編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える

この記事の所要時間: 240




 

曹操軍の将軍の中で一位、二位を争う名将・曹仁(そうじん)

彼は若い頃から曹操軍に参加して各地の戦で色々な活躍をしておりましたが、

夏侯兄弟らの将軍や荀彧や郭嘉達のような名声を得るまでに至っておりませんでした。

 

 

そんな彼に赤壁で敗北した曹操から江陵城を守るように命令を受けます。

曹仁は命令を受けるとすぐに兵を率いて江陵城へ入城。

 

 

この地に押し寄せてくるのは赤壁でたった数万の軍勢で、

魏の大軍勢を破った呉の大都督・周瑜(しゅうゆ)です。

 

 

曹仁は兵力が少ないながら粘り強い守備を展開しますが、撤退に追い込まれてしまいます。

しかしこの地で激戦を繰り広げたことによって、

彼の名声が一気に上がると共に周瑜に致命的な一撃を見舞っていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?




士気高い孫呉軍の猛攻

 

孫呉の軍勢を率いる周瑜軍は江陵を包囲します。

兵の士気は非常に高く、幾度も江陵城へ波状攻撃を仕掛けます。

孫呉の軍勢の士気が高い理由は江陵包囲戦の前にあった夷陵(いりょう)戦で、

魏軍を打ち破ったことが士気の高い理由です。

この士気の高い状態で孫呉は幾度も攻撃を仕掛けてきますが、

曹仁は冷静に孫呉の軍勢を幾度も弾き返して、鉄壁の守備を披露します。




牛金を助けるために・・・・。

 

曹仁は部下である牛金に命じて孫呉軍へ奇襲攻撃を行わせます。

しかしこの攻撃は孫呉の軍勢に見破られてしまい、

牛金は部下と共に敵中に取り残されてしまいます。

曹仁は城壁からこの状況を見て取ると数十騎を率いて孫呉軍へ突入して、

牛金を救出することに成功します。

この突撃に参加した兵は誰ひとりとして亡くなることはありませんでした。

牛金を助け出すことに成功した曹仁ですが、牛金の部下が敵中に取り残されていることを知り、

自ら少数の軍勢を率いて再び敵中へ突撃を開始。

そして曹仁は見事牛金の部下も全て救い出すことに成功します。

この時曹仁に救われた牛金の部下は「将軍は神様みたいに強い人だ」と絶賛したそうです。

 

周瑜に毒矢が当たる

 

こうして江陵攻防戦はいつ果てるのか分からないまま激闘が続いていきます。

曹仁は周瑜自ら攻めてきている城門の兵に毒矢を塗らせて射るように命じます。

城門を守っていた兵士は一斉に周瑜に向けて弓矢を放ちますが、

彼の場所まで遠くすぎて当たることはほとんどありませんでしたが、

奇跡的に毒を塗った弓矢が彼の体の一部に当たることに・・・・。

周瑜はこのため本陣へ護送されることになり、呉軍の攻撃は一時的に止むことになります。

 

周瑜の逆襲により・・・・

 

周瑜は本陣に護送されるとある策がピキーンと閃きます。

彼は自らの軍中に「周瑜死す」との噂を流し、彼自身は表に出ないで臥せっておりました。

見舞いに来た諸将も周瑜が非常に悪い状態であることを信じさせるために、

瀕死状態を装う迫真の演技を見せます。

周瑜死すの報は曹仁の江陵城にも伝わり、

曹仁は周瑜の陣営を探らせると確かに周瑜が危篤状態に陥っているとの確報を得ます。

この報告を聞いた彼は江陵城から打って出ることを決め出撃。

周瑜は曹仁が本陣へ攻撃を仕掛けてきてもいいよう伏兵を置き、

彼が本陣へ攻撃を仕掛けてくると迎撃して完膚なきまで叩き伏せることに成功します。

この戦で敗北した曹仁軍は江陵城を放棄しなくてはならなくなり、

周瑜軍は江陵城で激戦をくり広げること一年、ようやくこの地を手に入れることに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹仁を撃退することに成功した周瑜ですが、彼はこの戦いの傷が元で亡くなってしまうことに・・・・。

そして江陵城攻防戦で敗北した曹仁は兵数が少ない中必死に奮闘したことが認められ、

侯の位を授かることになります。

また牛金や部下達を少ない兵で救出したことが天下に知れ渡ることになり、

彼の名声は一気に高くなるのです。

この戦いに勝利した周瑜は亡くなり、

敗北した曹仁は名声と位が上がる事になるとはなんと皮肉なことでしょうか。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…
  2. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  3. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  4. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  5. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察…
  6. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  7. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  8. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  2. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  4. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  5. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  6. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ! 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?

おすすめ記事

  1. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  2. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  3. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男
  4. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  5. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  7. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  8. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP