余りにも美味しかったのか、陸績はみかんを三つ取り、袖に隠しました。隠して持って帰ろうとしたのですね。

 

なんかアルプスの少女を思い起こしますね

 

袁術02 喜

 

さてお話も終わり、一礼して退出することになりました。しかしこの時、袖からみかんが転げ落ちてしまったのです。

 

こちらもCHECK

袁術
すばらしきかな袁術!袁術のグッドな逸話を一挙公開

続きを見る

 

袁術祭り

 

 

ママにもみかんを食べさせたかったの…陸積の機転に袁術号泣

袁術

 

それを見た袁術様、優しく諭します。「陸績君、君はまだ六歳だろう。そんな幼い身でありながら、どうしてそんな盗人のような振る舞いをするんだい?」

 

まずは落ち着いて理由を聞いて諭す、大人の振る舞い。

 

幼い陸績は答えました。「とても美味しくて立派なみかんだったので、母上に食べさせて上げたかったのです……」これには袁術様の目にも涙、古今稀(ここんまれ)なる孝行者、と絶賛され、これは後世の模範として二十四孝にまとめられたのでしたとさ。

 

こちらもCHECK

袁術
匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの?

続きを見る

 

袁術くんの成長日記

 

 

君がみかんパクった陸績君かい?(爆笑)by諸葛亮

悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

さてさてこの親孝行エピソード、三国志演義(さんごくしえんぎ)でも触れられています。しかし決して陸績を褒めるような話ではありません。赤壁(せきへき)の戦い前、諸葛亮(しょかつりょう)と論争をしようとする陸績相手に諸葛亮は

 

怒る袁術

 

「あっ君もしかして袁術から蜜柑盗もうとした陸績君かな?」とか言われて恥をかいてしまうエピソードとして!こいつぁ袁術様もおこだぜ!

 

しかし、三国志演義の赤壁の戦いは諸葛亮の凄さを見せつける場面ですし、そこで「陸績君って親孝行で優秀なんですよ!」とか言えないからなんでしょうかね。じゃあ陸績なんで出したん?とかなりそうですが。

 

こちらもCHECK

袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象
閻象とはどんな人?袁術の暴挙を止めようとした恐れを知らない人物

続きを見る

 

赤壁の戦い

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-袁術
-,