曹仁の武勇は張遼をも凌ぐ!曹魏の一族に迫る




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操が手元に置いておきたかった韓浩

 

魏には人材発掘ハンターと名高い曹操(そうそう)が集めた稀代の武将たちが数多くいます。

 

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

その中でもひと際輝いてしまうのは、やはり合肥(ごうひ)での獅子奮迅(ししふんじん)の働きが覚えめでたい張遼(ちょうりょう)でしょうか。

 

取り残された部下を助けに行く張遼

 

三国志演義でもその活躍は描写され、それでもまだまだ過小評価をされているという凄まじさ。

 

曹仁

 

しかしここで敢えて、そんな張遼に勝るとも劣らない獅子奮迅の活躍をした武将、曹仁(そうじん)について今回はお話しましょう。

 




曹子孝

曹仁と曹操

 

曹操とは従兄弟関係にあり、彼も曹魏(そうぎ)の一族の一人です。その関係は黄巾(こうきん)賊討伐に曹操が旗揚げした際に、曹仁は1000人ほどの手勢を連れて配下に加わったことから始まります。なので曹魏の中でも、最古参と言って良い人物でしょう。

 

曹仁

 

そんな曹仁も若い頃は曹操関係者の中の例にもれず、少々やんちゃをしていたというエピソード持ちですが、各地を奔走して曹魏のために尽くして働いた若者は厳格、かつ人望に富んだ名将へと成長します。223年に没、忠侯と諡されたことはしっかりと覚えておきたいことです。

 

関連記事:黄巾賊は格差社会のセーフティネットだった!

関連記事:何儀とはどんな人?黄巾の残党軍を率いて各地で暴れまわった黄巾賊

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 




 

数多くの戦功を挙げる曹仁

曹仁

 

繰り返しますが最古参の一人である曹仁は、数多くの戦功を挙げています。その活躍は袁術(えんじゅつ)呂布(りょふ)討伐、徐州(じょしゅう)へ侵攻と言い出したら切りがなくまた官渡(かんと)の戦いでも袁紹軍の輸送部隊を撃破するなどの活躍をしていますね。三国志演義では触れられにくい部分でもありますが、この頃の曹仁は正に勇猛果敢、並み居る敵兵をバッタバッタとなぎ倒す、正に猛将でありました。

 

関連記事:曹操はどうして徐州出身者に嫌われているのか?天下を狙うならやってはいけない「徐州大虐殺事件」の真相

関連記事:【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

ひと際輝く曹仁の活躍

樊城の戦い

 

そんな曹仁の功績の中でも、注目されるのは江陵、そして樊城(はんじょう)での戦いでしょう。それは曹仁がこの二つで戦った相手が、当時、魏として最大の相手とも言える存在だからです。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

江陵(こうりょう)の戦いでは周瑜。そして樊城での戦いでは関羽(かんう)。名前だけでも分かるこの相手の凄さ、そして曹仁は彼ら二人から魏を守りきった正に名将なのです。

 

関連記事:もともと樊城攻略は不可能だった?関羽の大規模戦略とそれを打ち破った曹仁

関連記事:関羽の樊城攻めは単独行動だった?

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

 

江陵の戦いと曹仁

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

さてまずは江陵の戦いのお話を簡単に。江陵の戦いの前のこと、魏は赤壁(せきへき)の戦いで手痛いダメージを受けていました。その勢いのままに曹仁が守る江陵に、周瑜(しゅうゆ)が数万の兵が攻め寄せます。

牛金

 

そこで曹仁、呉の先鋒6000の兵に、部下である牛金(ぎゅうきん)に300の兵士を率いて攻撃させるという無茶ぶります。しかし何と言うことでしょう!牛金の軍は当然ながら呉軍に包囲され、全滅しそうになってしまいます!

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

ここで曹仁は僅か10ほどの精鋭を連れて出撃、見事牛金を救い出しました。部下を守るために大軍に果敢に突撃、見事救い出した曹仁は正に名将!その姿を部下は「正しく天上のお方!」と感嘆しました。(そもそも曹仁が牛金に突撃させなければ、とは言ってはいけません)

 

亡くなる周瑜

 

江陵自体はこの後、奪われてしまいますが、それでも周瑜に重傷を負わせたこともあり、その活躍を曹操は高く評価したといいます。。

 

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

関連記事:4671名に聞きました!赤壁の戦いの最大の功労者は誰?の集計発表!

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP